スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

週刊 トレンドエオルゼア!トレンド通信Vol.1


毎週土曜日は『週間 トレンドエオルゼア!』


PhotoFunia-1425719597_convert_20150307182111.jpg



編集部にて


栗坊 : 編集長、なんですかこれは。

イシュ : なんですかとは、なんですか。

栗坊 : この大量の衣装ですよ!これどうするんですか。嫌な予感しかしないですけど。

イシュ : 僕が着るんだよ。

栗坊 : でしょうね。で、着てどうするんですか。

イシュ : 今日は新コーナーです。

栗坊 : 唐突過ぎて読者さんおいてけぼりですよ。まぁ大体わかりますけど。

イシュ : ファッション誌として今までモデルさんを中心にやってきたけど、装備そのものに注目してみてもいいのではないかと思ってね。

栗坊 : なるほど。まさにトレンドを発信していこうというわけですか。

イシュ : 素材や染色を考える上で、同系統の装備でも微妙な違いなどに気をつけるといろいろ面白いんだ。

栗坊 : 今回用意した衣装も全部同じ系統ですね。たしかに微妙にそれぞれ違います。

イシュ : 小さな変化にも注目してミラプリを楽しんでもらえたら嬉しいね。

栗坊 : なんなら僕がモデルやってもいいんですよ?

イシュ : 君、レベル1じゃん。

栗坊 : はまじ。


トレンド通信 Vol.1 『ブリオー』


皆様こんにちは!どうも編集長のイシュ・ライライです!

今回より始まるトレンドエオルゼア!新コーナー

『トレンド通信!Vol.1』

今まではモデルさんに写真を撮らせてもらい、その方のコーディネートの魅力を書かせて頂いてまいりました。

しかし今回は、装備そのものに注目し、僕が思うオススメアイテムや、もっと細かいところまで観察してみようというコーナーです!

普段気にも止めなかった装備が、じっくりと観察してみると、思いもよらぬ魅力が見つかったするのです。

そんな魅力をお伝えできたらと思います!

さぁ、数多存在するこの世界の装備の中から今回スポットライトを当ててみた装備はこちら!

PhotoFunia-1431758753.jpg

ffxiv_20150516_140724.jpg

【ブリオー】

そう、今回注目するアイテムはブリオー系、胴装備でございます。

ブリオー系の装備は比較的装備Lvは高めではあるものの、競売で手軽に入手でき、珍しい装備ではありません。

IDなのでもエーテリアル装備としてドロップしたりするので、袖を通したことのある方は比較的多いのではないでしょうか。

しかし、Lv上げが終了してしまうと、そこから先に同系統の装備がなく、街中で見かけることはあまり無い装備です。

また、似たような装備にガウン系というものがあるのですが、以下の写真のように微妙にデザインが違い、雰囲気が異なります。

ffxiv_20150516_162811.jpg

どちらもインナーの上にジャケットを羽織るようなビジュアルなっていますが、ジャケットの胸元部分がブリオー系は露出が少ないのに対し、ガウン系は大きく開いていますね。

腹部のデザインもかなり違った形状が採用されており、裾部分はブリオーはヒラヒラとして女性的であるのに対し、ガウンはしっかりとした作りで男性的であると言えるかもしれません。

このように、似た雰囲気でもブリオーとガウンではまったく違う作りをしています。

では、同じブリオーでもどのような違いがあるのかを見ていきましょう。

ffxiv_20150516_162627.jpg

今回取り上げたのはこの4種類のブリオーです。

写真では少し見づらいかもしれませんが、良く見るとそれぞれ素材に使われている生地の素材感がしっかり再現されており、フェルトブリオーなんかは高級感が出ていますね。

ウォーウルフ・ヒーラーブリオーはPvPポイントで交換できるものですが、無染色状態では独特のビロードのような光沢があるのが特徴です。

また、装飾にも違いがあり、リネンブリオーの胸付近の装飾は黒なのに対し、ブリオーは金の装飾になっています。

フェルトブリオーとウォーウルフは、両肩部分に金属製のパーツが追加、更に左胸の部分から鎖状の装飾が追加されているのが大きな特徴です。

ffxiv_20150516_162435.jpg

装飾の違いは背面にもあり、前面であった色の違いがこちらにも反映されています。

ウォーウルフのみは少し違い、背面の装飾が無いというちょっと特殊なパターンをしています。

背面から見ると、ブリオーの金色の装飾が存在感がありオシャレですね。

さて、ミラプリに欠かせない要素と言えば染色ですが、ブリオー系には染色される時に染まる部分に決まりがあります。

ffxiv_20150516_172931.jpg

例として、僕の好きなウォードブルーでそれぞれ染色してみました。

ブリオー系は、インナーや襟、裾、装飾部分などの細かい部分には染色が適用されず、一番面積の多い布部分のみが染色されます。

なので、染色後の雰囲気を決めているのは染色されない部分の色合いと言っても過言はありません。

リネンブリオーは染色されない部分がダークカラーでまとめられているのでかなり落ち着いた印象となるのに対し、フェルドブリオーは明るい色合いが使われているので柔らかな印象になります。

ウォーウルフはインナーが白、襟と裾が黒というクセのない色合いなためどんな色でも合わせやすく、メリハリも効いているのでドレスコードにピッタリですね。

ffxiv_20150516_173711.jpg

ブリオーはカジュアルとフォーマルの両面を兼ね備え、普段着としての高い汎用性も備えている上に、頭や下に合わせる装備ともマッチしやすく、非常にコーディネートのしやすい一品です。

同系統の種類も多く、染色を含めればその数はかなりの数に及び、必ずしやマッチする組み合わせが見つかることでしょう。

いかがでしたか?皆さん、ブリオーを着てみたくなりましたか?

まだブリオーを試したことのない方はこの機会に是非、一度お試しくださいね!

それでは今回はこの辺で!

来週もお楽しみに!!



編集後の二人


ffxiv_20150117_192709222.jpg

栗坊 : 一ついいですか。

イシュ : ダメ。

栗坊 : 表向き真面目なコーナーですけど、取材行けなかった時の保険ですよねこれ。

イシュ : えー、今回のブリオーという装備はですねー。

栗坊 : スルーした…。

イシュ : ヒマワリメンバーのしいちゃんが着ていたのが始まりです。

栗坊 : パクったというわけですね。

イシュ : 失敬な。同じ装備をすることによりチームワークの向上を測るためである。

栗坊 : そのしいたけさんがすでにブリオーを卒業しているようなのですがそれは。

イシュ : 僕はしいちゃんの意思を受け継ぎし者、イシュ・ライライ。

栗坊 : 物は言いようですが寂しくないですか。

イシュ : 時々。

栗坊 : とりあえず、新コーナーとか言って読者さんに期待させたこと謝っておきましょうよ。

イシュ : じゃ、声合わせて、せーの。

栗坊 : 申し訳ございませ…って言ってないし!!はまじ!!!



つづけ!



FF14ブログランキングへ参加しました!
記事を気に入っていただけたらポチっとしてください!励みになります!
↓↓↓↓



カテゴリ別記事一覧


↑全記事一覧はこちら!


↑全号一覧!毎週土曜日発行!


↑全授業一覧はこちら!


↑新米冒険者さん支援活動




『サスタシャ支援』
サスタシャ支援 ~新米冒険者さん応援企画~

私たちはエオルゼアへと降り立った新米冒険者さん達を支援しています!

1人で不安な方、仲間のほしい方、もっともっとエオルゼアを楽しみたい方!

そんな方との出会いを心待ちにしております!

どうぞ私、Isyu Lailai にお気軽にお声をお掛けください!

ffxiv_20150109_1602052

~関連記事~
サスタシャでの出会い
カッパーベル支援
スポンサーサイト
[ 2015/05/16 15:42 ] トレンドエオルゼア! | TB(-) | CM(4)

これは…………

イイ!(ゝω∂)
[ 2015/05/16 19:27 ] [ 編集 ]

昔調べましたwww

まだミラプリとかよくわかんなくて、おしゃれもしてなかったとき、ブリオー見つけて買いましたわ(笑)
なんか懐かし!!
これみて、ファッション考える冒険者さんが増えると嬉しいですね♪
ブリオーにも色々違いがあるのですね!
[ 2015/05/18 06:56 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ランナさんこんばんわ!

さぁあなたも今日からブリラーだ!
[ 2015/05/18 16:57 ] [ 編集 ]

Re: 昔調べましたwww

ちくわんさんこんばんわ!

おお、思い出の一品ですね!
この機会にもう一度ブリオーを!w
数が多くある装備はそれだけ細く違いがつけられているのですよね、じっくり観察すると面白いです!
[ 2015/05/18 16:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。