スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダメ、ゼッタイ。RMT。


こんにちは!こんばんは!おはざらす!


皆さん、ついにGWが今日で終了となってしまいますがいかがお過ごしでしょうか?

あ、そこのあなた、今現実から目を背けましたね。

B7JIf4jCEAEmKNw.jpg

さぁ、明日が平日という現実はあちらですよ。

さぁ明日からまたいつも通りの日常が待っております!

でも…。

やっぱもっと休みほっぴぃいぃよおおおおおおお;;

現実どっか行けよおお!w

さて…そんな現実から逃げるためにも今日のお話に移りたいのですが、今日のお話は恐ろしく現実的な話になりますw

みなさんは”RMT”というものを知っていらっしゃいますでしょうか。

詳しくは知らずとも、聞いたことはあるというかたも多いのではと思います。

もし知らないという方は、是非一度目をお通しくださいね!

では参りましょう!




ダメ、ゼッタイ。RMT。


ffxiv_20150506_173409.jpg

ついさっき、無言でこのようなフレンド申請が届きました。

名前がインターネットのアドレス形式になっており、”Sellglad”という売り買いを示す単語が含まれています。

そう、RMT関連の業者のキャラクターです。

悪質な業者の可能性があるため、上記のプレイヤー名は間違っても検索をしないようにお願いしますね。

まず、RMTが何なのかというのをお話したいと思います。

ffxiv_20150506_202639.jpg

RMTとは、リアルマネートレードの略称として使われています。

つまり、ゲーム内のアイテムやギル、更にはキャラクター本体まで全ての要素を、実際のお金でやり取りする行為を示しています。

代表的なギルのRMTであれば、”100万ギルで何千円”などとして売られています。

まず、このRMTという行為自体が、FF14をはじめとするほとんどのMMO、オンラインゲームで

禁止されている行為

だということを強くお伝えしておきます。

ffxiv_20150506_203121.jpg

では、なぜRMTが禁止されているか。

まず、RMTという行為がゲーム自体の寿命を大きく縮める要因になることが挙げられます。

RMTを行う業者というのは24時間体制で膨大な量のギルを稼ぎ続けて、それを販売しています。

すると、ゲーム内に存在するギルの量はどんどんと増え続け、そのギルが多くのプレイヤーに行き渡ってしまうと、ゲーム内のすさまじいインフレを引き起こします。

そうなると、ギルの価値はどんどん失われていき、アイテムが”現実のお金”で手に入ることによりプレイヤーは取得までの道をスキップし、コンテンツの意味までもが失われていきます。

ゲーム内の経済事情やコンテンツ事情にまで影響を及ぼし、”ゲーム自体の寿命”を急速に縮めていくこととなります。

ffxiv_20150506_203221.jpg

更に、RMTの弊害はそれだけにとどまりません。

RMTの業者というのは、私たちゲームユーザーの考えとは全くの別物です。

ゲームを楽しもうなどということは一切考えておらず、”いかにしてギルを増やすか”だけに集中しています。

更には、違法ツールなどの使用も躊躇なく行い、そのツールが世に出回ってしまうということもあります。

ここで質問です。

手段は何を使ってもいいから、ギルやアイテムを大量に取得する方法とは何か。

皆さんは何を思いつきますか?

ひたすら同じ作業をするツールでクラフターをし続ける?

自動で狩り続けるツールを使ってアイテムを量産する?

マーケットの価格操作を行ってぼったくりをする?

どれも悪質な行為には違いありません。

ですが、答えはこれです。

ffxiv_20150506_204607.jpg

他人から奪う。

業者が行う一瞬で大量のギルを取得する方法、それは私たち一般ユーザーから奪うということです。

つまり、アカウントハックです。

アカウントを乗っ取り、持っているギルや換金できるアイテムなどを、ごっそりと持っていくのです。

お分かりいただけると思いますが

これは犯罪行為です。

ですが、RMT業者はこれを躊躇なく実行してきます。

RMTを野放しにしてはいけない最大の理由はここにあります。

ffxiv_20150506_205105.jpg

もちろん、開発側も野放しにしているわけではなく、それ相応の対応を取っています。

FF11、FF14はこのRMT業者に対してはかなり積極的に対応しているほうであり、実際にRMT業者のアカウントのバン(強制削除)も常に実施しています。

ですが、無料期間など利用し何度でもアカウントは作れてしまうため、実質業者の壊滅には至らないのが実情です。

業者がいなくならないということは、それと同時に業者から買うプレイヤーが存在しているということでもあります。

スクエアエニックスは、業者を取り締まると同時に、業者と取り引きしたプレイヤーも厳しく取り締まっています。

業者との会話のログや、不自然なお金の動きは常にチェックされており、多少ならいいだろうというRMTでもアカウント削除の対象となります。

軽い気持ちであっても、絶対に手を出さないようにしてくださいね。

ffxiv_20150506_205018.jpg

しかし、現状いくら業者を削除しようとも、業者とのいたちごっこが続いています。

我々にできることといえば、業者らしきアカウントや広告を発見したら、速やかに運営に報告し、逐一削除していくことを求めることと、徹底的にRMTに手を出さないことだけです。

ですが、RMT業者もその収入で生活している人間です。

収入が得られないのなら、徐々にそのゲームからは離れていくことでしょう。

RMT業者へ収入を与えない、それが一番業者を追い出すために一番有効な手段なのではないかと思います。

ffxiv_20150506_203003.jpg

あなたは何のためにこの世界で暮らしていますか?

最強の装備を手に入れるため?

ハウジングでLサイズの家を買うため?

高額なレアアイテムを集めるため?

どれも果てしない目標には違いありません。

でも、それをお金で買ったところで、何が得られるでしょうか。

ffxiv_20150506_205043.jpg

身を包む装備は、そこまで一緒に戦ってきた切磋琢磨してきた仲間との絆の証です。

Sサイズの家だって、一緒に苦労を重ねたFCの家族がとの思い出がたくさんつまった場所です。

高額ではなくたって、大切な人の名前の入った装備は、何にも代え難い宝物のはずです。

自分の足で、仲間達と共に一歩ずつ歩んでいく、それがこの世界で生きる意味だと僕は考えています。

ちょっと堅苦しいお話でしたが、オンラインゲームをプレイする上では絶対に知っていてほしいことだと思ったので、今日はこんなお話をさせていただきました。

ゲームの世界を守るためにも、自分自身を守るためにも、RMTには絶対に手を出してはいけません。

僕とのお約束ですよ!










FF14ブログランキングへ参加しました!
記事を気に入っていただけたらポチっとしてください!励みになります!
↓↓↓↓



カテゴリ別記事一覧


↑全記事一覧はこちら!


↑全号一覧!毎週土曜日発行!


↑全授業一覧はこちら!


↑新米冒険者さん支援活動




『サスタシャ支援』
サスタシャ支援 ~新米冒険者さん応援企画~

私たちはエオルゼアへと降り立った新米冒険者さん達を支援しています!

1人で不安な方、仲間のほしい方、もっともっとエオルゼアを楽しみたい方!

そんな方との出会いを心待ちにしております!

どうぞ私、Isyu Lailai にお気軽にお声をお掛けください!

ffxiv_20150109_1602052

~関連記事~
サスタシャでの出会い
カッパーベル支援
スポンサーサイト
[ 2015/05/06 21:00 ] FF14 | TB(-) | CM(4)

RMTやめますか?FFやめますか?

RMTに対する警鐘記事とても良いですね!

努力して稼いだギルには血と汗と涙(?)で輝いています。
そんなギルで手に入れたハウスや装備(マテリア)だからこそ一層大事なものになるのでしょう!
RMTは、絶対に手を出してはいけません!!
[ 2015/05/07 17:33 ] [ 編集 ]

Re: RMTやめますか?FFやめますか?

イシュタルさんこんばんわー!

最近はあまり見かけなくなっていたんですが、何やら昨日急にまた湧き始めたようで様々なサーバーで同じような報告があがっておりましたね…。
何も知らない方の場合もしかしたらまずい事だと知らずに手を出してしまうこともあるかと思い注意喚起の記事を書かせていただきました!
[ 2015/05/08 20:43 ] [ 編集 ]

直訳するとギル売ります?だったような。私はガル鯖なんですが、同じ名前のキャラから二度(二度目が記事にでてる名前)フレンド申請がきましたよ(・ω・)所属するFCのインしていたメンバー私を含めた40人に申請がきていたとか… 昨日も、微妙にスペルを変えてましたが多分同じ人からフレンド申請が来ました。…正直、気持ち悪いですね(^-^;)
[ 2015/05/09 01:33 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

沙貴さんこんばんわー!

そちらのほうにも現れましたか…。
向こうからしてみたら無差別にフレンド申請を送るだけですからね…かなりの方が遭遇したと思われますね…。
おそらく向こうもバン対策でキャラをいくつか用意していると思われるので、同じ業者と見て間違いないですね。
予備知識があれば気持ち悪いBL入れよで終わるのですが、知らずに誘導されてしまう方もいないとも限りませんし、身の回りの方だけでも注意喚起していきましょう!
[ 2015/05/09 21:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。