MIRUworld ~ほんまにひよこさん~

こんにちわ!こんばんわ!おはざらす!


今日も、先日参加したプレイヤーズミーティングのお話ですが、今日はゲストに招かれた4名のうちの1人の方のお話をご紹介したいと思います。

Calory Mate こと、ほんまにひよこさんです。

『MIRUworld』や、『カロリズム』などでお馴染みですね!

ロードストーンの日記のほうでも、エオルゼアの世界について様々な視点から書かれています。

そんなほんまにひよこさんの今回のお話の概要はこちら。

メインテーマ:MIRUworld
とてもよく練り込まれた世界設定。フィールド上にちりばめられた「何気ない情景」にも、実はそれ相応の背景があるかも?
ふとした疑問から各地を巡って検証し、妄想する…。そんな「見るエオルゼア」の活動を紹介して頂きたいと思います。

では、そのひよこさんのお話を、ノーカットでどうぞ!



MIRUworld 『見るエオルゼア』


ffxiv_20150328_005133.jpg

よろしくおねがいします。
その前に服やっぱりきます。

ffxiv_20150328_005156.jpg

想像以上に前のお二方のお話がすごく凝っててびっくり!(ひよこさんの発表は3人目)
私のお話はけっこう早く終わるから安心だよ!
まぁみなさん食べながらでいいから聞いてくださいな。

「MIRUworld」は、コンテンツが少ないと言われていた旧FF14時代に、エオルゼアの世界を見るために作ったLSです。
『世界を見る』と壮大な言い方をしていますが、ようするに普段はじっくり見ることのできない細かな部分まで見てみようってアレです。

ffxiv_20140304_002409.jpg

ゲームというのはなかなか細かい部分は見られないものの・・・雑な作りだと逆に目立ってしまうものです。
それはグラフィックスにおいても、自分たちが入り込む『世界』そのものにも当てはまります。

FF14の作りこまれた世界『エオルゼア』は、まさにそんな観察が好きなプレイヤーたちへの挑戦でした。

皆さんもこのFF14をプレイしている時に、ふと何かが気になった事はないでしょかね。

例えばNPCの言葉や、モンスターの姿、自分が走りまわるフィールドなどなど・・・・。
近づくとポップアップするちょっとしたNPCのセリフには、彼らがこの世界に生きていることを感じさせてくれるメッセージが見て取れます。

きっとみんなもお気に入りのNPCのセリフってありますよね・・・。

ffxiv_20150331_130117.jpg

「何を釣るの?」
「・・・君だよ」


知っているようで知っていない、モンスターたち
皆さんはエオルゼアの昆虫の足の本数って何本かご存知でしょうか・・・。
実は現実の昆虫とエオルゼアの昆虫は足の本数が違ったりします。

ffxiv_20150331_130240.jpg

答えは今度皆さんで観察してみてください。実際の生き物と、エオルゼアの生き物の違いをよかったらまた今度観察してみてください。

ふぇっふぇ。日ごろから見慣れた風景も、何か思いがけない発見が隠れているかもしれません。
(ヤーゾンはカニなので、もともとの足の本数がちがうのです)

ffxiv_20150331_130834.jpg

毎日のように使うエーテライトですが・・
エーテライトが建っている土台は各レストエリアにあわせた作りになっていて、一つとして同じデザインのものはありません

豪華なデザインのもの、安っぽいもの、元からの地形が使われているものなど、それぞれのエリアの持つ性質や背景に沿ったものが用意されていることが見て取れたり・・・。
そもそも土台がないモノはありますが・・・。

ffxiv_20150331_131141.jpg

わたしのお勧めは、外地ラノシアのキャンプ・オーバールックでしょか。即席感があって素敵です。

そういった不思議発見は突き詰めていくとエンドコンテンツのように奥が深い、エオルゼアに用意された自由参加型のフリーなコンテンツだと思います。

しかし、せっかく浮かんだ疑問も『気のせい』『ゲームだから』『まぁいいや』『おしり』と頭の中から消えていってしまうものです。

なので、ぜひ一度ゲームであることを忘れて、バカげた疑問も大真面目にお友達と話し合ってみてください。
もしかすると普通にプレイするだけでは気がつく事のなかったFF14を知る事ができるかもしれませんよ・・・!

ffxiv_20150331_130757.jpg

もうひとつモンスターで私が観察して楽しかったことは?
ラノシアの川で魚型のモンスター『プギル』を見かけた時に・・・『なんでこの魚は空中を浮いているんだろう?』と疑問に思ったこと。

そりゃあゲームだから魚だって空中に浮くくらいしますよねw
ただ、エオルゼアの世界設定的に考えるとどういった力で浮いているのかが気になって、一度この世界の『空を飛ぶ事情』を調べてみたいと思いました。

調べていくと・・・さすがファンタジーで、現実世界には存在しない力で空を飛んでいるモノがエオルゼアにはたくさんありました。
いろんなフィールドやモンスターの観察をしたり、NPCの話を聞いたり過去のジャーナルを開いたりし結果・・・!

結局プギルが空を飛んでいる理由はよくわかりませんでした

ffxiv_20150331_131039.jpg

しかしそうした観察をする中で、陸クラゲの『オーレリア』が体の中に浮行性のガスを蓄えて空中を浮いている事とか、

ffxiv_20150331_131333.jpg

外地ラノシアの『ニーム浮遊遺跡』は風属性エーテルの不安定さが原因で浮いてしまっている霊災の後遺症である事とか・・・
クルザスの雲海では多くの生き物がエーテル翼で大気中の風属性エーテルを捉え空を飛び、そのエーテル翼が飛空艇の技術にも使われている事を知ることができました。

こうして自分の遊ぶ世界のことを考え知る事で、それがまた新しい発見につながっていく楽しさは他では感じられないものではないかと感じます。

普通にプレイしていたらなかなか気がつかない、気がついても気に留めないようなこと。
MIRUworldの魅力はそういった物に向けた観察・発見・妄想にあり、それはいつでも誰とでもできる事だと思います。

ffxiv_20150328_005156.jpg

もう遊びつくしたと思っている場所にこそ、発見は隠れております。
みなさんもぜひ、自分の知らないエオルゼアを見つけてみてください!
私からのお話は以上です。お話を聞いてくださってありがとうございました。




※ログはたけおさんの編集してくださったものを活用させていただきました。
めがねや!第2回プレイヤーズミーティング 第2部「『見る』『知る』『考える』エオルゼア!」ログ

『MIRUworld』 参考動画 
【FF14】みんなが上れるエオルゼア登山スポット紹介【part1】





体験レポート


今回の記事をまとめさせていただくにあたって、記事に使ったSSを取りに各地へ走ってみました。

まず、エーテライトの土台部分が各地で全て違うものだというお話から。

全部ではありませんが、数箇所回ってみてSSをとってきてみました。

ffxiv_20150331_131413.jpg

本当に全部違う…!!

しかもそれぞれテーマのような物が違っておもしろい!

わかりやすいのは森林地方、全体的にその土地そのものや、切り株などの自然を活かした土台が作られていました。

なるほど…今まで何度となく目にしたはずの場所なのに、いざ注目してみると初めて来たかのような楽しさがあります。

そしてお話の中で個人的したのが、ヤーゾンが”カニ”だというお話…。

あれって蟹だったの…w

ffxiv_20150331_130337.jpg

普段はキモチ悪いのであまり近づかないのでアップで見る機会もなかったのですが、意を決して近づいて…

アップで見てみると、たしかにその胴体部分はカニのそれでした。

ヤーゾンに対する嫌悪感が少しだけ薄れましたw

そしてリアルとエオルゼアの昆虫の足の数が違うというお話。

ffxiv_20150331_130448.jpg

検証してみたのはダイアマイトさん…こちらもあまりアップでは見たくはないですが…w

そもそも、ダイアマイトという名前なのですが、そのような名前の生き物はリアルにはいません。

そこで、その由来を調べてみたところ、「ダイア(Dire)」は「恐ろしい」「マイト(mite)」は古英語で「ダニ」を示し、それを合わせた造語のようです。

どう見てもサソリの姿なのに、なぜ”ダニ”なのか。

それはおそらく、”FF11に登場したダイアマイトがダニをモデルにした形状をしていた”ことが要因だと思いますが、なぜそれをサソリの名前に付けてしまったかは謎です…。

ちなみに、ダンジョン内に出てくるこの種族にはサソリ座の星の名前(アンタレス、グラフィアスなど)が使われているので、エオルゼアではダイマイトは”サソリ”として扱われてるようです。

話がそれましたが、そのサソリはリアルではクモと近い存在であり、足もクモと同じ10本(ハサミ含む)です。

エオルゼアのサソリをもう一度見てみると…

ffxiv_20150331_1304482.jpg

片側に4本ずつ、計8本

ほんとだ、違う!!

なぜ本数が違うのかはわかりませんが、リアルの生物とは違う点があるということを意識してみると、モンスターを観察するのがすごく楽しくなります。

普段なんとも思わないモンスターにも愛着がわいたりするかもしれません。

ですが…

ffxiv_20150331_131046.jpg

より嫌悪感の増す場合もあります

ので、アップで観察する場合はくれぐれも注意が必要ですね…w

今回、ほんまにひよこさんのお話を聞いて、試しに各地を回ってみただけでも、これだけの新しいことに出会うことができました。

ですが、それは僕の知らないこの世界のほんの一部、新しい楽しさの入口に立っただけだと思います。

ひよこさんのお話は、僕に新しいエオルゼアの楽しさの入口を教えてくれました。

これから過ごすエオルゼアの時間は、今までとは少し違った景色に見えそうです。

いかがだったでしょうか?

皆様にも、ほんまにひよこさんのお届けする新しいエオルゼアの楽しみ方が、少しでもお伝えできていれば嬉しく思います!

プレイヤーズミーティングでゲストトークをしていただいたのは4名、まだ3名のお話が残っていますが、ただお話を掲載するだけではなく、できればその内容を僕自身で体験し、皆さんの伝えたかったことをできるだけリアルにお伝えできたらいいなと思います。

では、今日はこの辺で!



つづけ!



FF14ブログランキングへ参加しました!
記事を気に入っていただけたらポチっとしてください!励みになります!
↓↓↓↓



カテゴリ別記事一覧


↑全記事一覧はこちら!


↑全号一覧!毎週土曜日発行!


↑全授業一覧はこちら!


↑新米冒険者さん支援活動




『サスタシャ支援』
サスタシャ支援 ~新米冒険者さん応援企画~

私たちはエオルゼアへと降り立った新米冒険者さん達を支援しています!

1人で不安な方、仲間のほしい方、もっともっとエオルゼアを楽しみたい方!

そんな方との出会いを心待ちにしております!

どうぞ私、Isyu Lailai にお気軽にお声をお掛けください!

ffxiv_20150109_1602052

~関連記事~
サスタシャでの出会い
カッパーベル支援
スポンサーサイト
[ 2015/03/31 16:15 ] FF14 | TB(-) | CM(6)

アピールNo.6 Isyu Lailai


こんにちわ!こんばんわ!おはざらす!


先日参加させていただいたプレイヤーズミーティング in Masamune

その濃すぎる内容ゆえに、まだまだまとめきれていません…。

なので、需要があるかわかりませんが、アピール部門での僕の晴れ舞台を公開しておきたいと思いますw

マクロでのアピールなのでスラスラ発表しているように思えるかもしれませんが

本人はとんでもなく緊張しておりました。

ボタン押し間違えたらどうしようと、押すたびに3回くらい確認しながらやってましたw

そんな状態だったがゆえに、いろんな方からの声援にまったく応えられず申し訳なかったです…。

ですが、しっかりその声は届いておりました!

会場のみなさんが盛り上げてくれて、すごく嬉しかったですね!

ではそんな会場の声援と、ヒマワリの野次もご一緒にどうぞw



アピールNo.6 Isyu Lailai


アピール部門全体動画 撮影:たけおさん

僕のアピールは 29:30 あたりから

司会 『次、イシュさんですー』
イシュ 『はははっははい!!』

ffxiv_20150327_224953.jpg

スタッ。

※ここより、僕のアピールに用いたテキストを茶色にて表現します。

司会 『続きまして、Ifritよりお越しのIsyuさんです!よろしくおねがいします!』

きたー!いしゅさーん!がんばってー!!(ヒヨ)
キャー、イシュさーん!!(トロンベ)
ひゅー!(モコ)
緊張しまくりw
よ!待ってました!腐れ外道!(ばん)
外道だったのですかー?!

ffxiv_20150327_225148.jpg

初めまして、イフリート鯖よりアピールに参りました、イシュと申します!
名前の読み方は、『イシュ』です、イシューにすると異臭になってしまうので絶対に呼ばないでください。

異臭w(キャスさん)
こいつはくせぇ(ばん)
キャー、自虐ーww(とろんべ)
ラシュさん(れっちん)
らしゅー(モコ)
ここでデオード

座右の名は『死ぬこと以外はかすり傷』です!
我がFCヒマワリのスローガンは『習うより舐めろ』


かっけーーー
かっこいい!!
ペロリスト…w

そして私の個人ブログ『ヒマワリのタネ』
『ヒマワリのタネ』以外のことはどうでもいいです、もう忘れてください。
今日はそのブログ『ヒマワリのタネ』のアピールにやってまいりました!


だ~いすきなのは~♪
ヒマワリのたね…ヘケッ

ffxiv_20150327_225304.jpg

当ブログの方針は2つ!

① 初心者さん達がエオルゼアの世界を身近に感じられるような支援活動
② エオルゼアっておもしろそうと思ってもらえるような情報発信

です!


初心者さんの支援として、サスタシャなどのIDへ一緒に挑戦、新米冒険者さん向けの記事など更新中です!
記事数はまだ少ないですが、これからも支援活動と共に記事も随時更新していく予定です!
IDって楽しい!エオルゼアって楽しい!ってことを少しでも多くの新米冒険者さん達に広めることができたら嬉しく思います!


そしてその他にも、日々起こる些細な出来ごとからフィクション物から企画物まで、エオルゼアのことを幅広く書かせていただいております!
まだまだ未熟者ゆえに皆様に満足の行くブログではないかもしれませんが、この機会に是非一度足をお運びいただけたら嬉しいです!


興味があります
ちゃんと毎日更新するんだろうなぁ?!(ばん)

ffxiv_20150327_225339.jpg

当ブログ『ヒマワリのタネ』を検索していただく場合は『イシュ』を付け加えていただくとすぐに出てきます!
付けないとただのヒマワリの種の画像がいっぱい出てきます、そんなの見て喜ぶのはハムスターだけです!


種画像ww
異臭で出ますかー?
ヒマワリのタネ 異臭

もしくは『クンキョト』と検索していただくと一発で見つかります!

クンキョト?(ばん)
クンキョト…?
なにそれ(モコ)
読んでるなう

ffxiv_20150327_225237.jpg

『クンキョト』が何か気になってしまいましたね?
さぁ、続きはWebで!です!


おのれ!気になる!
ふざけんなばかやろー!おしえろー!(ばん)

以上です!ありがとうございましたー!

司会 『はい! ありがとうございました!ヽ(´▽`)ノ名言「死ぬ事以外はかすり傷」キタ!w FCスローガンは…えーっと…(^▽^;』


以上ですw

アピールは5分程度を目安にと言われていたのですが、実施2分程度で終わってしまいました…w

でも言いたいことは全部言えたので、僕としてはやりきったかなと思います!

発表してる最中、セイでいろんな方に声援をもらえてほんとに嬉しかったですw

そしてヒマワリの野次もすごく心強かったよ!

だがばんちゃん、てめぇは許さねぇ!!




つづけ!




FF14ブログランキングへ参加しました!
記事を気に入っていただけたらポチっとしてください!励みになります!
↓↓↓↓



カテゴリ別記事一覧


↑全記事一覧はこちら!


↑全号一覧!毎週土曜日発行!


↑全授業一覧はこちら!


↑新米冒険者さん支援活動




『サスタシャ支援』
サスタシャ支援 ~新米冒険者さん応援企画~

私たちはエオルゼアへと降り立った新米冒険者さん達を支援しています!

1人で不安な方、仲間のほしい方、もっともっとエオルゼアを楽しみたい方!

そんな方との出会いを心待ちにしております!

どうぞ私、Isyu Lailai にお気軽にお声をお掛けください!

ffxiv_20150109_1602052

~関連記事~
サスタシャでの出会い
カッパーベル支援
[ 2015/03/30 21:30 ] FF14 | TB(-) | CM(2)

週刊 トレンドエオルゼア!Vol.10

毎週土曜日は『週間 トレンドエオルゼア!』


PhotoFunia-1425719597_convert_20150307182111.jpg



編集部にて


イシュ 『このコーナーずっとやり続けているわけだけどもさ』

栗 『なんなんですか急に…いつもやってるじゃないですか…』

イシュ 『いや、当たり前のようにやってるのが問題なんだよ。君のこと知ってる人って、どれくらいいると思う?』

栗 『僕だって地味に人気あったり…しないんですか?』

イシュ 『しないんじゃないかな』

栗 『はまじ…ちょと僕の特設ページとか作ってくださいよ…』

イシュ 『この仕事が終わったらね』

栗 『今日のモデルさんは…これはまたなんと…』

イシュ 『実はそういうのって結構好きなんだよ、中々その路線で極めようとしてる人っていないしね』

栗 『編集長ってやっぱあっち路線なんじゃ…』

イシュ 『ストライクゾーンは広いよ』

栗 『(言葉にできない表情)』



エントリーNo.10


では参りましょう。

【エントリーNo.10】

ジョブは戦士。

スコ・ジーさんです!

PhotoFunia-1427630394.jpg

ffxiv_20150322_164426.jpg

・ミラージュプリズム詳細

武器 : ラグナロク・ゼータ
頭 : 非表示
胴 : ラプトルジャケット カラー : スノウホワイト
手 : ラプトルアームガード カラー : スートブラック
脚 : プロテクタートラウザー
足 : ラプトルレッグガード カラー : スートブラック



多くの人が行き交う街中に、一際重厚感の溢れる力強さを放ちつつ佇んでいたのが今回のモデル、スコ・ジーさんです。

スコ・ジーさんの特徴はなんといってもその飾らない無骨さと力強さでしょうか。

己の信念を貫き通す、そんな強い意思が伝わってくるコーディネートとなっています。

では詳しく見ていきましょう。

ffxiv_20150322_164500.jpg

スコ・ジーさんのコーディネートの最大の特徴、それは全身を包む重厚感溢れるラプトルアーマーです。

ラプトルアアーマーと言えば、本来はLV上げ用の装備として広く知られていますが、Lv50を迎えた冒険者は再びこの装備に袖を通すことはほとんどありません。

しかしながら、分厚く贅沢に用いられたラプトル革の存在感、相手を威嚇する金色のスパイク、各所をしっかりと守るプレート装飾と、力強さをアピールするための要素がふんだんに盛り込まれてています。

Lv上げだけでしか着ないなどもったいない、この装備に目をつけたところこそが、スコ・ジーさんの最大のこだわりと言えます。

ffxiv_20150322_170711.jpg

いかがでしょうかこの背中、まさに”漢”の存在感です。

更に、ラプトルアーマーを選んだ理由はその力強さだけではないとスコ・ジーさんは言います。

”戦士とは、己の肉体で勝負するもの。身を守る装備も大事だけど、動きやすさも大切なんだ”

なるほど、ここに目をつけたのにはそんなこだわりも隠されていたのですね。

ffxiv_20150322_170540.jpg

そして、スコ・ジーさんの魅力を語る上で避けては通れないのがその容姿です。

種族は力強さ溢れるハイランダー、フェイスには男臭さ溢れる髭、髪型はこだわりのポニーテール。

ポニーテールをここまで男らしく扱える方が他にいるでしょうか?

随所に見られる”漢”に対する情熱がひしひしと伝わってくるではありませんか。

ffxiv_20150322_164714.jpg

普段はそれほど注目されないラプトルアーマー、おそらく筆者が来たところでそれは魅力的には映らないことでしょう。

しかしながら、スコ・ジーさんの”漢”に対するこだわりが、ラプトルアーマーを特別な存在にまで引き上げていると言っても過言ではないでしょう。

まさにこれは、彼だけに許されたオリジナル、その信念を貫き通す気持ちこそが、最大の魅力になっているのかもしれません。

今日もきっと、スコ・ジーさんは、己の中にある”漢”の道を、力強く踏みしめていることでしょう。

さぁ、今度はあなたの元へ取材へ行きたいですね!

来週もお楽しみに!!



編集後の二人


ffxiv_20150117_192709_convert_20150307212506.jpg

栗 『編集終わりました…』

イシュ 『何身構えてんの、別に君には興味はないよ』

栗 『あ、はい…なら良かったです…』

イシュ 『今回のモデルさん、スコ・ジーさん、もうこれは、かっこいいとしか言えないよね』

栗 『今日はえらく食いつきが良いですね…たしかに男らしくてかっこいいです、ラプトルに目をつけたのも…』

イシュ 『普段あまり日の目を浴びない装備でも、よくよく見るとすごく味があるのも多いんだよ。そういうところに目をつけれるセンスってのはすごいと思う』

栗 『ここまで男臭くしている方も珍しいですよね』

イシュ 『そう、今回のはスコ・ジーさん本人の魅力と噛み合ってるのが一番のポイントだよね。この男臭さあってこそのラプトルアーマーの良さが活かせるってもんなんだよ』

栗 『なんだかいつもより編集長の熱量が高くて怖いです』

イシュ 『ストライクゾーンは広いけど、スコ・ジーさんはストライクゾーンのど真ん中だから』

栗 『意味深すぎでは…?』





つづけ。



FF14ブログランキングへ参加しました!
記事を気に入っていただけたらポチっとしてください!励みになります!
↓↓↓↓




カテゴリ別一覧



↑全記事一覧はこちら!


↑全号一覧!毎週土曜日発行!


↑全授業一覧はこちら!


↑新米冒険者さん支援活動



サスタシャ支援

サスタシャ支援 ~新米冒険者さん応援企画~

私たちはエオルゼアへと降り立った新米冒険者さん達を支援しています!

1人で不安な方、仲間のほしい方、もっともっとエオルゼアを楽しみたい方!

そんな方との出会いを心待ちにしております!

どうぞ私、Isyu Lailai にお気軽にお声をお掛けください!

ffxiv_20150109_1602052

~関連記事~
サスタシャでの出会い
カッパーベル支援
[ 2015/03/29 20:56 ] トレンドエオルゼア! | TB(-) | CM(4)

プレイヤーズミーティングレポート(仮)


こんにちわ!こんばんわ!おはざらす!


土曜日と言えば、そうです。

週刊トレンドエオルゼア発行日!

でございます!

なのですが、昨日参加させていただいたプレイヤーズミーティングの反響がすさまじく、そちらの報告のほうを先にさせていただきたと思います!

トレンドエオルゼアVo.10は、明日日曜の更新とさせていただきます!



プレイヤーズミーティング in Masamune


CAd3n5zUsAIBOQU.jpg

※プレイヤーズミーティングのイベント詳細については以下の記事をご参考にしてください!
プレヤーズミーティング in Masamune


昨日、マサムネ鯖にて開かれたプレイヤーズミーティングへ参加して参りました!

結果から言いますと、想像を遥かに越えた濃いイベントとなり、その全容を書くにはまだ時間が足りません…。

ですので、今回は要点だけをつまんだ僕視点の動きでの、全体の流れだけまず報告という形でいきます!

アピールに参加された方の詳細やゲストのお話などはまた改めてご紹介させていただきます!



開始前


ffxiv_20150327_213636.jpg

開始2時間前、アピールの準備をしながら現場へと早めに集合してみたところ、すでにもう何人か集まってます。

主催のMiinaさんの姿もありました!

その後も開始時間が近づくにつれどんどんと増えていく人々。

ffxiv_20150327_210627.jpg

ヒマワリメンバーもどんどん合流していきます。

そしてブロガー仲間のヒヨさん、読者さんのトロンベさんも合流!

そしていよいよイベント開始の時がきます!

ffxiv_20150327_220520.jpg

シャドウフレアのエフェクトでギャラリーのラインを引きます、これはすごく良い方法ですね!

そしてMiinaさんの司会がスタート!

いよいよ、プレイヤーズミーティング in Masamune 開幕です!



前半 アピール部門


ffxiv_20150327_222154.jpg

アピール部門は全員で12名のエントリーがありました。

アピール参加者は専用のLSを受け取り、Miinaさんからの進行指示に従って舞台へあがっていきます。

ちなみに、僕のアピールの順番は6番目、一緒に参加したヒヨさんは8番目のアピールでした!

1番の前説担当サーロイン(肉)さんが見事にみんなの緊張をほぐしてくれてアピール部門スタートです。

今回の記事ではアピール参加者全員をご紹介するのは難しいので、気になった方を数名ご紹介しておきます!


ffxiv_20150327_224057.jpg

アピール番号4 : Hoenfels Topaz さん。
アピール内容 : 新生◇エオルゼア鉱物図鑑


エオルゼアに存在する”石”をテーマに、リアルにも存在する石のについてそのルーツを紐解いていくという記事をロドストにて書かれています。

記事を拝見してきましたが、使われている写真は実際に集めた石を用いてあったり、その知識量や記事のクオリティがすごい…!

読んでいくと思わずへえぇぇ~と言ってしまいます…記事数はすでに25を越え、読み応え抜群です!是非一度足をお運びください!


ffxiv_20150314_22.jpg

アピール番号5 : Tun Potun さん
アピール内容 : ララフェルLS


ガルーダ鯖より来たというTunさんはララフェルだけのFC/LSのマスターとのこと。

その規模はなんと100人以上!!ララフェルの大軍勢によって様々なイベントを盛り上げておられるようです!

ガルーダ鯖ラベンダーベッド、3区11番にそのアジトがあるようなので、是非とも一度遊びにいってみたいですね!

近々ブログのほうの開設も予定しているようなので、そちらも合わせて楽しみですね!


ffxiv_20150327_225237.jpg

アピール番号6 : Isyu Lailai
アピール内容 : ヒマワリのタネ


はい僕です。めちゃくちゃ緊張しました…w

事前に何を言うかをマクロで作っておき、実際はそのマクロを押していくだけだったのですが、それでも手が震えましたね…w

でも、ヒマワリメンバーのみんなが野次を飛ばしてくれたり、ギャラリーのみなさんも楽しくいじってくれてすごく楽しむことができました!

自分のベストは尽くしてこれたかなーと思いますw


ffxiv_20150327_230531.jpg

アピール番号8 : Hiyo Rains
アピール内容 : ひよの落書き帳


われらがヒヨさんのアピール、さすがのヒヨさん、丁寧でわかりやすい文章は勉強になります!

特設コーナーの、『もっと知りたいエオルゼア』ではこの世界の知識や、知られていない驚きの裏側などを教えてくれます。

ミラプリ特集の『ミラージュアイ』の完成度は必見です、是非皆さんに見ていただきたいですね!

すごく緊張しているのが伝わってきましたwお互いにやりきりましたねー!



まだまだ紹介したい方はいるのですが、今回は書ききれず申し訳ありません…。

3キャラでのシンクロ演技披露や、画像加工師の方、鯖を渡り歩いて旅をしている方などそのアピール内容は多種多様でとても面白かったです!

また後日、まとめることができたら改めてアップしたいと思います!

今回のイベントではその一部始終をたけおさんが撮影されており、動画としてアップされています!



僕のアピールは 29:30 あたりから、ヒヨさんのアピールは 41:30 からですw

全アピールが収録されていますので、見逃した部分がある方はご覧ください!



休憩中


ffxiv_20150328_000442.jpg

前半のアピール部門が終わり、一旦の休憩へ。

会場には表示しきれないほどの人数が集まっており、様々なコスプレやミラプリ、中には有名なブロガーさんや絵師さん達もいて会話が飛び交っておりました!

そして写真撮影をしようという呼びかけに応じて人が集まる集まる!

これでも全員じゃないんですよ…会場にいたのは物凄い人数でしたw



後半 ゲスト部門


ffxiv_20150328_001941.jpg

後半はゲストを招いての特設トークコーナーです。

ゲストに招かれたのは4名。

ffxiv_20150328_002140.jpg

イージス鯖より、Aruhya Popo さん。
関連情報 : ブログ『のほほん旅日記』


ffxiv_20150328_003614.jpg

デュランダル鯖より、Meteor Chiffon さん。
関連情報 : 『エオルゼア百景』


ffxiv_20150328_005156.jpg

イクシオン鯖より、Calory Mate さん。
関連情報 : 『見るエオルゼア』『MIRUworld』


ffxiv_20150328_01131.jpg

マサムネ鯖より、Punish Linkage さん。
関連情報 : ブログ『ぱにっき』



この4名による様々な視点からのエオルゼアの新しい楽しみ方のトークコーナーでした。

そしてその内容がとてつもなく濃い…。

自分がこの世界で本当に生きているかのような、そんな錯覚にすら陥るほどの充実したお話の数々。

この世界はまだまだこんなにも奥が深かったのかと、驚きと感動に溢れていた時間でした。

4名のお話に関しては、後日まとめさせていただき、近日中にしっかりとお伝えしたいと思います!



そしてフィナーレ


ffxiv_20150328_020444.jpg

そして最後は、会場の全員での記念撮影!!

凄まじい数のプレイヤー数…おそらくは表示しきれていない方がたくさんおられると思います…w

僕がどこにいるかわかりますか?w(デブチョコボヘッドかぶってます)

今回の記事ではざっくりとしたイベントの流れをお伝えしましたが、本当はまだまだ伝えたいことが山ほどあります…w

ですが一度に書くにはあまりに濃すぎる…

あまりにも色々なことがあった一夜でした。

自分がアピール者として参加できた経験はもちろんのこと、ゲストの皆さんのお話、この会場で出会えた思いもよらぬ方々達…。

そんなたくさんの人との出会いが、僕のエオルゼアの考え方というものを大きく広げてくれました。

今後この世界で生きていくうえで、このイベントに参加できたのはかけがえのない糧となると思います。

そんな経験を、少しでも多くの方にお届けできるように、また改めてお伝えしたいと思いますので、よろしくお願いします!

主催のMiinaさん、イベント進行を裏方で支えてくれた皆さん、参加者の方、ギャラリーの方々

本当にありがとうございました!



戦い抜いた戦友たちへ


ffxiv_20150328_001512.jpg

アピールを応援しにきてくれたヒマワリのみんな、呼びかけに応じて集まってきてくれた皆さん、本当にありがとうございました!

自分ひとりでは緊張してしまって十分に楽しめなかったかもしれませんw

また、他の鯖にまでみんなで遊びにいくのは初めてだったのですごく楽しかったです!

ヒヨさんと一緒にアピール参加できたのもすごく嬉しかったですね。

ブロガー仲間として、すごく大事なものを共有できた気がしますw

ffxiv_20150328_012720.jpg

そして、0時を越えてからの後半の部…ヒマワリメンバーはここでログアウトしていく中、最後まで一緒に参加してくれたトロンベさん

興味深い内容の話とはいえ、終わる頃には深夜2時半を回り、睡魔との戦いにもなりましたw

イベントの全てを堪能しきった後には、激戦を戦い抜いた戦友のような、不思議な気分でしたw

お二人のおかげで最後まですごく楽しいイベントになりました!

本当にありがとうございました、そしてお疲れさまでした!w

このイベントで友達になれた多くのみなさん、まだまだ未熟者ですがどうぞよろしくお願いしますね!

もああさんとあんな形で衝撃の対面を果たすとは…それが一番ビックリだったかもしれませんw



では今回はこの辺で!!



つづけ!




FF14ブログランキングへ参加しました!
記事を気に入っていただけたらポチっとしてください!励みになります!
↓↓↓↓



カテゴリ別記事一覧


↑全記事一覧はこちら!


↑全号一覧!毎週土曜日発行!


↑全授業一覧はこちら!


↑新米冒険者さん支援活動




『サスタシャ支援』
サスタシャ支援 ~新米冒険者さん応援企画~

私たちはエオルゼアへと降り立った新米冒険者さん達を支援しています!

1人で不安な方、仲間のほしい方、もっともっとエオルゼアを楽しみたい方!

そんな方との出会いを心待ちにしております!

どうぞ私、Isyu Lailai にお気軽にお声をお掛けください!

ffxiv_20150109_1602052

~関連記事~
サスタシャでの出会い
カッパーベル支援

[ 2015/03/29 00:21 ] FF14 | TB(-) | CM(0)

ヒマワリのタネってどんなブログ?

こんにちわ!こんばんわ!おはざらす!


今日はいよいよ【プレイヤーズミーティング in Masamune】です!

今日はイフ鯖での活動はお休みして、マサムネ鯖に行ってまいりたいと思います!

そして今日のミーティングから当ブログへと足を運んでくださった方や最近当ブログに遊びにきていただいた方へ向け、今一度ヒマワリのタネについて少し紹介させていただきたいと思います!



どんなブログですか?


ffxiv_20150104_01.jpg

① 新米冒険者さん支援活動

僕や、FCヒマワリでは新米冒険者さんを応援する活動を行っております。初めてのIDが怖くて行けない、何をすればいいのかわからない、友達がほしい、なんでも構いません。

困った時は、Isyu Lailai までお声をお掛けください!

イフ鯖限定ではありますが、サスタシャへの初ダンジョンチャレンジ、サスタシャ支援も行っております。また、エオルゼアに関する質問などをレクチャーする記事も更新中です!

僕たちは、少しでも多くの方にこのFF14、エオルゼアの世界が面白い!と思っていただける事を望んでいます!


② エオルゼアって面白そうと思ってもらえるような情報発信

日々起こったことや、エオルゼアに関する豆知識、ミラージュプリズム特集やフィクション物まで、面白いと思ったことはなんでも記事にします!

面白いという基準は僕次第なので、時にはくだらないことも書きますがご容赦くださいw

そんな記事を通じて、今プレイをしている方はもちろん、まだこの世界を知らない方にも、楽しさをおすそ分けできたら嬉しいなと思います!



新米さん支援活動って?


ffxiv_20.jpg

エオルゼアに降り立った新米冒険者を待ち受ける難関、サスタシャ侵食洞

見ず知らずの人といきなりPTを組むこと、初めてのPTプレイになること、チャットによるコミュニケーション…様々なことが重なり、ここで中々踏み出せない方も多いのではないかと思います。そんなあなた。

僕と一緒にいきませんか?

IDってワクワクするところ!PTプレイって、仲間がいるって楽しい!そんな経験をしていただくために、僕らはサスタシャ支援を行っています!

興味のある方は、以下のバナーよりご参考にしていただけたらと思います!



サスタシャ支援 ~新米冒険者さん応援企画~



記事はどんなものがあるの?


【ジジちゃんの、教えて○○先生!】

ffxiv_20150121_.jpg

新米冒険者さん応援企画として始まったコーナーの1つです。

チュートリアルでは教えてもらえない設定の仕方やホットバーの使い方、クラフターの基礎など、初心者さんの知りたい内容を授業形式で書いていきます!

まだまだ記事数は少ないですが、これからも随時追加していく予定なので、初心者さん達の力に少しでも慣れれば幸いですね!



【週刊 トレンドオルゼア!】

PhotoFunia-1425.jpg

毎週土曜日発行!ミラージュプリズムを特集としたコーナーです!

私が街中で注目した方に直接インタビュー、撮影させていただいております。

”かっこいい”、”かわいい”だけがミラプリじゃない、様々な視点から考えるミラプリコーデ、是非一度ご観覧ください!

現在、第9弾+付録号まで更新中です!



【エオルゼア・アサシン’S】

tiltshift_ffxiv_20150305_2141202.jpg

サーバー間の隔たりを越えたあるアサシンの物語…。

ノンフィクションで語られる二人の目的、その結末は…?

読み物化企画第一弾です!



【その他の記事】

その他、普段の日常や雑学まで、はば広く記事を書かせていただいております!

全ての記事の一覧は以下のバナーより飛べますので、暇つぶしにご利用ください!

カテゴリ別記事一覧










最後に


まだまだ未熟なブログではございますが、ジャンルを問わずエオルゼアに関する様々な事を題材に毎日1記事更新しております!

気が向いた時で構いません、常に新しい記事を用意してお待ちしておりますので、是非遊びにいらしてくださいね!

それではみなさん、良いエオルゼアライフを!



今までご愛読してくださった皆様へ


ブログを初めてからまだ3ヶ月弱ですが、始めた当初から読んでくれている仲間達。
何かがきっかけに目にとまり、再び足を運んでくれている方々、くだらない内容の記事にもコメントをくれる読者の皆さん。
エオルゼアで直接エールを送ってくれる冒険者さんや、サーバーを越えたブログ仲間さん達。

ここまで走り抜けてこられたのは、そんなとても多くの方からの支えがあったからです!
おかげさまで、毎日記事を書くのが楽しくて仕方ありません!w

この場を借りて、改めて言わせてください。

皆様、本当に、いつもありがとうございます!!!

まだまだ駆け出したばかりの未熟者ですが、これからも変わらず頑張りたいと思います!
そしてどうかこれからも、ヒマワリのタネと、ヒマワリの僕たちをどうぞよろしくお願い致します!!

[ 2015/03/27 13:01 ] FF14 | TB(-) | CM(0)

ぽーにぃーてぇるー♪


こんにちわ!こんばんわ!おはざらす!


明日はいよいよプレイヤーズミーティングの日です!

【プレイヤーズミーティングとは?】

そしてまだアピール内容をどうするかまったくプランが立っておりません!w

なので、今日は軽めの記事にさせていただいて、そっちを少し考えさせて頂きたいと思います!



ポニーテールは…


昨日はなんと、ミニクジテンダーで2度目の1万ポイントが当たりました!!

最初の時はコツコツ貯めていたのを合わせてポチャチョコボを交換したんですよね。

なので今回は…

ffxiv_20150326_000945.jpg

ポニーテールを交換してみました!

いかがでしょう?

うーん…。

見慣れないせいかな…。

ffxiv_20150326_000951.jpg

微妙じゃない…?w

すっきりはしてて良いんですけど、なんかイマイチしっくりこない…。

ショートカットの時のビビっと来た感じがありませんねー…w

そしてなによりショックだったのが…

ffxiv_20150326_000844.jpg

ハチマキとポニーテールがかぶっちゃうんですよね…。

忍者のデモンズ頭はお気に入りなのでこれが似合わないのは…

うん…。

ないなコレは!w

おそらくもうポニーテールに戻ることはないでしょう…w

ほんとに軽めですが、今日はこの辺で!

明日は楽しむぞー!



つづけ!




FF14ブログランキングへ参加しました!
記事を気に入っていただけたらポチっとしてください!励みになります!
↓↓↓↓



カテゴリ別記事一覧


↑全記事一覧はこちら!


↑全号一覧!毎週土曜日発行!


↑全授業一覧はこちら!


↑新米冒険者さん支援活動




『サスタシャ支援』
サスタシャ支援 ~新米冒険者さん応援企画~

私たちはエオルゼアへと降り立った新米冒険者さん達を支援しています!

1人で不安な方、仲間のほしい方、もっともっとエオルゼアを楽しみたい方!

そんな方との出会いを心待ちにしております!

どうぞ私、Isyu Lailai にお気軽にお声をお掛けください!

ffxiv_20150109_1602052

~関連記事~
サスタシャでの出会い
カッパーベル支援
[ 2015/03/26 20:34 ] FF14 | TB(-) | CM(4)

これぞ匠の仕事

こんにちわ!こんばんわ!おはざらす!


最近、記事の中で”サーバーを越えた”という一文がよく登場していますね。

”エオルゼア・アサシン’S”はサーバーを越えた壮大なイタズラ計画でしたw

金曜に参加を予定している”プレイヤーズミーティング”もそうですね。

そんな中、僕のいるイフ鯖でもそんなことがありました。

トレンドエオルゼアの取材のため各地を巡った後、ヒマワリハウスに戻って来たときのこと。

画面が暗転から復帰したとき、ハウスの前に走りよる影が見えました。

またクマちゃんのイタズラか…

そう思ったけど違いました。

ffxiv_20150322_144601.jpg

クマちゃんがこんなにかわいいはずがない

そこには可憐なララフェルの姿が!

その方のお名前はトロンベさん。

なんと、マンドラ鯖より僕に会うためここまで走ってきたとのこと!

自分がサーバーを越えて何かしにいくことはあっても、サーバーを越えてこちらにまで会いにきていただけたのは初めてだったので、ものすごく嬉しかったですねw

そしてその状況がエオルゼア・アサシン’Sと少しかぶり一人でニヤニヤしていましたw

ffxiv_20150322_142816.jpg

『最初の一言目を「ラシュさん」にしようか迷いましたw』

クマちゃんの影響恐るべし…。

その後は、庭で座りながらしばらくお喋りさせていただきました!

会いにきていただけてすごく嬉しかったですw

是非今度は皆がいる時に遊びにきてくださいね!



桜のある庭


さてさて、今日のお題は今話題の桜を使った庭園です。

ひな祭りのイベントにて、ハウジングの庭用家具に桜の木が追加されました。

ヒマワリではこんちゃんが非常に頑張ってくれて満開状態ですw

この桜の木の登場に伴い、池などを配置し、日本庭園をイメージしたレイアウトが見られるようになりました。

乗るしかない…

このビッグウェーブに!

ということで、たいした試行錯誤もしないまま完成したのがこちらですね。

ffxiv_20150325_214448.jpg

なんということでしょう。

特になんの変哲もありません…w

ただ、1つだけ工夫したとするならば、”池をどうやって1つの大きな池に見せるか”という所ですね!


ffxiv_20150325_214603.jpg

池を2つ繋げて大きな池に見せたい場合、重なる部分をうまく隠さなければなりません(上図参照)

隠すものは別に何でもいいのですが、ここにウォールプランター2つがすっぽりと収まります!

するとどうでしょう。

ffxiv_20150325_214541.jpg

池の中に草花が茂るなんともいい感じになるではありませんか…。

これぞ…

匠の技


ffxiv_20150325_215551.jpg

ばん 『おい…庭めちゃくちゃになってんぞ…』

撮影のために動かしまくってたら怒られました…。

僕 『あぁ、ごめんばんちゃん戻しといて!』



つづけ!




FF14ブログランキングへ参加しました!
記事を気に入っていただけたらポチっとしてください!励みになります!
↓↓↓↓



カテゴリ別記事一覧


↑全記事一覧はこちら!


↑全号一覧!毎週土曜日発行!


↑全授業一覧はこちら!


↑新米冒険者さん支援活動




『サスタシャ支援』
サスタシャ支援 ~新米冒険者さん応援企画~

私たちはエオルゼアへと降り立った新米冒険者さん達を支援しています!

1人で不安な方、仲間のほしい方、もっともっとエオルゼアを楽しみたい方!

そんな方との出会いを心待ちにしております!

どうぞ私、Isyu Lailai にお気軽にお声をお掛けください!

ffxiv_20150109_1602052

~関連記事~
サスタシャでの出会い
カッパーベル支援
[ 2015/03/25 22:05 ] FF14 | TB(-) | CM(5)

プレイヤーズミーティング

こんにちわ!こんばんわ!おはざらす!


オンラインゲームの世界では、開発側が用意したコンテンツ以外の、プレイヤーが考案した遊びやイベントが度々行われています。

こうしたプレイヤーサイド主体のイベントのことは、”プレイヤーイベント”とも呼ばれます。

小さい規模で言えば、FC内やLS内でのイベントもこれに含まれますね。

みんなで集まってイベントをしよう!っていうのがプレイヤーイベントです。

そして今週の金曜、3月27日

マサムネサーバーにおいて、また新たなプレイヤーイベントが企画されているのを知りました。

その企画というのがこちらです。

CAd3n5zUsAIBOQU.jpg

プレイヤーズミーティング in Masamune 2015 Spring

主催者『Miina』さんのイベント詳細ページはこちら(ロードストーン)

です!



プレイヤーズミーティング、とは?


以下、イベント内容を”Miinaさんのロドストページより引用”させていただきます。

<イベントの目的>
第一の目的は「プレイヤー間の交流」です。
せっかくの MMORPG です! プレイヤー同士のコミュニケーションの輪を広げましょう!

また、前回好評を博した「特集コーナー」もありますよー!


<イベントの内容>
予めエントリーしていただいた方(または団体)で、自己紹介やアピールをしていただきます。
そのことにより、プレイヤー間のコミュニケーションを広げて頂きたいと思います!
※アピールできる内容については後述します。


そして、~『見る』『知る』『考える』エオルゼア~ と題した特集コーナーを実施!

システムによって用意された「バトル」「ギャザクラ」「クエスト」というコンテンツだけが遊びじゃない!
普段私たちが闊歩している「エオルゼアという箱庭世界」そのものが広大な遊び場なのではないでしょうか?

…という観点で、ゲストの皆さんが得意とする分野で、いつもとは違ったエオルゼアの楽しみ方を他のプレイヤーさんたちに紹介して頂きたいと思います。

~ここまで引用~


ffxiv_20150318_23.jpg

ゲストを招いたいつもと違ったエオルゼアの楽しみ方…

すごく興味ある!w

いろんな価値観や世界観、考え方を持った方々のお話が聞けそうなので、どんな展開となるのか非常に楽しみですね!

そして、飛び入り参加にて、5分間のアピールタイム(ブログやFC、その他伝えたいこと)ができるとのこと。

このアピールタイム。

参加登録して参りました

ということで、僕もこのイベントにアピール参加者として参戦してまいります!w

アピール参加の受付ですが、今日のお昼に確認した時にはあと1組で締切となっていました…。

Miinaさんのロドストページのコメント欄にて確認できるので、アピール参加に興味ある方はそちらでご確認ください!

そしてこのイベント、見学ならば誰でもOK!!ということなので、興味のある方は是非気軽にお集まりくださいとのことです!

見学してみたい方はお早めにMasamuneサーバー(グリダニア)にキャラを作成しておくことをオススメします。

ゴールデンタイムは制限かかることも多いみたいですので…。

FCヒマワリのメンバーの何名か遊びにいく予定です!

サーバーを越えたプレイヤーイベント…どんな出会いがあるのか、ワクワクしてきますね!

しかし…。

ffxiv_20150318_203946.jpg

…5分のアピールタイム…まったく思いつかん…w



つづけ!



FF14ブログランキングへ参加しました!
記事を気に入っていただけたらポチっとしてください!励みになります!
↓↓↓↓



カテゴリ別記事一覧


↑全記事一覧はこちら!


↑全号一覧!毎週土曜日発行!


↑全授業一覧はこちら!


↑新米冒険者さん支援活動




『サスタシャ支援』
サスタシャ支援 ~新米冒険者さん応援企画~

私たちはエオルゼアへと降り立った新米冒険者さん達を支援しています!

1人で不安な方、仲間のほしい方、もっともっとエオルゼアを楽しみたい方!

そんな方との出会いを心待ちにしております!

どうぞ私、Isyu Lailai にお気軽にお声をお掛けください!

ffxiv_20150109_1602052

~関連記事~
サスタシャでの出会い
カッパーベル支援
[ 2015/03/24 12:53 ] FF14 | TB(-) | CM(0)

エオルゼア・アサシン'S ~後日談~

エオルゼア・アサシン’S


tiltshift_ffxiv_20150305_2141202.jpg

エオルゼアには、人知れず闇の中で暗躍する者たちがいる。はるか東の国ではそれは”忍者”と呼ばれていると言う。その技は和の国より伝来したとされ、エオルゼアで独自の発展を遂げ、アサシンと呼ばれるようになる。そしてここにも、二人のアサシンがいた。

エオルゼア・アサシン’S ~序章~
エオルゼア・アサシン’S ~前編~
エオルゼア・アサシン’S ~後編~

…と、1つの読み物として書いたエオルゼア・アサシン’S。

蓋を開けてみればそれは、サーバーを越えたフレへと会いにいくただのイタズラ計画でございましたw

Lv1で戦闘なんてまったくなし、コンテンツの参加もまったくなし、システム上用意された物は何も使わず駆け巡ったこの企画。

しかし、企画を始め、そして実行している最中のワクワク感やハラハラ感は何にも代え難い物がありました。

さて、今日はそんな一日の裏舞台や、その後の登山部の様子などをお伝えしたいと思います!




5分前行動とは


ffxiv_20150305_211127.jpg

序章で出てくる一文にこんなものがありましたね。

・アサシンの集合は丑三つ時と相場が決まっている。
・私は5分前行動を欠かさない。


そんなに深く考えずに書いたこの一文なのですが、実はこの両方とも全く守られていませんでした…w

写真は見ての通り、真昼間で丑三つ時(午前2時)とは真逆の時刻となっています…w

そして集合時間はになってもジジちゃんが来ない来ないと思っていたら、僕のほうがベリアス鯖にいるというね…

以前にタイタンに作ろうとした時に間違ってベリアスに作ってしまっていたキャラが残っていたようで…このミスにより

10分遅刻して僕は現れました

ジジちゃん、ごめんなさいw



Lv1は、意外としぶとい


ffxiv_20150305_214229.jpg

ジジちゃんが道中敵に絡まれ、死んでしまうというシーン。

これは、僕がふと思いつき、どうしてもやりたい!と駄々をこねて撮影させてもらったものですw

本来グリダニアから出てすぐのキノコは襲ってきたりはしませんからね…w

ですがこのキノコが、なかなか弱いというか

ジジちゃんがしぶといんですよね。

中々HPが減らず、倒れるまでに結構時間がかかりましたw

そして倒れたジジちゃんの周りでエモートをいろいろ繰り返す僕。

明らかに不審者でした。



任務失敗?!


ffxiv_20150305_215247.jpg

ラベンダーベッド目前の桟橋でのシーンです。

ここで僕らはわけのわからないNPCとのイベントシーンの撮影を行っていたわけですが、このシーンについてヒヨさんの口から衝撃的な事実が語られました…。

あ、あの時の二人ってやっぱりそうだったんだ…!

実はこの時、ヒヨさんに一度姿を見られていたようなのです…w

僕らはSSに撮るのに夢中でまったく気づかず、ヒヨさんはここを通ったらしいのですが、運良くヒヨさんが名前を”イニシャル表示”にしていたため、バレずにすんだようです…w

ターゲットを合わせられていたら僕らのアサシン人生はそこで終わっていましたww



一番の修羅場


ffxiv_20150305_220348222.jpg

ジジちゃんがエモートを誤爆してしまうシーン。

これは演出でもなんでもなく

ガチの誤爆です。

ジジちゃんがエモートが回りに見えることを忘れてうっかり発動させてしまったようですw

エモートの範囲はおそらくハウス周辺全てに聞こえてしまうと思うので、この時は本当に焦りましたw

ちなみにこのオリジナルエモートは、ヒヨさん達に内緒で会いにいくときに、こっそり近づいて何かしたいねとい考えから産まれたものです。

そしてその”こっそり近づいてミッションを遂行する”というスタイルから、このエオルゼア・アサシン’Sという物語に発展していきました。



度重なる奇跡の連続


ffxiv_20150305_221604.jpg

ハウス内へ潜入するシーンですね。

潜入前、僕らはどうするべきが迷っていました。

入ってすぐに鉢合わせしたらどうするか…すぐそこいいるとすればその心構えで行かなくてはいけない…高まる緊張…。

そんな時、ヒヨさん達はゴールドソーサーに移動するという緊急事態が発生…!

しかし、僕らの行けないエリアに移動してしまったことにより”詰み”と思われたこの事態が、ハウスの中に潜伏しようという”好機”へと変わります。

ffxiv_20150305_221746.jpg

そして潜入から地下へ…。

地下で隠れる場所を探したり、人がないことを良い事にSSを撮ったりしているところ、パンさんがプライベートルームに現れるわけですが…。

よくよく考えてみると、ここで奇跡的なすれ違いが起きているんですよね。

ハウス内でログアウトした場合、ログインすると、必ずハウスの外に出された状態でログインすることになります。

つまり、ログインしてからプライベートルームに向かうためには

① ハウスの外の庭にログイン
② リビングを通ってプレイベートルームへ


という流れを踏まなくてはなりません。

つまり…

ffxiv_20150305_221149.jpg

このように、外にいた時にログインされたその時点で

アウト

更に、1階部分に潜入している時に入ってこられても

アウト

ヒヨさん達がゴールドソーサーから僕らが地下に移動するまでの時間はおよそ5分程度の出来ごと。

① ヒヨさん達がゴールドソーサーに移動
② それがきっかけに、僕らはハウスに潜入し、地下まで移動
③僕らが地下にいるタイミングでパンさんがログインしプライベートルームへ


これだけのことが5分の間に重ならなければ、どこにいてもアウトだったということなんですよね…w

今回の状況はなかなか奇跡的な状況だったのですねーw

そしてプライベートルームに突入する瞬間の、パンさん側の裏舞台も、パンさんのブログにて公開されていますので、是非そちらもお読みください!

ブログ【ぱんのひとりごと】~二人の小さな足音~



その後のお楽しみ


ffxiv_20150305_225607.jpg

その後は、皆さん揃っての歓談タイムに突入。

CF取り消してまで僕らに付き合っていただいて感謝でした…w

そしてパンさんのお部屋に来たら絶対にやってみたかったこと…

ffxiv_20150305_225249.jpg

パン 『君たちいいいい足あとおおおおお!!』

濡れた足でタタミの上を走り回る

ヒヨ 『私の部屋にはお風呂は置かないようにしよう…』

めっちゃ怒られましたけど大満足ですw

あと、ヒヨさんの声が低くてビックリしましたねww

聞いた時はすごく違和感がありましたけど、今となってはあの声でこそヒヨさんです、変えちゃダメですよ!w



登山部に入部、そして…


ffxiv_20150305_233138.jpg

その後は皆さん大好きの登山部活動へ。

色々候補はあったようなのですが、僕らがテレポできない関係で

グリダニア一択

になってしまいました、もうしわけございませんw

ffxiv_20150305_233844.jpg

登山部の部長はパンさんのようです。

建物の屋根や、マーケットボードの上などにチャレンジ!

こんなとこ登れたんだ…!

いろんな場所をめぐり楽しいひと時を過ごしていきます。

そして最後のスポットにたどり着きます。

ffxiv_20150306_0034402.jpg

場所はグリダニアのエーテライト付近のアーチの上。

ああ…今日の大冒険はここから始まったんだ。

いろんなことがあったね。

でも、同じ場所でも今は会いたかったみんなと一緒に帰ってきた…!

そんな嬉しさに浸りながら、もうすぐお別れの時間を迎えようとしていた時

思いもよらぬ悲劇が僕を襲うこととなります…。

その行方は、是非ともパンさん、ヒヨさんのブログにて書かれた記事をご覧いただければと思いますw

ブログ【ぱんのひとりごと】~二人の小さな足音~
ブログ【ひよの落書き帳】~異次元よりの来訪者~ 前編
ブログ【ひよの落書き帳】~君に捧ぐは鎮魂の歌~ 後編




最後に


長くなりましたが、これでエオルゼア・アサシン’Sの全てになります!

突然の無茶な作戦にも快く応じてくれた皆さん、そしてブログにて記事にしてくださったヒヨさん、パンさん。

皆さんのおかげで、かけがえのない素晴らしい思い出とすることができました!

本当にありがとうございましたー!

ffxiv_20150305_.jpg

FF14には、あらかじめ用意されたコンテンツがたくさんあります。

しかし、遊び方次第で、この世界はもっともっと広がっていきます。

それは時として、サーバーの垣根まで越えることも可能です!

皆さんも、一度は会ってみたいあんな人やこんな人に、思い切って会いに行ってみるのもいかがでしょうか?

きっと、新しい楽しさに出会えるのではと思いますよー!

では、これにて、エオルゼア・アサシン’S



~完全終幕~



FF14ブログランキングへ参加しました!
記事を気に入っていただけたらポチっとしてください!励みになります!
↓↓↓↓



カテゴリ別記事一覧


↑全記事一覧はこちら!


↑全号一覧!毎週土曜日発行!


↑全授業一覧はこちら!


↑新米冒険者さん支援活動




『サスタシャ支援』
サスタシャ支援 ~新米冒険者さん応援企画~

私たちはエオルゼアへと降り立った新米冒険者さん達を支援しています!

1人で不安な方、仲間のほしい方、もっともっとエオルゼアを楽しみたい方!

そんな方との出会いを心待ちにしております!

どうぞ私、Isyu Lailai にお気軽にお声をお掛けください!

ffxiv_20150109_1602052

~関連記事~
サスタシャでの出会い
カッパーベル支援


[ 2015/03/23 17:54 ] エオルゼア・アサシン’S | TB(-) | CM(4)

週刊 トレンドエオルゼア!Vol.9

毎週土曜日は『週間 トレンドエオルゼア!』


PhotoFunia-1425719597_convert_20150307182111.jpg



編集部にて


イシュ 『あ、この装備、懐かしい』

栗 『あぁこれですね、編集長も着てたことありますよね、思い入れってやつですか』

イシュ 『君は何か思い入れのある装備って、あ、ないか!』

栗 『今週もやるんですねそれ…ところでこの装備、当時はよく見かけましたが、良いデザインしてますよね』

イシュ 『僕は当時からこれ好きだったんだよ、他の装備とも合わせやすいし』

栗 『装備としては使う機会はなくなったけど、ミラプリとしてはまだまだ使えそうですね』

イシュ 『君のその服も、まだまだ使えそうだね』

栗 『このやり取りはそろそろ使えないと思いますけどね!』



エントリーNo.9 ミアさん


では参りましょう。

【エントリーNo.9】

ジョブはナイト。

ミアさんです!

PhotoFunia-1427016015.jpg

ffxiv_20150322_153752.jpg

・ミラージュプリズム詳細

武器 : ウォーウルフブレード
頭 : フレンドシップサークレット
胴 : ホプリタイタバード
手 : アレスヴァンブレイス
脚 : クレセントキュロット カラー : ワインレッド
足 : シパーヒクラコー


赤を基調にした可愛らしくもスッキリとしたコーディネートに身を包んだミコッテ、それが今日のモデルのミアさんです。

ミアさんが身にまとう装備には、エオルゼアの新旧がさりげなく織り交ぜらせています。

新しい装備だけにとらわれず、様々なジャンルから選び抜かれた視野の広いコーディネートと言えますね。

ではその詳しい内容を見ていきましょう。

ffxiv_20150322_153933.jpg

大きく目を引くのは、やはり胴装備のホプリタイタバード

これは、かつて多くのタンクが求め、そして愛用していた物ですが、今ではそのアイテムレベルゆえに見る機会は少なくなりました。

しかし、デザインはシンプルかつスッキリとしたフォルムでありながら可愛らしさもあり、ミアさんの女性らしさをさりげなく引き立てています。

更に注目なのは、それに合わせたクレセントキュロット

タバードによりキュロットの下半分だけが出る格好になり、その半分だけ見えるキュロットが可愛らしさを演出しています。

丁度、キュロットのリボンのような部分が見える丈になっているのが見事ですね。

赤を基調にした装備に合わせたウォーウルフブレード、足元にあしらったシパーヒクラコー、これもポイントですね。

ffxiv_20150322_154830.jpg

手のアレスヴァンブレイスにこだわりがあるのかと聞いたところ、実は手のミラプリは未完成とのこと…。

未完成にして、このまとまった雰囲気を作り出しているのは、ミアさんのセンスが光るところですね。

目標はPvPのライオン装備だということで、現在ではPvPにも力を入れてるとのことでした。

ffxiv_20150322_155505.jpg

ミアさんのコーディネートには、エオルゼアの時代を彩ってきた物や、その影に隠れた名品、更にはPvPに至るまで、多彩なジャンルより選ばれたものでした。

それはまるで、ミアさんがこのエオルゼアの中で生きてきた証でもあるような気がします。

そして今日も、ミアさんはその身に新たな証を纏うことを目標に、世界を駆け巡っていることでしょう。

さぁ、今度はあなたの元へ取材へ行きたいですね!

来週もお楽しみに!!



編集後の二人


ffxiv_20150117_192709_convert_20150307212506.jpg

栗 『お疲れ様でした、今回の編集長’Sポイントはどこでしたか?』

イシュ 『ホプリ胴を選んでいたこと自体もだけど、やっぱりその下に履いたクレセントキュロットだね』

栗 『たしかに、クレセントキュロットをミラプリしてるのって意外にめずらしいかもしれません』

イシュ 『セーラーブレーなんかがすごく使い勝手いいからね、でもこうやってみるとクレセントのほうが断然女性らしいというか、可愛らしさってのはすごく出るよね』

栗 『クレセントキュロットの売れ行きが伸びそうですね』

イシュ 『その前にトレンドエオルゼアの売上が伸びないとね』

栗 『そうですねwところで、編集長もホプリ胴を着ていた時期がありますよね?写真はないんですか?』

イシュ 『あるけど、見ないほうがいいと思うけど』

栗 『いいじゃないですかーw見せてくださいよーwww』

イシュ 『まぁいいけど』

ffxiv_20131128_00111.jpg

栗 『えっ…誰ですかこの男の子は?』

イシュ 『僕だよ』

栗 『何バカなこと言ってるんですかwww編集長は♀ララじゃないですかww

…………えっ??????はま……じ………ですか…???』




つづけ。



FF14ブログランキングへ参加しました!
記事を気に入っていただけたらポチっとしてください!励みになります!
↓↓↓↓




カテゴリ別一覧



↑全記事一覧はこちら!


↑全号一覧!毎週土曜日発行!


↑全授業一覧はこちら!


↑新米冒険者さん支援活動



サスタシャ支援

サスタシャ支援 ~新米冒険者さん応援企画~

私たちはエオルゼアへと降り立った新米冒険者さん達を支援しています!

1人で不安な方、仲間のほしい方、もっともっとエオルゼアを楽しみたい方!

そんな方との出会いを心待ちにしております!

どうぞ私、Isyu Lailai にお気軽にお声をお掛けください!

ffxiv_20150109_1602052

~関連記事~
サスタシャでの出会い
カッパーベル支援
[ 2015/03/22 19:18 ] トレンドエオルゼア! | TB(-) | CM(2)