ヒマワリのタネ 2015 総集編

こんにちは!こんばんは!おはざらす!!


この挨拶も何回してきたことでしょうか…。

FCメンバーには「おはざらす」って恥ずかしくないですかと言われ続けながらも、ブレずにやってまいりました。

当ブログ、ヒマワリのタネは今年一年を瞬く間に駆け抜けてまいりました。

しかしその一年は凄まじく濃密であり、この一年が僕にとって、一生忘れることのできない一年であったことは言うまでもありません。

ブログをはじめたのはちょうど今年が始まってすぐの、1日3日

そして今日は大晦日ということで、ほぼ1年間となります。

ということで、今日は、ぎっしりと詰まったヒマワリのタネの歴史を、月間ベスト3で振り返ってみたいと思います!

名づけて…。

ヒマワリのタネ 2015 総集編スペシャル!

でございますー!

あぁこんなこともあったあった!とお楽しみいただければ幸いです!

それでは参りましょう!まずは1月から!!




1月


ffxiv_20150105_212406de.jpg

◆ マイディーさんは来てくれた ~グングニルでの出会い・完~

僕のブログの原点であり、今でもFF14やオンラインゲームへの考え方などに深く影響を受けた方がマイディーさんでした。

その中でも、サスタシャ支援は僕がブログを始めるきっかけになった記事でもあり、その活動に衝撃を受けたのを今でもハッキリと覚えていますね!

そして実際に気さくにお話いていただけたことも、いろんな方を身近に感じることのできる出来事でもあります。


sousyuuen.jpg

◆ サスタシャでの出会い

サスタシャ支援の初めての参加者、ユモトさんとの出会いです!

サスタシャ支援を通じて新たな新米冒険者と出会うことの楽しさを教えてくれた出来事でした。

そしてこの時の経験が、今でも僕の初心者支援への気持ちを支えてくれています!


ffxiv_20150114_002705eded.jpg

◆ ヒマワリ新メンバー発表!

サスタシャ支援で出会ったジジちゃん。

一緒にカッパーベルにいった時は、こんなに深い仲になるなんて思ってもみなかったよね!

初めて声をかけてくれた時、僕のことをどんな人か想像しながら盛り上がってたって話しを最近になって聞いたよw

今ではヒマワリの大切なメンバーの一人、これからもよろしくね!



2月


ffxiv_20150118_015423ded.jpg

◆ シイタケは生える

ヒマワリめんばーのしいちゃんを主役とした、ブログ始まって以来の創作話ですね!

しいちゃんは普段口数も少なく、謎に包まれている部分も多いのですが、ひとたび口を開けばいつもヒマワリを笑いの渦に包んでくれるしいたけの妖精です。

そんなしいちゃんが生まれた理由を、完全フィクションでお送りいたします。

…実はちょっと、お気に入りのお話ですw


PhotoFunia-1425719597_convert_20150307182111frfr.jpg

◆ 週刊 トレンドエオルゼア!まとめページ

週間でお送りしておりました、街角インタビュー企画、トレンドエオルゼア!

この企画を通して、ほんとうに多くの方にご協力いただき、そして新たなフレにたくさん出会えました!

ヒマワリのタネを支えてきてくれた1つの柱といっても過言ではないでしょう。

終盤はまったく週間ではなくなってしまい、なかなか次回作に取り掛かれていませんが、必ず復刻しますよ!

…と、栗坊がもうしております。


tiltshift_ffxiv_20150121_00153013445cede.jpg

◆ ジジちゃんの、教えて○○先生!まとめページ

トレンドエオルゼアと同じく、シリーズものとして始まった連載コーナーですね!

実はこの企画が生まれた背景には、当時新米だったジジちゃんへの解説という意味も含まれておりました。

なので、この中で取り上げられたテーマは実際にジジちゃんが疑問に思ったことから生まれておりましたw

しかし問題は、この中での解説は僕の知識量に依存するので、早い段階で解説できることが無くなってしまったことでしたw



3月


CAEBLrWUwAALmx5.jpg

◆ シイタケはムチムチになる

しいちゃんの誕生秘話シリーズになんと続編が登場。

妖精しいたけは人の心を理解できるのか…そしてその後に待ち受ける救いのない展開とは…。

しかしこのシリーズ、まだ完結してないんですよね…w


tiltshift_ffxiv_20150305_2141202.jpg

◆ エオルゼア・アサシン’S まとめ

後に僕の相棒的存在となる、タイタン鯖のフレ、ひよさんのFCハウスへとアポなしで突撃した時の記録です。

しかし、そこには、笑いあり、涙ありの衝撃の結末が待っていた…。

サーバーの垣根を越えて出会うことの喜び、自分たちで遊びを作り出すことの楽しさを教えてくれた一日でした!


CAd3n5zUsAIBOQU.jpg

◆ プレイヤーズミーティングレポート

初めはツイッターのTLに流れてきた1つのイベント告知ツイートでした。

それに何気なく参加してみようかなと、そしてそこにひよさんも巻き込んだことが、僕のブログ活動の大きな転機となりました。

ここに参加したこと、ここで出会えた方とのつながりが、この後僕の行方を大きく左右していくことになります…。



4月


ffxiv_20150328_001512ee.jpg

◆ 祝!3ヶ月記念!!(オマケ付き)

ブログをはじめた当初から目標としていた、3ヶ月間毎日更新を達成できたときの記事ですね!

最初は1週間ちゃんと続くかどうかも疑われていましたが、3ヶ月間思い切り楽しんでいたらいつのまにか達成していましたね…w

それもこれも、そこまでに出会えた方々との楽しい思い出が背中を押してくれていたからですね!


ffxiv_20150404_181027dede.jpg

◆ 夢見る少女じゃいられない

イシュさん渾身の問題作です。

どんな記事よりもノリノリで書いていたような気がします…w


PhotoFunia-1428734268最終dee

◆ 週刊 トレンドエオルゼア!Vol.11 with ミラージュアイ!

トレンドエオルゼア初のコラボ企画!

そのコラボ相手はなんと、ブログひよの落書き長の著者、ひよさんでした。

アオルゼアアサシンズ、プレイヤーズミーティング、そしてこのコラボ企画を通して、ひよさんとは影で悪巧みをする仲となっていきましたw



5月


夢蔵1

◆ be動詞すら知らない俺が海外美女とエタバンするまでの軌跡

ある日、ツイッターでとある人物が声をかけてきてくれました。

その人物のプロフィールを見に行ってみると、なにやらブログをはじめたばかりだった様子でした。

しかしその内容は今まで見たこともない、あまりにもぶっとんだテーマで展開される代物でした。

そしてこの人物との出会いが、後々に僕のイメージを大きく変えてしまう悲劇となるのです…。


エオカフェ27

◆ エオルゼアカフェレポート

ついにヒマワリのタネのレポートはエオルゼア内にとどまらず、リアル世界へと進出します。

FCメンバーとの初の対面、そして今でも長い付き合いとなったフレ達との出会いでもありました。

エオカフェ、最高でしたね!w(この後計3回行くことになります)


ffxiv_20150530_210808.jpg

◆ ブロガーズミーティングレポート 【自己紹介編】
◆ ブロガーズミーティングレポート 【スピーチ編】
◆ ブロガーズミーティング 2015 in Titan 【まとめ】

※ 記事は6月ですがイベントは5月だったので、5月の出来事とします!

僕のブロガー活動の大きな転機となったイベントのひとつです。

ひよさんの発案から始まり、二人で企画から声かけ、司会進行からまとめまで、全力で取り組んだ思い出のあるイベントですね。

この頃はFF14自体もパッチ間が少し空き、何か自分たちがFF14を盛り上げるような力になれないかと思ったのが始まりでした。

本当にこの時があったからこそ、今の僕と、仲間がいるんだなと思えます。

ひよさん、そして集まってくれた皆さん、本当にありがとう!

そしてこのイベントは開発側の目にもとまり、第二回コミュニティ放送で紹介していただくという事態にまでなりました…w



6月


ffxiv_20150531_013650.jpg

◆ 祝!来場者数10000人突破!

3ヶ月毎日更新の次の目標がこれ、来場者数10000人でした。

最初は途方もないと思っていたこの数字…。

本当にいつも足を運んでくれる皆様のおかげで達成できたのはすごく嬉しかったですね!


ffxiv_20150614_212821.jpg

◆ 幻想薬でカウントダウン あと0日

うちのFCの幻想ジャンキー、ばんちゃんが行った、幻想薬でカウントダウンするというバカげた企画です…w

この企画の中で、イシュライライザップやオーディンなど、記憶に残る記事も生まれましたねw

最終的にカウントダウンに使用した幻想薬、その数はなんと23個…。

ちなみに、今現在での累計使用数は70個を超えるらしいですw


ffxiv_20150607_003952.jpg

◆ 一泊400ギル ~スクエニのわすれたもの~

個人部屋をレポートさせていただいた記事ですが、個人的にかなり衝撃を受けた経験でもありました。

ハウジングの可能性の深さに気づかされ、自分でもよりハウジングを楽しめるようになりましたね!



7月


ffxiv_20150706_210117.jpg

◆ 3.0の忍者を使ってみて

僕の記事には珍しく、忍者のスキル回しやアクション解説の記事ですね!

忍者くらいしか詳しくかけるジョブがなく、この内容も自己流が強くてちょっとアレなんですが、なんでこれを選んだかというとですね。

当ブログで、一番読んでいただいてる記事なんですよね!w


ffxiv_20150718_210310.jpg

◆ オンラインゲームは岩か、砂か

今読むと少し恥ずかしいですねコレw

でも、僕のオンラインゲームへの考え方はこのときと変わっていません。

オンラインゲームの楽しさを発信する身として、この考え方は変えずにやっていきたいと思いますね。


ffxiv_20150711_212508.jpg

◆ 二つの交流会

プレイヤーズミーティングをきっかけに、サーバーを越えてさまざまなイベントに参加することも増えていきましたね。

いろんなイベントに参加するたびに、新しい楽しさを発見してきました。

これからも、いろんなサーバーに遊びにいってみたいですね!



8月


DrKWt4oUhr.jpg

◆ 14時間生放送レポート!(前編)
◆ 14時間生放送レポート!(後編)
◆ 14時間生放送レポート!(記事まとめ)

8月の出来事といれば、やはりこれをはずすことはできませんね…w

僕のブロガー人生において、というか僕の人生そのものにおいて転機になるような出来事でした…w

突然、スクエニから連絡が入り、その内容を見た時は目を疑いました…。

14時間生放送の現場に入れる、それがどれほど貴重な経験だったかは言うまでもありません。

直接開発スタッフと話し、そこから感じ取れたFF14への情熱は、僕のこの世界へ対する想いを特別なものへと変えました。

そして数々のブロガー仲間と実際に話すことで、その絆はよりいっそう深いものへとなりました。

今思い出してみても、こんな場所に自分が行ったのかと、不思議な気持ちです…w



9月


ffxiv_20150819_224040.jpg

◆ ブログ始めました!

ブロガーとして活動をしていると、いろんなところを声をかけていただくことがありました。

それももちろんすごく嬉しいことですが、中には、「私もブログはじめました!」なんて報告をしてくださる方も多かったんですよね。

その中には僕のブログを見たのがきっかけでなんて方もいらっしゃって、すごく嬉しかったのを覚えています。

これからも、ブログが楽しいものだと思ってもらえるような記事を書いていきたいですねー!


ffxiv_20150831_234522.jpg

◆ ロールプレイの魅力

なにかになりきってプレイする、RPGのそんな楽しみを考え始めた時の記事ですね!

こうしたらもっとこの世界は楽しくなっていくんじゃないか、そんな考えを巡らせていた時期です。

これが後に、新生秘話シリーズのきっかけになりました。


ffxiv_20150915_234815.jpg

◆ せめて美しく散れ…。

ノリノリで書いたシリーズです。

当時はロイヤルアソリティでかっこいいSSを撮るのが流行りましたよねーw

そんな時事ネタを思い出させてくれる記事ですw



10月


OV6lvkfewRuSKub1444811150_1444812118.jpg

◆ 新生秘話

新しく始まった新シリーズ、新生秘話。

自分のキャラが、エオルゼアの中で実際に生きていたらどんな人生を歩んでいるのだろう?

そんな疑問から妄想を膨らませ、ストーリー化した創作話ですね。

今のところ黒歴史は免れている…と思いたいですねw

しいたけ物語といい、夢見る少女といい、創作話って結構すきなのかもしれません…w



201510262150470b9de.jpg
◆ 3万ヒット記念 アクセス解析!

ブログをはじめたころ、目標としていた10000アクセスを遥かに超え、ついにことの時には30000アクセスを突破しました!

本当にたくさんの方に読んでいただき、嬉しく思うと共に、これからもがんばっていこうという元気をもらえた瞬間でした!



11月


ffxiv_20151028_222956.jpg

◆ 禁断の恋の行方

エタバンの祝辞を行うのも2回目とあって慣れたものです。

しかもそれが自分のFCのメンバーとなれば楽しまずにはいられません。

しかし、その中身はアレ同士ですからね、世の中いろんな愛の形があるものです。

にしても、エタバンって本当に挙式に参加してるみたいで楽しいですよねw


ffxiv_20151114_190202.jpg

◆ LoVM講座

パッチ3.1で追加されたゴールドソーサーの目玉、ロードオブヴァーミニオン!

今までやったことのないそのゲーム性にどっぷりハマってしまいましたねw

まだまだこれから面白くなっていってくれないかなぁ…w


ffxiv_20151128_220926.jpg

◆ 冒険の始まり

久しぶりに僕の元へサスタシャ支援の以来メッセージが届きました。

新米冒険者さんといくサスタシャの面白さはブログを始めた当初とまったく変っていません。

新たにこの地を踏む新米冒険者さんとの出会いを、これからもお待ちしておりますよ!



12月


ffxiv_20151205_223242.jpg

◆ 君の瞳にファイナルヘヴン
◆ プレイヤーズミーティング 2015 Winter 関連記事一覧

僕のブロガー人生の転機となったあのプレイヤーズミーティングが再び!

今回はあの時と違い、1人ではなく、ひよさんとの2人でエントリーで参加できたことがすごく嬉しかった!

僕らにとってプレイヤーズミーティングは、様々な可能性が広がったまさに原点と呼べる舞台です。

その舞台を少しでも盛り上げられれば、その可能性を少しでも伝えられればという思いで参加した特別な場所です。

その場所に2度、今回はひよさんと二人で立てたことは、僕にとってすごく嬉しいことでした。

ブロガー仲間から、親友へ、そして今は相棒へ、そんな感じだねw


ffxiv_20151230_134424.jpg

◆ 復帰のご報告

今年を締めくくる最後の記事がこれってどうなの?w

ほんとにこのタイミングでのPC全損には参ったなぁ…w

なにはともあれ、早い段階での復帰ができてよかった良かった…w



一年を振り返って


今回の記事を書きながら、一年間書いてきた記事を読み返してきましたが、本当にこの1年間は濃い一年でしたね。

取り上げなかった記事にも、思い入れのある記事、そして思い出がたくさんありました。

ブログを始めた頃は思いもよらなかったことの連続で、つらかった時もあったけど、そんなこと忘れてしまうほど嬉しいことばかり経験させてもらった一年でした!

ブログを始めていなかったら出会っていなかったフレってほんとにたくさんいるんですよね。

お互いに高めあってきたブロガー仲間たち、ツイッターでバカ騒ぎする仲間たち、ブログを支えてくれる読者さん達、ブログ活動を通じて出会えた素敵な方々達…。

そういうことを思い出しても、本当にブログを始めてよかったなって思います。

ffxiv_20151230_135205.jpg

1年間、本当に本当にありがとうございました!!

そして来年も、変わらずにこの世界の楽しさを発信していければいいなと思います!

こんな僕ではありますが、来年もまた、どうぞよろしくお願い致します!!!

それでは皆様、良いお年を!
スポンサーサイト
[ 2015/12/31 17:26 ] 未分類 | TB(-) | CM(1)

復帰のご報告


こんにちは!こんばんは!おはざらす!!


みなさん、お久しぶりです!

世間では、イシュさんがパッタリと姿を見せなくなり、ひょっとして…なんて噂も囁かれたりしたとかしないとか…。

安心してください、生きてますよ。

いやでも、ほんと久しぶりですね…。

こうしてパソコンに触れるのは…w

何があったかといいますとね。

ffxiv_20151230_134424.jpg

パソコンが壊れたんです。

10日ほど前でしょうか、PCの電源がまったく入らなくなり、どうにもこうにもお手上げでPCショップへと持ち込んだのですよ。

そこでまず言われた一言がこれです。

検査するのに1週間ほどお預かりさせてください。

もうこの時点で目の前真っ暗ですよね…その間FF14ができないというのとイコールですから…w

しかしPCの知識はまったくなく自分でどうこうもできないので、泣く泣く点検をお願いしたんですね…。

その間ですね。

ffxiv_20151230_134704.jpg

PS3でやってました…w

FF14をはじめた当時はPS3でやっていたのを思い出して、埃をかぶっていたPS3を引っ張り出して再インストールから…。

問題なく起動できたものの、1つ問題がありますよね。

当時使ってたものということは、当然、蒼天のイシュガルドはインストールされてないわけです。

ええ、もちろん買いましたよ。

蒼天のイシュガルドPS3版をね!w

そんなこんなで、なんとかPS3で生きながらえていたのですが、問題はPCのほうの検査結果ですよ。

一週間とされていたんですが、早く原因がわかったとのことで2日くらいで電話がきたんですよ。

結果はですね。

マザーボードと、CPUが焼きついてますね、電源も挙動が不安定です。

つまりですね。

PC丸々買い替えとなりました…w

そんなこんなで、復帰までにかなりかかってしまいました…w

実はまだ新PCも本調子ではなく、ちょいちょいうまくいってない部分もあるんですが、ひとまずはFF14に復帰と、状況が落ち着いてきたので、久しぶりにこちらにも復帰しました!

さて皆さん。

ffxiv_20151230_135205.jpg

年末ですね!!ww

PC問題に翻弄されていたらもういつのまにか今年が終わりそうです…w

この1年間、本当にいろんなことがありました…。

ひよさんのこちらの記事を見ていると、本当にニヤニヤしてしまうことがいっぱいですw

今年という一年をSSと共に振り返る:上半期(記事リンク)
今年という一年をSSと共に振り返る:下半期(記事リンク)

ということで、ちょっと次回の記事では、この1年間を振り返ってみたいと思います!

ヒマワリのタネ、1年間総集編!

ぜひお楽しみに!

[ 2015/12/30 13:31 ] FF14 | TB(-) | CM(1)

アニマウェポン製作 まとめ!



◆ アニマウェポンストーリー

831d4b3d1e1d8e0f29049cd7a4181cb6d2544a23_0.png

◆ 第一段階
クエスト名 : その名をアニマウェポン
ロウェナ : イディルシャイア (X:5 Y:5)
※ メインクエスト「蒼天のイシュガルド」をコンプリート済みであること。

話を進めて行くと、次のクエストに「新たな武器の創造を」に進みます。ここからがいよいよアニマウェポン作成開始です。

< 内容 >
星極のクリスタル霊極のクリスタルを入手する。

それぞれのクリスタルは、特定のエリアでのFATEに参加することで希に入手できます。

発光性アイスクリスタル : クルザス西部高知FATE
発光性ウィンドクリスタル : アバラシア雲海FATE
発光性ファイアクリスタル : アジス・ラーFATE
発光性アースクリスタル : 高知ドラヴァニアFATE
発光性ライトニングクリスタル : ドラヴァニア雲海FATE
発光性ウォータークリスタル : 低地ドラヴァニアFATE

必要数 : 6種類の発光性クリスタル x 3個ずつ

※ ただし、ゾディアックウェポン・ゼータを持っている場合、それを星極クリスタルと霊極のクリスタルに交換することが可能です。


◆ 第二段階
クエスト名 : 英雄の軌跡
アルダシール : アジス・ラー

< 内容 >
指定されたダンジョン10箇所を、アニマ武器を装備した状態でクリアする。

制限解除でも可能なため、LV50制限のIDまでは同じ目的の4人で突入するのがオススメです。
クリア判定はIDを退出する時のようなので、ボスまでは他の武器で進むのも可能ですが、装備忘れ防止のために最初から装備しておくことをオススメします。

指定されるIDは以下の通り。

① スノークローク
② サスタシャ ハード
③ カルン ハード
④ 黙約の塔
⑤ ワンダラーパレス ハード
⑥ 古城アムダプール ハード
⑦ ダスクヴィジル
⑧ ソーム・アル
⑨ ドラゴンズエアリー
⑩ 教皇庁



◆ 第三段階
クエスト名 : 煌めくアニマウェポン
アルダシール : アジス・ラー

< 内容 >
「エンチェントラバー」、「アラグの上級硬化薬」、「神聖水」、「アラグの上級魔触媒」の4つを入手する。

上記のアイテムを手に入れるには、以下のアイテムを用意する必要があります。

・エンチャントラバー
   謎めいた骨片 x 20
   アダマンフランシスカHQ x 4

・アラグの上級硬化薬
   謎めいた貝殻 x 20
   チタンアロイミラーHQ x 4

・神聖水
   謎めいた原石 x 20
   破魔矢HQ x 4

・アラグの上級魔触媒
   謎めいた x 20
   ブリオッシュ・デ・ロワHQ x 4


◆ 謎めいた○○の入手方法

謎めいた○○は、それぞれ対応する物と交換することができます。選択肢が5つあるので、自分にあった方法で集めていきましょう。

・謎めいた骨片
   詩学680
   アマルジャ鋼鉄刀貨 x 13
   バヌバヌ白骨貨 x 18
   高精度ゴルディオンボルト x 10
   同盟記章 x 1000

・謎めいた貝殻
   詩学680
   サハギン虹貝貨 x 13
   バヌバヌ白骨貨 x 18
   高精度ゴルディオンレンズ x 10
   宝の地図G6~G8

・謎めいた原石
   法典680
   コボルド鏡鉄錘貨 x 13
   バヌバヌ白骨貨 x 18
   高精度ゴルディオンスプリング x 10
   宝の地図G6~G8

・謎めいた種子
   法典680
   シルフ金葉貨 x 13
   バヌバヌ白骨貨 x 18
   高精度ゴルディオンシャフト x 10
   同盟記章1000

トークンでの入手方法に、詩学法典の2種類があることに注意してください。

高精度○○シリーズはアレキサンダー各層のクリア時に取得できますが、アレキサンダーでは詩学は入らないため、詩学での交換品に対応している1層から始めるのがオススメです。

最も苦労するのは、詩学の交換品で、アレキサンダーで最も時間のかかる2層に対応している謎めいた貝殻でしょうか…。

僕は蛮族デイリーもイクサルしかやっていないので、今からどうやって集めようか悩むところです…w


◆ 各HQ品の入手方法

要求されるHQは全てクラフターの作成で入手できます。ただし、全てマイスターレシピのため、全てを自作することはできません。

各レシピは以下の通りです。

・アダマンフランシスカ(鍛冶師マイスター)
   プテロダクティルスストラップ(革細工師)
   アダマンナゲット
   バーチ材

・チタンアロイミラー(錬金術師マイスター)
   チタンアロイプレートレット(甲冑師マイスター)
   聖水
   硬銀砂
   硫酸

・破魔矢(木工師マイスター)
   祝福された矢羽根(裁縫師マイスター)
   ハロードチェスナット材
   ハードシルバーナゲット

・ブリオッシュ・デ・ロワ(調理師マイスター)
   モグモグフェーヴ(彫金師マイスター)
   ハイランド小麦粉
   ヤクの乳
   オーケアニスの卵
   バーチシロップ
   タイニークラウン


作成に必要な加工精度は589以上となっていますが、作成開始をするだけならともかく、HQを狙うとなるとかなりの苦労を強いられるようです…。

作成に挑戦するか、マーケットで購入するか、また作成する場合はその手間や利益などを天秤にかけて、自分に合った方法で入手しましょう。

全ての素材を手に入れるのにどれほどの時間がかかるか今のところ検討もつきませんね…w

だからこそ完成したときの喜びも大きくなるというものです!

始めなければ終わりません、終わりまでやれば終わります(錯乱

さぁ、頑張っていきましょー!w







FF14ブログランキングへ参加しました!
記事を気に入っていただけたらポチっとしてください!励みになります!
↓↓↓↓



カテゴリ別記事一覧


↑全記事一覧はこちら!


↑全号一覧!毎週土曜日発行!


↑全授業一覧はこちら!


↑新米冒険者さん支援活動




『サスタシャ支援』
サスタシャ支援 ~新米冒険者さん応援企画~

私たちはエオルゼアへと降り立った新米冒険者さん達を支援しています!

1人で不安な方、仲間のほしい方、もっともっとエオルゼアを楽しみたい方!

そんな方との出会いを心待ちにしております!

どうぞ私、Isyu Lailai にお気軽にお声をお掛けください!

ffxiv_20150109_1602052

~関連記事~
サスタシャでの出会い
カッパーベル支援
[ 2015/12/16 17:54 ] FF14 | TB(-) | CM(2)

重要なご報告


こんにちは!こんばんは!おはざらす!


さぁ~皆さん、12月も中旬ですよ、えぇ。

今年も残すところあとわずか、皆様はどんな1年を過ごしてきたでしょうか?

最近ですね、ちょっと色々物思いにふけってると言いますか、いやそんな深刻なこととかではないんですけど。

ほら、あれなんですよ、もうすぐですね。

ffxiv_20150910_233901 - コピー

ブログを始めてから1年になります!

1年だから特別何かあるってわけじゃなくて、ちょっと別の要因も重なったりしまして。

この1年をずーっと振り返ったりしているんですよね。

最初は1週間続くのか?とFCメンバーからも疑われたのが、気づけばもう1年になろうとしています。

この1年の間にも本当にいろんなことがありましたね。

初心者支援を通じて新たな仲間と出会ったり、黒歴史の創作物語に勤しんだり、いろんなイベントをレポートしてきたり…。

僕のFF14は、このブログをなしには語ることのできないものとなっていきました。

なぜそれを今振り返っているのかというと、今後のブログの更新について、ちょっと悩んでいる事がありまして…。

ffxiv_20150904_181447.jpg

リアルのほうの諸事情で、どうしてもブログにかけれる時間というのが少なくなってしまったのです。

結論から言ってしまえばですね。

更新ペースを週1~2くらいに、と。

そんなの書く人の自由なんだから好きにすればいいじゃんと思う方も多いと思います。

しかし、これがなかなか僕の中では大きな決断でして…w

更新ペースを少し落とすことが、今の自分にとって一番楽しく活動を続けていけることかなと思った次第です。

ffxiv_20151112_205502.jpg

でもですよ!

ブログを書きたいという気持ちや、FF14に対するモチベーションは今までとまったく変わりありませんし、これからも活動は続けていきます!

FF14内での活動やツイッターでは今までとなんら変わらないと思いますw


更新頻度は落ちてしまいますが、皆様にはどうぞこれからも…。

ヒマワリのタネを、よろしくお願い申し上げます!

今日は簡単にではありますが、ご報告まで!

それではまた!



つづけ!










[ 2015/12/14 19:37 ] FF14 | TB(-) | CM(0)

プレイヤーズミーティング 2015 Winter 関連記事一覧

フリカンランク

プレイヤーズミーティング in Masamune 2015 Winter!

関連記事一覧です!(ブログ、HP関連)


◆ 当ブログ記事
君の瞳にファイナルヘブン
イシュ&ひよのエオルゼアラジオの興奮を再び!今一度お楽しみください。


◆ ひよの落書き帳 : ひよさん より
プレイヤーズミーティング2015 Winter レポート
続!プレイヤーズミーティング2015 Winter レポート
特!プレイヤーズミーティング2015 Winterレポート
終!プレイヤーズミーティング2015 Winterレポート
イシュひよコンビのひよさんによるレポートです!相変わらず読み応え抜群!
僕らがプレイヤーズミーティングにかけた思いの全てが詰まっています!


◆ めがねや! : たけおさん より
「プレイヤーズミーティング 2015 Winter」レポート記事リンク集(随時更新)
第3回プレイヤーズミーティング終了! (現地動画)
動画により、現地での雰囲気をバッチリお届けしてくれています。実際の雰囲気を味わいたい方は必見です!
そしていつも本当にお世話になっております!w
また、ロドスト記事もまとめてくださっているのでそちらのほうも是非ご覧ください!


◆ Moon Gravity : みいなさん(主催) より
プレイヤーズミーティング 2015冬 お疲れ様でした!
主催のみいなさんより、参加された全ての方へのご挨拶です。
参加してくれた方がいてこそと言いますが、みいなさんが主催をしてくれたからこそ、皆は集まったのです!
いつも素敵なイベントをありがとうございます!


◆ だって にけだもん : にけさん より
PLAYERS MEETINGにいってきた!
当日のアピール部門、ゲスト部門と全体を通してまとめてくれています!
短すぎず長すぎず、まとめ方が絶妙…!そして見やすい…!


◆ はばたけ!リムサっ子 : みよよさん より
プレイヤーズミーティング in Masamune 2015 Winter (アピールの部)
アピール部門の内容をまとめてくださっていますが、なんとこれ、当日リアルタイムで編集されたものなんですよ…。
生放送の時もそうでしたが、みよよさんの編集能力の高さは凄まじいです…w


◆ FF14ほうせき箱 : ジェミーさん より
プレイヤーズミーティングに参加しました! ログ編
チャットパフォーマーの第一人者、ジェミーさんによるアピール内容が公開されています!
ログにしてみるとすごい量…これを手打ちでやり遂げるんですから、やはりただものではない…w


◆ まったり勧めるFFXIVライフ : 絶華さん より
【ユーザーイベント】 プレイヤーズミーティング 2015 Winter 【FF14】
絶華視点で見たミーティングがまとめられていますが、ご自身のアピール内容を載せていないという謙虚さ…!
ということで、僕のほうから宣伝しておきます!下のリンクより是非ご観覧ください!(宣伝文句は勝ってに考えました)
Eorzea Travel ~この世界の美しい姿と共に、旅をしよう~


◆ FORTUNE HOUSE OB "FINAN" : フィアナさん より
プレイヤーズミーティング2015冬に参加しました
占いの館ふぁいなんで有名なフィアナさんの、プレイヤーズミーティングに参加するまでの裏舞台が描かれています。
誰も知り得なかったそのこだわりっぷりには脱帽です…!w


◆ ギャザラークロック作成者 : フェスさん より
プレイヤーズミーティング当日全ログ公開ページ
ギャザラークロックの作成者でもあるフェスさんが、今回のミーティングのログの全てを特設ページで公開されています。
記事を書く時のお供として非常に役立たせていただきました…!w


◆ とろさんぽ in FF14 : とろんべさん より
プレイヤーズミーティング2015 Winter レポート。
それは、プレイヤーズミーティングに隠されたもう1つの顔…僕らは知っておかなければならない…。
人知れずこのイベントを戦いぬいた戦士がいたことに…。



(※ 新情報が入り次第、随時更新中)

[ 2015/12/09 13:03 ] FF14 | TB(-) | CM(0)

君の瞳にファイナルヘヴン


こんにちは!こんばんは!おはざらす!


つい先日、告知していた通りあのイベントへと参加して参りました!

フリカンランク

プレイヤーズミーティング in Masamune 2015 Winter

イベント概要はこちらから (記事リンク)


みいなさん主催のプレイヤーズミーティングに参加させていただくのは今回で二度目。

僕のブロガー人生を語る上では絶対に外すことのできないイベントです。

今こうしてブログを続けてこれたのも、このイベントに参加したからと言っても過言ではありません…。

そんなプレイヤーズミーティング、二度目の参加ということもあり、一度目の参加とはまた違った気持ちで挑むこととなりました。

ミーティングへと参加するきっかけは、ひよさんのある一言がきっかけでした。

イシュさん、私と一緒に出てみない?

自分も参加するから僕も出てみない?ではなく、なんとそれは、同じ発表者として一緒にコンビで出ようというものでした。

考える間もなく僕は気づいたら返事をしていました…。

いいね、出よう。

こうして僕らの第二回プレイヤーズミーティングへのエントリーは決定したのです…。

ffxiv_20151205_223242.jpg

本当は打ち合わせの裏話や、僕らがプレイヤーズミーティングにかけていた思いなども、後日談として公開してみたいのですが、それはもう少し後としましょう。

今日は、今回の僕らがお送りした、生放送ラジオ番組

その名も…。

エオルゼアレィディオ!君の瞳にファイ!ナル!ヘヴン!

の全貌を、今一度お楽しみいただければと思います。

それでは、エオルゼアラジオ、まもなく開演です。



(…準備OK?)

(じゃあ、行きます。さん…に…いち…)



ffxiv_20151207_213107.jpg

イシュ : は~い始まりましたよー!新番組エオルゼアレィディオ、君の瞳にファイ!ナル!ヘヴンー!

イシュ : わたしパーソナリティーのDJイシュ・ライライと~?

ヒヨ : DJヒヨ・レインズでーっす!

イシュ : ええ~だれええ?なんなのおお???

イシュ : なんて顔の方もちらほら見えておりますけどねー。

ヒヨ : あのー、大丈夫でしょうかね?やらせていただいても?

イシュ : まぁいいよ、やってみろなんて方はね、暖かい拍手をなんか頂いても?

ヒヨ : はい、パチパチパチパチ。

イシュ : まぁね~拍手の量が多くても少なくてもやっていくんですけどね~。

ヒヨ : そんな感じでね、今日は皆さんから寄せられた質問に答えていきたいと思いまぁ~す!


xbeuhdwsdjkw333.jpg

ヒヨ : それじゃまず最初のお葉書!

イシュ : ラジオネーム、「恋するウサギちゃん」さん。

イシュ : 「イシュさん、ヒヨさん、こんばんは。」

ヒヨ : はい、こんばんは。

イシュ : 「私はずっと好きな人がいるのですが、種族が違うので思い切りが持てません。背中を押してくれませんか?」

ヒヨ : いいよ~ウサギちゃん、青春してる、好きですよこういうの。

イシュ : まぁこの世界ほら、耳が生えてたり、角が生えてたり、胸がなかったりしますからね~。

イシュ : やかましいわ。

ヒヨ : ありきたりだけどほら、愛に国境はない!愛があればなんでもできる!ご唱和ください!

ヒヨ : いち!に!さん!イダー!

ヒヨ : 言うてますけどねー、ウサギちゃんどうですかね?

イシュ : あぁお手紙に2枚目がありました。

イシュ : 「紫の身体に大きな瞳がキュートで今にも食べちゃいたいです」

ヒヨ : あ~…それね、あれですよね、シルフ。

イシュ : しかもテンパードのほうね。

ヒヨ : うん、頑張って。はい次!

ffxiv_20151207_213459.jpg

イシュ : ラジオネーム、「上司が仕事の鬼でっす」さんからのお手紙。

ヒヨ : うん、タタルさんだよねそれ。あ、言っちゃいけないやつ?はいはい…。

イシュ : 彼女さ、最近調子に乗ってると思うんですよ。

ヒヨ : それ言っても大丈夫?タタルさんファンすごいから怖いよ?ネットの力って怖いよ?

イシュ : やっぱ黙ります。お手紙読みます。

イシュ : 「イシュさん、ヒヨさんこんにちは、お久しぶりでっす」

ヒヨ : はい、こんにちは。昨日お会いしたばかりなんですけどね。

イシュ : 「いつもブログ見ています」

ヒヨ : そうそう、ブログね。ありがたいですよねまったく。

イシュ : ええ~ブログうう??なんて顔の方がいらっしゃいますけどね~そうなんですよ。

ヒヨ : 私たちブロガーの端くれでしてねー。

イシュ : 「ヒマワリのタネ」、うん。

ヒヨ : 「ひよの落書き帳」、ね。

ヒヨ : まぁそんなことは今どうでもいいんですよ。今はそう、えーなんだっけ?

ffxiv_20151207_2134213333.jpg

イシュ : 「最近仕事のお供(おやつ)が切れてしまいまっした、なにかオススメはありまっすか~?」

ヒヨ : あ~はいはい、おやつね、ほら、あれですよ。

ヒヨ : 雪の宿 VS ぽたぽた焼き。

イシュ : そうそれね、永遠のテーマでしてねぇ~これは。

ヒヨ : せんべい界の終わりなき冷戦!なんて言われてますよね~。

ヒヨ : ちなみに私は雪の宿派です。

イシュ : 同じく雪の宿派ね。

ヒヨ : はい完全決着。

ffxiv_20151207_213324.jpg

ヒヨ : ではでは続けて3通目のお葉書でっす。

イシュ : ひよさん、タタル口調うつっちゃってるよ?

ヒヨ : ラジオネーム「別名赤い彗星」さんからのお便り。

イシュ : 赤い彗星ってシャ○だよね?別名ってことはあの人?

ヒヨ : ラハブレアさんだねこれ…。

イシュ : あえての赤い彗星ね…でもこの人って…。

ヒヨ : 皆まで言うな…!

イシュ : あ、はい、そうですね!ではお便りお願いしまーす!

ffxiv_20151207_213624.jpg

ヒヨ : えー、「イシュさん、ヒヨさんこんばんは」

イシュ : はーい、こんばんわー!

ヒヨ : 「昔食いちぎられた左腕の傷がいまだに痛みます。」

イシュ : ちょっと待って。ちょっと…うん?え?

イシュ : それ、シャン○スさんじゃない???

ヒヨ : というかこれ声優の池田さんでは?

イシュ : 間違いないね、というか悩みの内容は??

ヒヨ : 「なぜ言った通りにしないんだ!と吠える上司がいます。何と言えば納得してもらえますか?」

ヒヨ : え~、そうですねぇ…。

イシュ : 時間残りわずかになってきたから、手短に!

ヒヨ : では…そんな上司にはこう言ってやればいい。

ヒヨ : ぼうやだからさ!

イシュ : まぁ、それしかないよね。

ffxiv_20151207_213300.jpg

ヒヨ : あと最後にちょっといいかな?

イシュ : ん、なに?

ヒヨ : 今日こんなんやらせてもらってますけどね、すごく不安に思ってることがあって…。

イシュ : なに?なんなん?急にシリアスなって…。

ヒヨ : こうやってみんなの前でお話できるのってほら…最後かもしれないだろ?

ヒヨ : だから、全部話しておきたいんだ…。

イシュ : だからなにを?

ヒヨ : 一つだけお願いがあります。

ヒヨ : 「ヒマワリのタネ」と「ひよの落書き帳」のこと…。

ヒヨ : 時々でいいから、思い出してあげてください。

イシュ : うん、言いたいだけだよねそれ。

ffxiv_20151207_220442.jpg

ヒヨ : さぁということでね、丁度お時間となってしまいました!

イシュ : まぁ今回第一回放送となりましたけどね、また次回、次回ってあるの?

ヒヨ : そうですねぇ、次回があればまた皆さんにお会いしたいですねー!

イシュ : それじゃ今日はこの辺で!

イシュ : ばいば~い!

ヒヨ : さようなら!

イシュ : (…さようならだっけ?!






いかがでしたでしょうか?w

ギャラリーの皆さんが本当に暖かく反応してくださり、僕らもすごく楽しんでアピールすることができました!

次回を期待してくださる声もいただき、嬉しい限りですw

第二回放送…どこかでやれるといいね!w

ffxiv_20151206_011738.jpg

そしてこの場をお借りして、主催をしてくれたみいなさん、一緒に参加してくれたひよさん、アピールやゲストで参加された皆さん、そして一丸となって楽しんでくれたギャラリーの皆さんに

心よりお礼を申し上げます!

このプレイヤーズミーティングというのは、僕にとってものすごく特別な意味を持っています。

僕がこの世界で活動していく上で、新たな楽しみ方、思いもよらぬ考え方、そして大事な仲間と出会わせてくれたかけがえのない場所です。

そんな舞台に二度も立たせていただいたことに、本当に感謝しております!

さて…。

みいなさん、次回はいつですかー?!w



◆ プレイヤーズミーティングを動画で振り返る
撮影 : めがねや!より たけおさん

僕らのアピールは1部の1’44’00あたりからです!





◆ お詫び

諸事情により、参加された皆さんの全てをレポートする記事を書き上げることが難しく、自分のことで精一杯な状況です…。

僕が今回プレイヤーズミーティングを記事は今回の記事がメインになってしまいそうです…。

他の方のレポート記事は随時読ませて頂いており、そちらのほうをまとめたページを作成させていただく予定です!

また、僕らのアピールの舞台裏やプレイヤーズミーティングに対する考えなどの後日談記事は必ず書きたいと思います。

参加された皆様の魅力を是非ともお伝えしたいのですが、力及ばず申し訳ございません…!





FF14ブログランキングへ参加しました!
記事を気に入っていただけたらポチっとしてください!励みになります!
↓↓↓↓



カテゴリ別記事一覧


↑全記事一覧はこちら!


↑全号一覧!毎週土曜日発行!


↑全授業一覧はこちら!


↑新米冒険者さん支援活動




『サスタシャ支援』
サスタシャ支援 ~新米冒険者さん応援企画~

私たちはエオルゼアへと降り立った新米冒険者さん達を支援しています!

1人で不安な方、仲間のほしい方、もっともっとエオルゼアを楽しみたい方!

そんな方との出会いを心待ちにしております!

どうぞ私、Isyu Lailai にお気軽にお声をお掛けください!

ffxiv_20150109_1602052

~関連記事~
サスタシャでの出会い
カッパーベル支援
[ 2015/12/07 19:57 ] FF14 | TB(-) | CM(2)

プレイヤーズミーティン 2015 明日開幕!


こんにちは!こんばんは!おはざらす!


今日は偶数金曜日ということで、いつもはお休みさせて頂いているのですが、大事な告知があるのでご報告です!

明日、12月5日(土)、21:00…。

Masamune鯖のラベンダーベッドにて…。

あのイベントが帰ってきます…。

フリカンランク

そう…プレイヤーズミーティングが…!!!

ということで、まずは初めての方にもどんなイベントなのかということを知って頂きたいと思います!


◆ どんなイベントなの?

第一の目的は「プレイヤー間の交流」です。
せっかくの MMORPG です! プレイヤー同士のコミュニケーションの輪を広げましょう!

※みいなさんのロドストページより引用

その名の通り、各鯖より様々なプレイヤーが集まり、それぞれが考える楽しさを共有しようというイベントです!

鯖を越えて交流することの楽しさ、新たな魅力の発見の連続があなたを待っています!


◆ プログラムは?

プレイヤーズミーティングは大きく分けて、2つのプログラムがあります。


① エントリーしたプレイヤーによるアピールタイム

Ew4uEw9nAETmr_81449229761_1449229842.jpg

このイベントの大きな特徴として、応募さえすれば一般参加でもみんなの前の舞台に立てるというところです。

まだ知られていないこんな遊び方があるんだよ、自分はこんな事をエオルゼアでしているよ、僕のブログ見てね!

アピールする内容に制限はなく、どんなアピールが飛び出すかは未知数…!

中には、3キャラ同時操作でイリュージョンパフォーマンスをした方もいましたねw

かく言う僕も、前回のアピールに参加し、ブログの宣伝をさせていただきました!

今回はどんなアピールが飛び出すのでしょうか、楽しみですね!


② ゲストによるトークショー

qEWYiERiF080OvM1449229872_1449230426www.jpg

1つのテーマにそったゲストをお呼びし、そのテーマについて語っていただくトークコーナーです。

今回のテーマはなんと、「攻略支援サイトの裏側に迫る!!」ですw

実際に語っていただくのはこの御三方!


◆ ERIONES
Erio Clines さん (Tonberry) / エリオさん

◆ the Hunt
Mozk Taberenai さん (Masamune) / もずくさん

◆ Gatherer Clock
Fees Linecru さん (Masamune) / フェス・リネクルさん


誰もが一度はお世話になったことのある顔ぶれではないでしょうかw

ERIONESさんやthe Huntさんには本当にいつもお世話になっております…w

そんな攻略支援サイトの裏側のお話とは…一体どんなものなのでしょうか…!

これは気になるッ!!!



以上、2つのプログラムにより構成されるプレイヤーズミーティング!

ギャラリーとしての参加は自由ですよ!

今からでも間に合いますよ!

さぁ今すぐ、Masamune鯖で、レッツ・キャラメイク!


あ、もう1つ、魅力的な情報をお届けしておきますね。

プログラム1の、エントリー者のアピールタイム、ありますよね。

イシュさんは今回出場しないんですか~見たいですよ~なんて声がちらほら聞こえて(幻聴)きますけどね。

ffxiv_20151203_230602.jpg

今回もエントリーしています。

しかも今回は、1人でのエントリーではなく、ひよの落書き帳の著者ひよさんとのコンビでのエントリーです!

見に来て頂いた皆さんに少しでも楽しんでもらえるよう、全力を尽くしてアピール致しますので、どうぞ暖かい目で見てあげてくださいねw

それでは皆さん、会場でお会いしましょうー!!


◆ 主催 みいなさんのロドストページはこちら (イベント詳細)
コメント欄がとんでもない展開に…!必見です!w

◆ 前回プレイヤーズミーティングレポート記事はこちら



FF14ブログランキングへ参加しました!
記事を気に入っていただけたらポチっとしてください!励みになります!
↓↓↓↓



カテゴリ別記事一覧


↑全記事一覧はこちら!


↑全号一覧!毎週土曜日発行!


↑全授業一覧はこちら!


↑新米冒険者さん支援活動




『サスタシャ支援』
サスタシャ支援 ~新米冒険者さん応援企画~

私たちはエオルゼアへと降り立った新米冒険者さん達を支援しています!

1人で不安な方、仲間のほしい方、もっともっとエオルゼアを楽しみたい方!

そんな方との出会いを心待ちにしております!

どうぞ私、Isyu Lailai にお気軽にお声をお掛けください!

ffxiv_20150109_1602052

~関連記事~
サスタシャでの出会い
カッパーベル支援
[ 2015/12/04 20:48 ] FF14 | TB(-) | CM(0)

新生秘話 【第四話】 ~異国の剣勇~


新生秘話。



それは、語られることのなかった、それぞれの新生の物語。

今こそ語ろう。

第七霊災の、もう1つの真実を。


OV6lvkfewRuSKub1444811150_1444812118.jpg


未知なる大陸での冒険を夢見ていた一団は、謎の大波により分断されてしまった。

行方不明となってしまったイシュを探すため、残された二人はウルダハという街で情報収集を始める。

その一人、金髪のララフェルの青年は剣術士ギルドに向かう。

しかし、大声で怒鳴り散らしていたギルドの男に目をつけられてしまう。

その男は、自分との勝負に勝てばギルドでの情報収集を許してくれると言うが、周囲にいた者は一同に眉をひそめている…。

かくして、その勝負は始まりを告げる。

果たして、その勝負の行方は…?

ララフェルの青年は、無事情報を掴むことができるのだろうか…?


ffxiv_20151022_235313th.jpg


いいかい初心者くん。勝負はどっちかが気絶するか降参するかだ。手加減してあげるから頑張りなよ?


彼は少し考えたあと、笑みを浮かべ小さく頷いた。

先を急がなければならないはずなのに、彼はどこか嬉しそうな表情をしているようにも思えた。

こうして、彼と男の勝負は始まる。

剣術ギルドの係員が開始の合図をする。

それと同時に、男はおお振りで剣を振りかざしてきた。


”そらよぉ!”


男が振りかざした剣が大きな金属音と共に「演習用」の剣を穿つ。

剣の道に関わったことのある者ならば、立ち合った一太刀目で、ある程度相手の力量を測ることができると言う。

この一太刀目を境に、”小柄な初心者”から笑みは消えた。

更に剣を交えるごとに、彼の表情はどこか怒りにもにた表情になっていく。


ffxiv_20151023_002540.jpg


おいおい、守るだけじゃ勝てねぇぜ~?焦りが顔に出ちまってるよ、初心者君?


対して男には余裕が全面ににじみ出ている。

何度も何度も振り下ろすその剣は、あえて防ぎやすい場所を狙い、いたぶるのを楽しんでいるかのようだった。

しかし、それは単調な攻撃故に、読んでしまえば反撃は可能だった。

右肩口に振り下ろされた剣をつば元で受け、体を半回転させその剣を受け流す。

受け流す力を利用し剣を加速させ、体の回転力を乗せた剣は相手の額付近を一閃する。


…男の前髪がひらりと散った。


てめぇ…!俺様のハンサムな髪型を…!!


前髪を切られたことによっぽど腹をたてたのか、その顔には血が上っている。


髪型はハンサムに関係ないし、本気でやったほうがいいんじゃない?


彼が言い返すと、男は怒りに任せて剣を乱打する。

それまでのいたぶるような剣とは違い、それはおそらく、手加減なしの斬撃の嵐だった。

演習場に連続して響き渡る甲高い金属音。

見ていたギャラリーからもどよめきがあがる…。


ffxiv_20151023_005105.jpg


おい…あれ止めなくていいのかよ…?

あの初心者君死んじまうぞ…。


その間にも数十の斬撃が彼に浴びせられている。

が、怒りに任せての斬撃だからだろうか、彼は致命傷を負うこともなく、その剣を受け続けていた。


それがどれほどの時間続いただろうか。

それでも彼は倒れることはなかった。

怒りに任せ剣を振っていた男にも疲れの色が見え始める。


ffxiv_20151023_002853.jpg


はぁはぁ…しぶてぇやつだな!貧乏人にはもったいねぇ技だがしょうがねぇ!


耐え続ける彼に業を煮やしたのか、男がなにやら技の構えに入る。

男の剣からは、金色の光が溢れ、それはまるで黄金のオーラを纏っているかのようだった。

ギャラリーからは歓声があがると共に、不安そうな視線が彼に集まる。



その構えを目の当たりにして、彼は大きくため息をつき、小さく呟いた。




もういいよ。





その時、演習場にいた全員が、凍るような空気を感じ、身動きがとれなくなったと言う。

その刹那だった。

誰もがその瞬間を見ていたはずなのに、誰の目からも一瞬、彼の姿が消えた。

とっておきの技の構えをしていた男も含め、全員の思考が一瞬停止する。

次の瞬間、彼は男の背面へと現れた。


ffxiv_20151023_002019.jpg


剣と剣とがぶつかる金属音とは違う、鎧を穿つ金属音がその場に響き渡ると同時に、激しい火花を散らした。

ギャラリーが何が起こったかを理解する前に、男は膝から崩れ落ちた。


ねぇ、気絶も勝ちだったよねー?


彼が係員に問いかけると同時に、ギャラリーからは割れんばかりの歓声が湧いた。

こうして、初心者狩りの決闘は、誰もが予想もしなかった結果で幕を閉じた。



男は気絶したままだったが、約束通り心おきなく情報収集をさせてもらうとしよう。

それと同時に、男の素性についても少し話を聞いた。

…というより勝手に話されたといったほうがいいだろう。


ffxiv_20151028_194045.jpg


いや~君があいつをぶっ飛ばしてくれた時はスカっとしたよ!


やはりと言うべきか、何やら彼が嫌われていたのには理由があるらしい。

聞かされた話を整理していくとこうだ。

男はウルダハでは名のある貴族の息子であり、父親は剣術士ギルドに対し多額の援助金を寄付しているらしい。

父親は息子を剣術士ギルドのトップに立たせるべく、その援助金を理由にギルドの幹部に就任させた。

いわゆる”コネ”というやつだ。

援助金の後ろ盾もあるせいか、周りもその言動に強く言うことができずにいたようだ。

権力に任せ、剣術の修行もおろそかにしていたようで、その実力もお察しというところ。


けど、最初あんたの顔色が変わった時はヤバイって思ったぜ?真顔っていうかさ!


一太刀目を受けた時に見せた彼の表情。

ギャラリーには、それが余裕がなくなったかのように見えていたのかもしれない。


ああ、一太刀目でたいしたことないってのは分かったからねー。それよりも、そんな奴が剣を語ってることにちょっと腹が立っただけさ。


そ、そうなのかい…?でもたいしたことないって言っても、最後の黄金のオーラの?あの技なんか見たら普通ビビっちゃうよ。


たしかに、あの男が最後に見せた黄金のオーラを纏う技は、その全貌はわからなかったが、常人の域は越えているかのように思えた。


あれは剣のツバに仕込んだ金粉を撒き散らしてるだけだよ…。


あの構えを見た瞬間に彼が大きなため息をついたのは、それを見切っていたからだった。

金持ちの考えることはわからないと言うが、こうも無駄な使い方があるものだろうか…。

あの男が目を覚ました時、この先剣術士ギルドでの立場を考えると少し同情するものがある。


ffxiv_20151028_193431.jpg


しかしあんた強いな、最後の技はなんていうんだい?あと、情報集めするなら一応ギルドに名前を登録しておくから教えておくれよ。


技名?ただちょっと本気で振っただけだよ!でもあれで壊れないなんて、やっぱここの剣はいい仕事してるね!



彼は笑みを浮かべながら借りた剣を返すと、2つ目の質問に答える。

えーっと、名前登録すんだっけね?

じゃあ登録の名前は…。



ffxiv_20151028_194141.jpg


バン、で!


係員はその名を聞くと、ギルド名簿へサラサラと羽根ペンを走らせた。


バン…っと。あと、出身地も一応教えてもらえるかな?この国はそういうの気にしててさ。


彼は聞かれた通り、生まれ育った地の名を答えた。

しかし、それを聞いた係員は眉をひそめ、しばし考え込んだ。

それもそのはず。

彼が生まれ育った地で、ここエオルゼアが全く知られていなかったのと同じように、彼の故郷もエオルゼアでは全く知られていない地だった。


う~ん…こんな地名知らないよ…?本当にあるのかい…?



そう言われてもな、とバンは返す。

係員はさきほどより一層眉をひそめ、また考え込んでしまう。

エオルゼアの外の大陸から船で海を越えて来たと言っても、それを信じるものはそういないだろう。

係員の彼もまた、その話を本当のことだとは思っていなかった。


…わかったわかった!何か理由があるんだろ?深くは聞かないよ。


係員はこちらを何か察したような表情で見ると、パタンッとギルド名簿を閉じた。

それからと言うもの、係員はバンの事を聞かれても「異国」から来たようだとしか伝えなかったという。

そして後々、剣術士ギルドでバンはこう呼ばれるようになる。



”異国の剣勇”と。



剣術士ギルドでの出来ごとはこれだけではない。

そもそも、ここに来た目的は剣術勝負ではない。

行方不明の仲間の情報を集めなくては…。

そう思った矢先、バンに声をかけてくる男がいた。


ffxiv_20151202_211930.jpg


やぁ、さっきの勝負見させてもらったよ、たいしたもんだ。


男は剣術士…という風貌ではなく、大きな荷物を背中に背負っていた。

続けてその男は言う。



しかしそんな装備じゃ困りもんだろ?どうだい、いい装備が揃ってるぜ?


どうやらその男は、様々な物を売り歩いている行商人のようだった。

まともな装備を纏わぬバンに目をつけたようだ。

だが、自らの得物一本仕入れられない状況を考えると、その懐事情はお察しというもの。

当然装備など買う金もない。

そう伝えると、行商人は途端に興味をなくし、その場を去ろうとした。


ffxiv_20151202_212430.jpg


ちょっとまってお兄さん!聞きたいことがあるんだけど!


バンはその行商人を引き止めた。

行商人の男はあからさまに嫌そうな顔をしたが、バンは気にせず続け、青い髪のララフェルを見なかったかと訪ねた。

男の嫌そうな顔は晴れなかったが、少し考えてからバンの問いかけに答えた。


まぁ良いモン見せてもらった礼だ。教えてやるよ。

俺の行商人仲間がいるんだけどな、つい先日行き倒れてるララフェルをグリダニアまで届けたって言ってたな。

言われてみれば聞いた風貌もおまえさんと似てるし、そいつなんじゃねぇか…?


そう言うと行商人の男は次の金づるを探しにそそくさとその場所を後にしていった。

こいつは思わぬ収穫だった。

いきなり得られた有力な情報だ。

グリダニア、か。

バンは懐にいれていたリンクパールを取り出すと、格闘士ギルドに向かった仲間に連絡を取った。


ffxiv_20151202_213210.jpg


お~い!おっちゃん!有力情報ゲットだぜ~!グリダニアだってよ!どっかわかんねぇけど行くぞ~!


意気揚々と話しかけるバンとは裏腹に、格闘士ギルドの仲間はトーンも低く意外な返事をする。


あぁ、そうか、それは良かった。でも俺はちょっと用事ができちまった。


思いもよらない返事にバンも戸惑う。

当然その理由を問い詰めてみるが、その仲間はかたくなに口を閉ざす。

ただ一言だけ、「興味が湧いた」とだけ伝えてリンクパールの通話を切った。

バンは大きな溜息を付きながらボソッっとつぶやく。


まぁ~たおっちゃんの悪いクセだよ…こうなると聞かないかんな~…。まぁいっかねー!


どうやらもう一人の仲間は、まだ格闘ギルドでやることがあるらしい。

それが行方不明の仲間を探すことよりも大事なことかは定かではないが…。

しかし、そんなことも彼らの間ではよくあることだったらしい。

何はともあれ、有力な情報をつかめたバンは、一人先にグリダニアに向かうこととした。


ffxiv_20151013_230616.jpg


新たな地、グリダニア。

その旅の途中では一体何が待ち受けているのだろうか。

そして散り散りになった仲間は果たして無事に再会することができるのだろうか。

まだ互いの未来を知らぬ者たち。

そのの運命は、ここから交差していくことになる…。




つづく。





更新済みの話はこちらから!



↑読み物企画第二弾!連載中!
[ 2015/12/02 17:39 ] 新生秘話 | TB(-) | CM(0)