スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

週刊 トレンドエオルゼア!Vol.15

本日発行!『週間 トレンドエオルゼア!』


トレエオロゴ最終




編集部にて


栗坊 : みなさーん!ぼーくでーすよー!

イシュ : うるさい。毎回やるのそれ。

栗坊 : だって!たぶん僕のこと知らない人ってまた増えてそうじゃないですか!

イシュ : ほぼほぼ全員知らないと思うけど。

栗坊 : 編集長が記事サボるせいってのもあると思うんですけど。

イシュ : それな。

栗坊 : で、イシュガルドでしたっけ?また長く出張してたみたいですけど、何か収穫があったんですか?

イシュ : はいこれー。

栗坊 : う、うほおおおおお!なんですかコレ!こんな…ええ?!ああ!絶対領域が…!!

イシュ : イシュガルドには新しい風が吹いている。

栗坊 : 風は風でもこれは神風ですね。

イシュ : そいじゃ編集よろしくー。

栗坊 : 久々に腕が鳴りますね。

イシュ : それは鳴る腕がある人が言うんだよ。

栗坊 : はまじ。あ、編集長、後でちょっとお話が…。




エントリーNo.15


では参りましょう。

【エントリーNo.15】

ジョブは吟遊詩人。

ヴィヴィアンさんです!

PhotoFunia-14382446622rr.jpg


ffxiv_20150726_224303.jpg


・ミラージュプリズム詳細

武器 : ビスマルクロングボウ
頭 : 非表示
胴 : サベネアンボレロ カラー : ジェットブラック
手 : ハイアラガン・レンジャーグローブ
脚 : 聖府軍スカート カラー : スートブラック
足 : オーソドックス・レンジャーサイブーツ
耳 : ムーンレット


イシュガルドからのトレンドが街を駆け抜け、その流行は今やエオルゼアを彩るに欠かせないものになりつつあります。

そんな人々の流れの中に、目を奪われるほどの華麗な存在感を放つ方が一人、それがヴィヴィアンさんとの出会いでした。

一際目を引くのは、今トレンドの最先端を行くサベネアンボレロ

ジェットブラックに染められたボレロは、落ち着きの中にも女性の華やかさを引き立てる魅力に満ち溢れ、随所にヴィヴィアンさんのこだわりが見えてきます。

ではそのミラプリを詳しくみていきましょう。

ffxiv_20150726_224200.jpg

全身を黒を貴重とした引き締まったカラーリングで身を包んだヴィヴィアンさん。

なんといっても目を惹かれるのは、ジェッドブラックに染められたサベネアンボレロです。

腰巻部分に施された赤色の刺繍との対比が非常に美しく、どこか和風な雰囲気さえも感じます。

しかし、ヴィヴィアンさんのコーディネートは良さはボレロだけが生み出しているわけではありません。

ffxiv_20150726_225257.jpg

ボレロの露出の多さとのバランスを取るために、膝上まで隠れるオーソドックス・レンジャーサイブーツ。

しかし身軽さをしっかりと残すために、聖府軍スカートによるほんの少しの露出が絶妙なバランスです。

ボレロの特徴である左右非対称の腕部分の装飾を隠さぬよう、手首丈のハイアラガン・レンジャーグローブをチョイス。

更に耳にあしらったアクセサリのムーンレットは、黒を貴重としたコーディネートの中でしっかりとした存在感を放ち、アクセントとなっています。

ffxiv_20150726_224641.jpg

ここで、ヴィヴィアンさんに今回のコーディネートのテーマをお聞きしてみました。

”基本は武器に合わせてかな。あと、詩人だと戦ってる時も踊っているようなイメージ。”

今回のカットには映っていませんが、ヴィヴィアンさんの愛用する武器はビスマルクロングボウ。

なるほど、純白の美しい弓に、ヴィヴィアンさんの漆黒が素晴らしい対比となっているわけです。

ボレロと言えば、スペインの踊り子が用いていた衣装が元となっていると言われ、ヴィヴィアンさんのイメージする吟遊詩人の姿とピッタリ一致します。

ffxiv_20150726_223647.jpg

ヴィヴィアンさんの持つ吟遊詩人に対するイメージを余すことなく引き出すことのできるサベネアンボレロ。

そして、そのサベネアンボレロの魅力を最大限に引き出すために工夫を凝らされたコーディネート。

双方の魅力が存分に発揮されたそれは見事と言うに尽きます。

それはまさに、運命の一着と呼べるものだったのではないでしょうか。

きっと今日も、ヴィヴィアンさんはボレロを優雅になびかせ、戦いの中を華麗に舞っていることでしょう。

さぁ、今度はあなたの元へ取材へ行きたいですね!

次回もお楽しみに!!



編集後の二人


ffxiv_20150117_192709_convert_20150307212506.jpg


栗坊 : お疲れ様でした。はぁー、これは良いですね。

イシュ : イシュガルド地方には今までエオルゼアで見られなかった新しい発想のトレンドがいっぱいでね、これからのミラプリのアイデアに期待が高まってるよ。

栗坊 : 資料でビスチェのほうも見ましたが、どちらも女性に人気の高そうな一品でしたね。

イシュ : 一式はもちろんのこと、部位ごとに見ても特徴的な形状でいろんな使い方ができそう。

栗坊 : たしかにヴィヴィアンさんの、一式ではなくボレロだけを使ってそれを引き立たせるコーディネートはお見事でした。

イシュ : カラーリングもまた良い。腰巻の部分とか、パッと見浴衣をアレンジしたような感じにも見える。

栗坊 : たしかに、黒を用いたことで大人な雰囲気にも仕上がっています。

イシュ : 髪型やカラーリング、瞳の色までこだわり抜かれてて、ほんとに好きなミラプリなんだなってのが伝わってくるよね。

栗坊 : ビビビときましたか。

イシュ : それな。ところで、さっき何か話があるって言ってなかった?

栗坊 : あ、忘れてました。実は、編集長の出張中、一本の電話がありまして、なんていったかな…。

イシュ : どうせ君への苦情でしょ。

栗坊 : それが実はそうなんですよね…君の名前、誰に許可とってつけてんのって、意味のわからない苦情が…。

イシュ : ちょっと待って。誰からの電話だって言った…?

栗坊 : えーと…たしか……にん……にんて……任○堂…?

イシュ : (白目)

栗坊 : 編集長?!どうしたんですか!任天丼がなんだっていうんですか?!編集長おおおおおおぉぉぉ?!




つづけ!




FF14ブログランキングへ参加しました!
記事を気に入っていただけたらポチっとしてください!励みになります!
↓↓↓↓




カテゴリ別一覧



↑全記事一覧はこちら!


↑全号一覧!毎週土曜日発行!


↑全授業一覧はこちら!


↑新米冒険者さん支援活動



サスタシャ支援

サスタシャ支援 ~新米冒険者さん応援企画~

私たちはエオルゼアへと降り立った新米冒険者さん達を支援しています!

1人で不安な方、仲間のほしい方、もっともっとエオルゼアを楽しみたい方!

そんな方との出会いを心待ちにしております!

どうぞ私、Isyu Lailai にお気軽にお声をお掛けください!

ffxiv_20150109_1602052

~関連記事~
サスタシャでの出会い
カッパーベル支援
スポンサーサイト
[ 2015/08/01 17:17 ] トレンドエオルゼア! | TB(-) | CM(0)

週刊 トレンドエオルゼア!Vol.14

毎週土曜日は『週間 トレンドエオルゼア!』


PhotoFunia-1425719597_convert_20150307182111.jpg



編集部にて


栗坊 : はい…もしもし…え、編集長?帰ってきた?仕事?!今から行きます…。

イシュ : 遅い。クソ遅い。

栗坊 : 1ヶ月以上も休んでた編集長に言われたくないですよ…どこ行ってたんですか…。

イシュ : トーキョーっていう街に行ってきた。

栗坊 : トーキョー?どこですかそれ、聞いたことないですね…。

イシュ : 大丈夫、君みたいなオールウェイズ初期装備奴には縁がないとこだから。それよりもはいコレ、今日の仕事だよ。

栗坊 : はまじ…。久々にいきますかーってアレ?今日のモデルさんって…え?この方ですか?

イシュ : その方です。君も知ってるでしょ。

栗坊 : いや当たり前ですよ、知らない人いないですよ。え、この方がモデルってどういうことですか?

イシュ : そういうこと。

栗坊 : 変わってないですねホント。



エントリーNo.14


では参りましょう。

【エントリーNo.14】

ジョブは秘書。

タタルさんです!

tataru.jpg

ffxiv_20150613_202617.jpg

・ミラージュプリズム詳細 (受付スタイル時)

武器 : モグルモグアクス
頭 : ウールベレー カラー : ラストレッド
胴 : スチールチェーンメイル カラー : ローズピンク
手 : アルドゴート・フィンガレスグローブ
脚 : イニシエートスロップス カラー : バークブラウン
足 : シューズ カラー : ラストレッド



いつものように新たなミラプリを探し街を歩いていると、ふと見覚えのある方とすれ違いました。

振り返ってみると、そこにはタタルさんとうりふたつ…いや、タタルさん本人がいらっしゃったのです。

そこにいるはずのない、でも確かに存在する彼女…。

しかもそれは容姿だけではなく、名前までもがタタルさんのそれなのです。

私は意を決してお話を伺ってみることにしました。

ffxiv_20150613_211941.jpg

”突然すみません、あの…タタルさん…ですよね?”

”はいでっす。何か用でっすか?”

それは紛れもないタタルさんそのものでした。

今回のトレエオではコスプレの更にその先の世界にまで足を踏み込んでご紹介してみたいと思います。

ffxiv_20150613_210644.jpg

容姿だけでなく、口調までもを完全にオマージュしているタタルさん。

それはもう、本人としか言いようのないクオリティに達しています。

しかし、なぜタタルをオマージュしようと思ったのか、その経緯について聞いてみました。

”最初はララフェルで、一度幻想薬で他種族に変わったのでっすが…どうしてもララフェルに戻りたくて、新しく誕生したのがタタルでっす”

ffxiv_20150613_200109.jpg

なるほど、その当時は幻想薬はとても貴重な代物でした。

一般販売もされておらず、一度使った後はいつ元に戻れるのかわからなかった当時。

ララフェルへの愛が、タタルさんを生み出すきっかけになったとのことです。

ですが、ララフェルのキャラクターと言えば、パパリモ、ロロリトなど他にも魅力的なキャラクターは存在します。

その中でなぜタタルを選んだのか、それも聞いてみました。

ffxiv_20150613_202141.jpg

”ロロリトは論外として、パパリモはありかもでっす。でも、やっぱりタタルというキャラクターが可愛かったというのもありますし、タタルが戦っているところって想像できないでっす。だからタタルさんが戦っていたら面白いかなって!”

なるほど、たしかにタタルさんは戦闘とは無縁のキャラクターです。

タタル自体の魅力はもちろん、タタルがこんなことをしていたら、そんな意外性の面白さも相まって、タタルさんは誕生していたのですね。

そしてその再現は受付嬢だけにとどまらず、採掘、巴術、更に戦うタタルをイメージしたオリジナルまで、多岐にわたり、その完成度はお見事と言うほかありません。

ffxiv_20150613_200132.jpg

ストーリー上で、タタルさんがモルボルに襲われてしまうシーンが登場するのをご存知でしょうか。

戦闘能力は皆無のタタルさんは、その時はただただ逃げることしかできませんでした。

しかし、採掘師としての一面を合わせもつ彼女は、長い時間を駆け、採掘師としての腕を磨いていきます。

その採掘師として磨き上げたその技は、偶然にも彼女の斧術士としての才能を開花させたのです。

ffxiv_20150613_204820.jpg

鼻歌交じりに軽々と振るわれる斧が切り裂く風音はまるで音楽を奏でるように、あたりに音符が飛び交うような錯覚を見せたと言います。

”フンフ フンフ フーン♪”

今日もタタルさんはご機嫌でチョコボにまたがり野を駆けていきます。

そう…。

ffxiv_20150613_211047.jpg

ミンフィリアと名付けられたチョコボに乗って。



さぁ、今度はあなたの元へ取材へ行きたいですね!

来週もお楽しみに!!




編集後の二人


ffxiv_20150117_192709_convert_20150307212506.jpg

栗坊 : やー、やっぱいいですね!仕事してるって!

イシュ : 君と顔合わせなきゃならないのが難点だけどね。

栗坊 : 久々すぎてこのやり取りすら嬉しく感じちゃいますよ。

イシュ : 読者さんに挨拶しなくていいの?

栗坊 : 新キャラじゃないですよ!でも一応言っときますよ!みなさーん栗坊ですよー!

イシュ : おー、全国で今クエスチョンマークが発生中。

栗坊 : はまじ!じゃあ今日のモデルさんのお話にいきましょうか!

イシュ : 今日のモデルさんはタタルさん。コスプレの更に先を行く世界に注目。

栗坊 : ミラプリは真似ても、口調までオマージュしている点にはおどろきまっしたね。

イシュ : 君がやるとなんでこうも。

栗坊 : わかります。タタルさんもおっしゃってましたけど、このキャラがこんなことをしたら面白そうだな~っていう妄想は誰もがしますよね。

イシュ : そうそう、今回は戦うタタルさん。見てるだけで楽しめる、遊び心溢れる発想だね。

栗坊 : それがコスプレの先の世界ということなんですねー。

イシュ : 撮影させてもらってる時も、タタルさんのほうから構図の提案をしてくれたり、すごくキャラへのこだわりを感じたね。チョコボの名前がミンフィリアってのも。

栗坊 : タタルさんの本音は実はそうなんじゃないかっていう面白さがありますねw栗坊って名前のチョコボもどこかにいますかね?

イシュ : いないんじゃない?すぐ休みそうだし。

栗坊 : 僕のせいじゃないんですけど?




つづけ。



幻想薬でカウントダウン あと2日


ffxiv_20150617_232423.jpg

あと2日!

夢蔵さんとコラボが実現してしました。

詳しい様子は明日お伝えできればと思います!



FF14ブログランキングへ参加しました!
記事を気に入っていただけたらポチっとしてください!励みになります!
↓↓↓↓




カテゴリ別一覧



↑全記事一覧はこちら!


↑全号一覧!毎週土曜日発行!


↑全授業一覧はこちら!


↑新米冒険者さん支援活動



サスタシャ支援

サスタシャ支援 ~新米冒険者さん応援企画~

私たちはエオルゼアへと降り立った新米冒険者さん達を支援しています!

1人で不安な方、仲間のほしい方、もっともっとエオルゼアを楽しみたい方!

そんな方との出会いを心待ちにしております!

どうぞ私、Isyu Lailai にお気軽にお声をお掛けください!

ffxiv_20150109_1602052

~関連記事~
サスタシャでの出会い
カッパーベル支援
[ 2015/06/17 12:19 ] トレンドエオルゼア! | TB(-) | CM(0)

週刊 トレンドエオルゼア!トレンド通信Vol.1


毎週土曜日は『週間 トレンドエオルゼア!』


PhotoFunia-1425719597_convert_20150307182111.jpg



編集部にて


栗坊 : 編集長、なんですかこれは。

イシュ : なんですかとは、なんですか。

栗坊 : この大量の衣装ですよ!これどうするんですか。嫌な予感しかしないですけど。

イシュ : 僕が着るんだよ。

栗坊 : でしょうね。で、着てどうするんですか。

イシュ : 今日は新コーナーです。

栗坊 : 唐突過ぎて読者さんおいてけぼりですよ。まぁ大体わかりますけど。

イシュ : ファッション誌として今までモデルさんを中心にやってきたけど、装備そのものに注目してみてもいいのではないかと思ってね。

栗坊 : なるほど。まさにトレンドを発信していこうというわけですか。

イシュ : 素材や染色を考える上で、同系統の装備でも微妙な違いなどに気をつけるといろいろ面白いんだ。

栗坊 : 今回用意した衣装も全部同じ系統ですね。たしかに微妙にそれぞれ違います。

イシュ : 小さな変化にも注目してミラプリを楽しんでもらえたら嬉しいね。

栗坊 : なんなら僕がモデルやってもいいんですよ?

イシュ : 君、レベル1じゃん。

栗坊 : はまじ。


トレンド通信 Vol.1 『ブリオー』


皆様こんにちは!どうも編集長のイシュ・ライライです!

今回より始まるトレンドエオルゼア!新コーナー

『トレンド通信!Vol.1』

今まではモデルさんに写真を撮らせてもらい、その方のコーディネートの魅力を書かせて頂いてまいりました。

しかし今回は、装備そのものに注目し、僕が思うオススメアイテムや、もっと細かいところまで観察してみようというコーナーです!

普段気にも止めなかった装備が、じっくりと観察してみると、思いもよらぬ魅力が見つかったするのです。

そんな魅力をお伝えできたらと思います!

さぁ、数多存在するこの世界の装備の中から今回スポットライトを当ててみた装備はこちら!

PhotoFunia-1431758753.jpg

ffxiv_20150516_140724.jpg

【ブリオー】

そう、今回注目するアイテムはブリオー系、胴装備でございます。

ブリオー系の装備は比較的装備Lvは高めではあるものの、競売で手軽に入手でき、珍しい装備ではありません。

IDなのでもエーテリアル装備としてドロップしたりするので、袖を通したことのある方は比較的多いのではないでしょうか。

しかし、Lv上げが終了してしまうと、そこから先に同系統の装備がなく、街中で見かけることはあまり無い装備です。

また、似たような装備にガウン系というものがあるのですが、以下の写真のように微妙にデザインが違い、雰囲気が異なります。

ffxiv_20150516_162811.jpg

どちらもインナーの上にジャケットを羽織るようなビジュアルなっていますが、ジャケットの胸元部分がブリオー系は露出が少ないのに対し、ガウン系は大きく開いていますね。

腹部のデザインもかなり違った形状が採用されており、裾部分はブリオーはヒラヒラとして女性的であるのに対し、ガウンはしっかりとした作りで男性的であると言えるかもしれません。

このように、似た雰囲気でもブリオーとガウンではまったく違う作りをしています。

では、同じブリオーでもどのような違いがあるのかを見ていきましょう。

ffxiv_20150516_162627.jpg

今回取り上げたのはこの4種類のブリオーです。

写真では少し見づらいかもしれませんが、良く見るとそれぞれ素材に使われている生地の素材感がしっかり再現されており、フェルトブリオーなんかは高級感が出ていますね。

ウォーウルフ・ヒーラーブリオーはPvPポイントで交換できるものですが、無染色状態では独特のビロードのような光沢があるのが特徴です。

また、装飾にも違いがあり、リネンブリオーの胸付近の装飾は黒なのに対し、ブリオーは金の装飾になっています。

フェルトブリオーとウォーウルフは、両肩部分に金属製のパーツが追加、更に左胸の部分から鎖状の装飾が追加されているのが大きな特徴です。

ffxiv_20150516_162435.jpg

装飾の違いは背面にもあり、前面であった色の違いがこちらにも反映されています。

ウォーウルフのみは少し違い、背面の装飾が無いというちょっと特殊なパターンをしています。

背面から見ると、ブリオーの金色の装飾が存在感がありオシャレですね。

さて、ミラプリに欠かせない要素と言えば染色ですが、ブリオー系には染色される時に染まる部分に決まりがあります。

ffxiv_20150516_172931.jpg

例として、僕の好きなウォードブルーでそれぞれ染色してみました。

ブリオー系は、インナーや襟、裾、装飾部分などの細かい部分には染色が適用されず、一番面積の多い布部分のみが染色されます。

なので、染色後の雰囲気を決めているのは染色されない部分の色合いと言っても過言はありません。

リネンブリオーは染色されない部分がダークカラーでまとめられているのでかなり落ち着いた印象となるのに対し、フェルドブリオーは明るい色合いが使われているので柔らかな印象になります。

ウォーウルフはインナーが白、襟と裾が黒というクセのない色合いなためどんな色でも合わせやすく、メリハリも効いているのでドレスコードにピッタリですね。

ffxiv_20150516_173711.jpg

ブリオーはカジュアルとフォーマルの両面を兼ね備え、普段着としての高い汎用性も備えている上に、頭や下に合わせる装備ともマッチしやすく、非常にコーディネートのしやすい一品です。

同系統の種類も多く、染色を含めればその数はかなりの数に及び、必ずしやマッチする組み合わせが見つかることでしょう。

いかがでしたか?皆さん、ブリオーを着てみたくなりましたか?

まだブリオーを試したことのない方はこの機会に是非、一度お試しくださいね!

それでは今回はこの辺で!

来週もお楽しみに!!



編集後の二人


ffxiv_20150117_192709222.jpg

栗坊 : 一ついいですか。

イシュ : ダメ。

栗坊 : 表向き真面目なコーナーですけど、取材行けなかった時の保険ですよねこれ。

イシュ : えー、今回のブリオーという装備はですねー。

栗坊 : スルーした…。

イシュ : ヒマワリメンバーのしいちゃんが着ていたのが始まりです。

栗坊 : パクったというわけですね。

イシュ : 失敬な。同じ装備をすることによりチームワークの向上を測るためである。

栗坊 : そのしいたけさんがすでにブリオーを卒業しているようなのですがそれは。

イシュ : 僕はしいちゃんの意思を受け継ぎし者、イシュ・ライライ。

栗坊 : 物は言いようですが寂しくないですか。

イシュ : 時々。

栗坊 : とりあえず、新コーナーとか言って読者さんに期待させたこと謝っておきましょうよ。

イシュ : じゃ、声合わせて、せーの。

栗坊 : 申し訳ございませ…って言ってないし!!はまじ!!!



つづけ!



FF14ブログランキングへ参加しました!
記事を気に入っていただけたらポチっとしてください!励みになります!
↓↓↓↓



カテゴリ別記事一覧


↑全記事一覧はこちら!


↑全号一覧!毎週土曜日発行!


↑全授業一覧はこちら!


↑新米冒険者さん支援活動




『サスタシャ支援』
サスタシャ支援 ~新米冒険者さん応援企画~

私たちはエオルゼアへと降り立った新米冒険者さん達を支援しています!

1人で不安な方、仲間のほしい方、もっともっとエオルゼアを楽しみたい方!

そんな方との出会いを心待ちにしております!

どうぞ私、Isyu Lailai にお気軽にお声をお掛けください!

ffxiv_20150109_1602052

~関連記事~
サスタシャでの出会い
カッパーベル支援
[ 2015/05/16 15:42 ] トレンドエオルゼア! | TB(-) | CM(4)

週刊 トレンドエオルゼア!Vol.13

毎週土曜日は『週間 トレンドエオルゼア!』


PhotoFunia-1425719597_convert_20150307182111.jpg



編集部にて


栗坊 : 編集長…今週は…どうなんでしょうか…。

イシュ : はい、これ今日のモデルさん。

栗坊 : うおおっ!編集長がちゃんと取材してきてくれた!!感動です!

イシュ : いつから僕がなまけものキャラになったんだよ。

栗坊 : 考えてみてくださいよ、まともに記事かけるの3週間ぶりですよ…。

イシュ : たしかに久々な気はするけど君に合わなくて済むしウィンウィンじゃないかな。

栗坊 : ウィンウィンって誰と誰がですか!編集長だけじゃないですかそれ!

イシュ : 声がでかいうるさい帰れ。

栗坊 : 帰りませんよ!今日の記事書き上げるんですから!おや、今日のモデルさん、今までやってそうでやってなかったタイプの方ですね。

イシュ : 女性らしさ全開のコーデだね。実は意外に難しい配色だったりするんだよ。

栗坊 : この色は好きな女性は多いですよね。でもこれって難しいんですか?

イシュ : やりすぎず抑えすぎずってバランスがね。君の”はまじ”みたいにやり過ぎたら逆効果。

栗坊 : はまじはまじはまじww



エントリーNo.13


では参りましょう。

【エントリーNo.13】

ジョブは白魔道士。

ヒスグラさんです!

PhotoFunia-1431154228完成

ffxiv_20150508_005104.jpg

・ミラージュプリズム詳細

武器 : ウルダハンエリート・ワンド
頭 : クラシックグラス カラー : ブラッドレッド
胴 : フォリジャーベスト カラー : ダラカブレッド
手 : アーティザンミトン カラー : カブレッド
脚 : ヴァレンティオンスカート
足 : フォリジャーシューズ カラー : ブレッド



リムサの街を取材のために歩いていると、一際鮮やかな可愛らしい装いの方に思わず目を奪われました。

女性らしさと自分らしさを全面に出したその方が、今回のモデルのヒスグラさんでした。

目を引くそのカラーリングや独自の組み合わせが、ヒスグラさんの可愛らしさを一層引き立てるコーディネートとなっています。

ではそのミラプリを詳しくみていきましょう。

ffxiv_20150508_004113.jpg

一際目を引くのはピンクと赤を貴重にした可愛らしいカラーリングです。

ピンクというのは女性の可愛らしさを引き立ててくれるカラーではありますが、実はその扱いは難しく、使いすぎると逆効果になってしまう場合もあります。

ヒスグラさんの配色を見ると、まず最初に目のいくヘアカラーと、フォリジャーベストのインナー部分にピンクを用いています。

全身に用いるのではなく、目線の行きやすい部分にだけピンクを用いることで、ピンクの持つ効果を存分に発揮しています。

更に、濃い赤、脚部分にはヴァレンティオンの白黒を配色することで、全体を適度に引き締めています。

ffxiv_20150508_004428.jpg

やはりコンセプトはピンクを貴重としたものなのかと訪ねてみたところ、このように返ってきました。

”ピンクが好きというのもありますが、クラフターに憧れてなんちゃって職人風を目指してみました。”

なるほど、確かに胴に用いたフォリジャーベストは本来クラフター御用達の代物。

加えて、ヴァレンティオンスカートを用いてみたかったがあまり流行り風にはしたくなかったというヒスグラさん。

胴にフォリジャーを用いることで、ヴァレンティオンが甘くなりすぎるのを抑え、なおかつ可愛らしさも損なわないという絶妙のバランスを保っています。

ffxiv_20150508_004616.jpg

更にこだわりはそれだけではなく、頬にはほんのりとピンクのチークが入っており、髪留めにもピンクにマッチする色をチョイス、クラシックグラスは少し濃い目のブラッドレッドで染められています。

背中のロミンサンエリート・ワンドには大きな真紅の宝珠があしらわれており、お洒落なワンポイントとして大きな効果を出しています。

隅々にまで行き届いた配慮に、ヒスグラさんの妥協なきこだわりを感じますね。

全体的にかわいらしい色合い、装備でまとめられているのに、甘くなりすぎず、かつこだわりに妥協しないコーディネートはさすがと言うほかありません。

ffxiv_20150507_235159.jpg

実はヒスグラさん、クラフターをまったく触ったことがなく、職人経験はゼロとのこと。

それ故に、職人風のファッションに憧れもあり、更にそこに自分の”好き”を詰め込んだことにより生まれた今回のコーディネート。

それはまるで、夢見る少女を具現化したかのような、そんな気持ちにすらなりました。

ヒスグラさんは今日もまた、その瞳にうつる”好き”に目を輝かせていることでしょう。

また次の”夢”が叶ったときに、取材させてくださいね!


さぁ、今度はあなたの元へ取材へ行きたいですね!

来週もお楽しみに!!




編集後の二人


ffxiv_20150117_192709222.jpg

栗坊 : お疲れ様でした!久々の王道編集楽しかったです!

イシュ : お疲れ様。久々の君との絡みはもう満足なんだけど。

栗坊 : 何言ってんですか!こっからですよ!さて今日のモデルさん、やってそうでやってなかった”可愛い”タイプの方でしたね。

イシュ : そうです、可愛い系です。

栗坊 : 取材に至ったポイントとはなんだったのでしょう。

イシュ : ぶっちゃけ、可愛い系のファッションは少し苦手なんだけど、ヒスグラさんは”甘さ”のバランスがすごく絶妙なんだよね。

栗坊 : たしかに、ピンクも使ってヴァレンティオンも使ってるのに、全然いやらしさがないですよね。

イシュ : カラーリングがすごくうまいんだよね。甘くなりがちなバレンティオンスカートが、逆に引き締める要素になってる。小物の使い方もすごく良い。

栗坊 : フォリジャーの革部分の色合いの落ち着きもすごく良いですね。

イシュ : 甘くなりすぎず、可愛らしさは全開で。なかなかできることじゃないと思うよ。

栗坊 : なるほど。ところで編集長、僕に対してもバランスを考えてみてくださいよ。

イシュ : 何が?

栗坊 : 甘さ成分が足りなすぎでは?

イシュ : 厳しさと辛さの絶妙のバランスで考えています。

栗坊 : ですよね。



つづけ!



FF14ブログランキングへ参加しました!
記事を気に入っていただけたらポチっとしてください!励みになります!
↓↓↓↓



カテゴリ別記事一覧


↑全記事一覧はこちら!


↑全号一覧!毎週土曜日発行!


↑全授業一覧はこちら!


↑新米冒険者さん支援活動




『サスタシャ支援』
サスタシャ支援 ~新米冒険者さん応援企画~

私たちはエオルゼアへと降り立った新米冒険者さん達を支援しています!

1人で不安な方、仲間のほしい方、もっともっとエオルゼアを楽しみたい方!

そんな方との出会いを心待ちにしております!

どうぞ私、Isyu Lailai にお気軽にお声をお掛けください!

ffxiv_20150109_1602052

~関連記事~
サスタシャでの出会い
カッパーベル支援
[ 2015/05/09 15:32 ] トレンドエオルゼア! | TB(-) | CM(0)

週刊 トレンドエオルゼア!付録号その2

毎週土曜日は『週間 トレンドエオルゼア!』


PhotoFunia-1425719597_convert_20150307182111.jpg



編集部にて


栗坊 : さぁ今週も張り切ってまいりましょー!今日のモデルさんはどんな人ですか!

イシュ : …。

栗坊 : なに干からびだギガンジャクシみたいな目してるんですか…。はやくモデルさん見せてくださいよ。

イシュ : …。

栗坊 : え…まさか…。うそでしょ?

イシュ : 取 材 失 敗。

栗坊 : はまじはまじはーまじ!なにやってたんですか!2週間もあったじゃないですか!OMG!!(オーマイゴッド)

イシュ : いやーでもね、ほら、しょうがないよ。

栗坊 : 今回ばかりは上から言わせていただきますよ!仕事してくださいよ!

イシュ : いやしたよ。した結果がコレ。

栗坊 : どこをどう頑張ったら取材失敗になるんですか!ていうか取材失敗ってそもそもなんなんですか!OMG!

イシュ : 君は取材に行くことは少ないから知らないだろうけど、実は取材OK取れなかったってこと結構あるんだよ。

栗坊 : え、そうなんですか?

イシュ : あ、ひらめいた。

栗坊 : 取材失敗を記事にするとか言い出すんじゃないでしょうね。

イシュ : それでいこう。

栗坊 : はまじ!



取材の舞台裏


ffxiv_20150117_192709222.jpg

イシュ : さて、今日はこのまま対話形式でいくよ。ほらクソ坊、出番がいっぱいだよ、喜びなよ。

栗坊 : クリ坊ですよ!マジでやるんですね…この雑誌の未来が不安でしょうがないです。

イシュ : はい、じゃあ何か質問して。

栗坊 : 展開めちゃくちゃ過ぎでは…?じゃあ、いつもモデルさんを探しに行くのはどんな場所なんですか。

イシュ : 良い質問だ。

栗坊 : キレっそう。

ffxiv_20150502_150524.jpg

イシュ : モデルさんを探しに行くのってある程度場所は決まってて、当然人が多い場所に探しに行くんだよね。

栗坊 : 今時だとゴールドソーサーですか?

イシュ : そうそう、あとモードゥナも人が多いね。3国だとリムサがずば抜けて人が多い気がするから、3国ならまずリムサから探してみる。

栗坊 : リムサはエーテライトのすぐ近くがマーケットですからね、その影響でしょうか。

イシュ : たぶんねー。

ffxiv_20150314_125117333.jpg

栗坊 : じゃあ、これは一度聞いた気もしますけど、モデルさんを選ぶ基準はどうなってますか?

イシュ : 僕個人の好き嫌いってのももちろんあるんだけど、一番大事にしてるのはテーマ性。

栗坊 : コンセプトってやつですか。

イシュ : ぱっと見た時に、どんな記事にしようかすぐ思い浮かぶっていうか、しっかりと芯がある人はやっぱり魅力的に見える。

ffxiv_20150405_151807222.jpg

栗坊 : インパクトが強ければいいというわけでもないんですか?

イシュ : テーマにもいろいろあって、かっこいい可愛いはもちろん、渋さだったり、世界観、コスプレもあるよね。

栗坊 : 装備の合わせ方がすごく特殊だったり、カラーリングもありますね。

イシュ : そうそう、そう考えるとものすごく奥が深くてね、ちょっとしたアクセサリーの付け方なんかにもこだわりが詰まってたりして。

栗坊 : 取材してみて更に面白さが増していくミラプリというのは多いですよね。

ffxiv_20150402_233632.jpg

イシュ : パニッシュさんのミラプリはまさにそうだったね。今まで取材した人達はみんな自分のミラプリにこだわりがあって、そういう思い入れの部分が聞けるのが取材する側の醍醐味かもしれない。

栗坊 : 写真を撮る場所も毎回バラバラですが、これは何か意味があるんですか?

イシュ : 取材のOKが取れたら、モデルさんにお気に入りの場所があるかどうか聞いて、あればそこで撮影する。なければ、相談して合いそうな場所を探す。

栗坊 : なるほど、適当な場所でやってるわけじゃないんですね。

イシュ : あと撮影する時間帯、これが一番厄介。

ffxiv_20150322_164714.jpg

栗坊 : 基本的には昼の写真が多いですね。

イシュ : 昼がやっぱ一番キレイに撮れるからね。でもテーマ性によって夜に撮ったりもするし、お話してたら時間が過ぎて偶然いい構図になったなんてのも結構ある。

栗坊 : 夕方の時間なんかは短いですしね。

イシュ : そうそう、だから狙って取りにくいんだけど、不意にすごくいい構図になったりするから、そういうのが撮れた時は嬉しいね。

ffxiv_20150322_155505.jpg

栗坊 : 夕日もそうですけど、太陽や月が入るのもポイント高そうです。

イシュ : あえて逆光とかね。光の要素は装備の表情がガラっと変わるから撮影する時は一瞬を逃さないおうに結構気張ってたりする。

栗坊 : なるほど。で、今回は取材自体がOK取れなかったみたいですけど、そんなことってあるんですか?

イシュ : それはもちろんあるよ。初対面でいきなり取材させてくださいって言われたらね。

栗坊 : 脅してるんじゃないですよね…。

ffxiv_20150116_220254.jpg

栗坊 : 時間的に無理ってこと以外にも要因はあるんですか?

イシュ : 人目につくのが苦手なのでっていう方が多いかなぁ。

栗坊 : たしかに、記事にさせていただくからには避けては通れないことですね。

イシュ : うん、でもそういう方には絶対無理してお願いはしない。お話できたことだけでも嬉しいことだからね。

栗坊 : モデルさんにも気分よく写っていただきたいですしね。

イシュ : そうだね。この企画が、モデルさんの協力の上に成り立っているのを忘れちゃいけない。時間的にも短くても30分くらいはお付き合いいただくことになっちゃうから、そのへんはものすごく気をつける。

ffxiv_20150214_1542.jpg

栗坊 : 大切な時間を割いてくれた皆さんには感謝ですね。

イシュ : ほんとにそう。取材という名目でやってるけど、いろんな人とお話させてもらって、記事書かせてもらって、そのあとも声かけてもらったりして、すごく楽しい時間を過ごさせてもらってる。

栗坊 : じゃあ、もう一度言っておきますか。

イシュ : モデルになっていただいた皆さん、お話を聞かせてくれた皆さん、読者さんの皆さん…

ffxiv_20150114_1943162.jpg

栗坊 : いつもありがとうございまーす!!

イシュ : おい…。

栗坊 : お、編集長顔が怖いですよ、それじゃ取材断られますよw

イシュ : 今日だけは見逃してやる…。

栗坊 : はまじはまじw


さぁ、今度はあなたの元へ取材へ行きたいですね!

来週もお楽しみに!!



つづけ。



FF14ブログランキングへ参加しました!
記事を気に入っていただけたらポチっとしてください!励みになります!
↓↓↓↓




カテゴリ別一覧



↑全記事一覧はこちら!


↑全号一覧!毎週土曜日発行!


↑全授業一覧はこちら!


↑新米冒険者さん支援活動



サスタシャ支援

サスタシャ支援 ~新米冒険者さん応援企画~

私たちはエオルゼアへと降り立った新米冒険者さん達を支援しています!

1人で不安な方、仲間のほしい方、もっともっとエオルゼアを楽しみたい方!

そんな方との出会いを心待ちにしております!

どうぞ私、Isyu Lailai にお気軽にお声をお掛けください!

ffxiv_20150109_1602052

~関連記事~
サスタシャでの出会い
カッパーベル支援
[ 2015/05/02 16:50 ] トレンドエオルゼア! | TB(-) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。