スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エオルゼアカフェレポート

ある日、ふとツイッター上でこんな話題が持ち上がった。

エオカフェに行ってみないか?

その話題はあれよあれよと言う間に大きく膨らみ、どんどんと具体性を増していく。

かくいう僕も、偶然にもその日程は都合が付き、参戦が確定する…!!

そして次々と集結していく光の戦士達…。

その時はついに訪れる…!



エオルゼアカフェレポート


2015年、5月30日。

僕、東京に降り立つ。

東京駅着いたはいいのですが…

正直言って帰りたい。

自慢ではないが、僕は生粋の田舎っ子。

見渡す限りの人、目に飛び込む不可解な情報の多さに怯える子ララフェル状態でした…。

なんとかヒマワリメンバーと合流を果たし、エオルゼアカフェのある秋葉原へと向かう。

なんなんだここは…

2エオカフェ

すごい原色の数だ…そして空が狭い!w

あまりの異世界におのぼりさん感を出さずにはいられない。

東京、すごいところだ…。


しばらく秋葉原の散策を楽しむと、続々と集結していく光の戦士達

今回のパーティメンバーはなんと

1エオカフェ

総勢12名。

ヒマワリメンバー8名と、クマちゃんでお馴染みのFCメンバー4名です。

ヒマワリメンバーと言えども僕が実際に面識があったのは3人だけなので、正直僕も緊張していましたw

しかしそこは普段から冒険を共にする仲間達。

すぐに打ち解けるとあっという間に時間は過ぎ、その時はやってきます。



エオルゼアカフェ、予約時間、16:30。



エオルゼアカフェは事前予約ができます。

というより、事前予約をしないと入場できない場合もあるほど。

開場30分前の16時に、現地へと到着。

さぁ、ここから僕らにとって…。

某ネズミ園よりも夢の国の扉が開かれるッ!!



エオカフェ3

入口にて出迎えてくれたのはゴールドソーサーでお馴染みのサボテンダー

そしてその周囲には同じく開場を心待ちにする光の戦士達の姿がちらほら。

そのは、老若男女問わず幅広く、FF14という世界の魅力を表しているようです。

クリスタルタワーに突入しているとき、その場にパーティメンバーが全員いたらこのような雰囲気なのかと思うと、それもまた面白いですねw



時間となり、スタッフが店内へと案内してくれる。

扉が開かれた瞬間、みんなから歓声があがる。

エオカフェ27

おおお…!

すごい、一面がエオルゼア色で染まっている…!

エオカフェ8

このステンドグラスはカーラインズカフェの…!

エオカフェ6

モーグリも飛んでいる!

ワクワクを抑えながらも一同が席に着き、スタッフからの説明が入ります。

スタッフ : みなさんそれでは、まずシャウトで挨拶させていただきます!こんにちわー!
冒険者 : こんにちわー!
スタッフ : この度はご来場まことにありがとうございます!初見という方いらっしゃいますか?
冒険者 : 初見です!キックしないでください!


スタッフの説明のところどころにFF14用語が紛れ込んでいてニヤっとしてしまうw

またそれ故に冒険者側も自然とそれに答えてしまう雰囲気が実に面白いw

FF14プレイヤーが集まるからこそ流れる楽しげな空気がそこにはあります。

一通りの説明が終わると、そこからはいよいよ自由にエオルゼアカフェを楽しむ時間の始まり。



さぁ、楽しもう!!



まずはドリンク

エオカフェ9

どれもこれも魅力的なラインナップの中から僕は氷神シヴァ(一番左)。

シヴァをイメージした透き通るブルーが美しく、マドラーの先にはシヴァの涙があしらわれています。

その他にも魅力的なドリンクは数多くあるが、特に印象的だったのは錬金術師のクラフトレシピ・ポーション

フラスコの中に輝く青い液体を自らコップに注ぐというスタイルは、まさに錬金術を行っているかのような気分になれそうです。

FF14の世界を体験するのにはもってこいのドリンクなのではないでしょうか。

エオカフェ10

その他にも、塩が効いたリヴァイアサンは海の雰囲気が良く出ているし、エッダちゃんのブラッディカクテルはドクロ型の氷が見た目にも面白いですね。

ドリンクだけでも、見ているだけで飽きないほど楽しい!

とはいえ、やはり本当の楽しみはメインメニュー

それぞれが興味のあるものをどんどん注文していきます。

エオカフェ12

最初にテーブルに運ばれてきたのはナシュの爆弾おにぎり

爆弾に見立てた丸いフォルムの肉巻きおにぎりです。

こんなんウマイに決まってる。

違うんだ、僕が確かめたかったのはこういうことではない。

元々ウマイもんはウマくて当たり前だ。

問題なのは、FF14の世界観を出しつつ、その料理の味を引き出せるかどうかなんだ。

何を言いたいのかというと…。

3エオカフェ

水神リヴァイアサンの冷やし大海嘯麺

これが果たしてウマイのかどうかということなんだ。

メイン料理にあるまじき透き通るようなブルー。(写真は紫っぽく見えますが実際は深い青色でした)

こちらのTP(食欲)を完全に削りにかかってくる。

運ばれてきたとたん誰もが「激痛」の表情をしている。

ちなみにこの大海嘯麺、見える範囲で全てのテーブルに運ばれてきていましたw

まったく味の想像がつかない、わかっているのは冷静麺だということだけだ…。

それぞれが恐る恐る麺とスープを口に運んでいく…。




ズズズッ…ズズッ…ゴクゴクッ…。



なんだこれは…。



エオカフェ291

ものすごくおいしいぞッッッ…!!!!!

スープは少し濃い目の塩味で、正直何がどうなってるのかわからないけど、ものすごく美味しい…。

冷やし麺ということで良く冷えていて、これからの季節には堪りません。

麺は中太だがコシが強く、食べごたえもしっかりとある…。

ネタ料理のクオリティじゃないッッ…!!!

この味のラーメン屋が近くにあったら間違いなく通ってしまう、それくらい僕の中では評価は高いものでした…。

色が普通ならだけど。

エオカフェ00

これを皮切りに、運ばれてくる料理がことごとく美味しい。

こういったテーマカフェというものは、その雰囲気自体が付加価値だと思っていたので、正直そこまで料理自体には期待はしていませんでした。

だが、その料理のクオリティの高さに驚き、さらにエオルゼアの世界に浸れるとあっては、値段以上の物があると僕は感じました。

そして頼んだ料理の中で最も美味しかったのはこれです。

エオカフェ20

岩神タイタンの大地の怒りバーガー。

もうこれは僕のバーガー史上トップと言ってもいいくらい美味しかった…。

皆さんがエオカフェに行くことがあれば、是非とも食べてもらいたい一品です。

そんなこんなで、次々と運ばれてくる料理をギミック処理をするかのように手際良く平らげていく。

僕らのパーティが討伐したメニューはこちら。

◆ 斧術士の仕留めたモンスターのローストビーフ
◆ バハムートのアースシェイカーフライ
◆ 焔神イフリートの地獄の火炎ステーキ
◆ 極イフリートの光輝の円柱ピザ
◆ 岩神タイタンの大地の怒りバーガー
◆ 水神リヴァイアサンの冷やし大海嘯麺
◆ 氷神シヴァのアイシクルインパクトダンジュ
◆ ナシュの爆弾おにぎり
◆ スプリガンのイカスミパスタ
◆ 自爆~ボムの爆弾コロッケ~
◆ デモンズウォールのハニートー
◆ ミニパンケーキモーグリ

これだけ頼んでもまだまだ半分にも満たない品ぞろえ。

これはまた是非とも他のメニューを討伐しにまた来てみたいと思えました。

エオカフェ25

そしてエオルゼアカフェの魅力は料理だけにはとどまりません。

グリダニアをモチーフとしたその雰囲気もさることながら、エオルゼアに登場する武器のレプリカや、フロア中央に浮かぶモーグリ。

更に実際にFF14をプレイできるPCが4台あり、実際に顔合わせての極蛮神討滅も可能です。

エオカフェ22

当日はクマちゃんとマス君がそれぞれ極タイタン討滅に挑戦し、周りからの視線を集めていました。

普段と変わらない極タイタンも、独特の緊張感の中に包まれており、その空気もエオカフェでしか味わえないものだろうと思いますね。

ただし、夢中になっているとあっという間に時間が過ぎてしまうため気をつけたほうがいいとクマちゃんは言っていましたw

そして僕らもエオルゼアカフェを各々満喫し、あっという間に2時間は過ぎ、夢のような時間は終わりを迎えます。

エオカフェ28

お会計をする光の戦士達。

正直、全てを堪能するにはまだまだ時間が足りませんでした。

一度エオカフェを訪れた人は口を揃えて言います。

もう一度行きたいなぁ。

FF14をプレイする冒険者にとって、何度でも足を運びたくなる魅力がそこにはありました。

そしてそれは、同じ時を共にした仲間と過ごせば、その魅力は何倍にもなるのだと思います。

エオカフェを訪れる際は、是非とも同じ時間を共有する仲間と訪れることをオススメしたい。

そして僕らはこの後も時を共にしたのではありますが、それはまた別のお話にしましょう。



5エオカフェ4

エオカフェに対する個人的な感想ですが、それはもう想像以上のものでした。

店内の雰囲気、料理自体のクオリティはもちろんのこと、普段一緒に冒険する仲間と同じ時間を共有できたことが何よりも嬉しかったです。

そういった機会を与えてくれるきっかけ、それがエオルゼアカフェの最大の魅力なのではないかと感じました。

皆さんも是非、チャンスがあれば近くの仲間に一言声をかけてみてください。

エオカフェに行ってみないか?

それはきっと、とても魅力的な時間の始まりのきっかけになるかもしれませんよ!




◆ 参加したメンバーへ

まさかこんなにトントン拍子に話が進むとは思ってもみなかったねw

僕が参加できるっていうのも珍しかったし、今回参加できて本当に良かった!

みんなと出会えたのは僕のかけがえのない宝物です!

そして本当に楽しいひと時を過ごさせてもらいました!

みんな、ありがとう!

まだまだ伝えたいこともたくさんあるけども、今回の記事ではこれくらいにしておきますw

エオカフェ以外でのこともまた記事できたらとは思ってるよ!

これからも、どうぞ僕のワガママにお付き合いください!

それでは、今日はこの辺で!




つづけ!




FF14ブログランキングへ参加しました!
記事を気に入っていただけたらポチっとしてください!励みになります!
↓↓↓↓



カテゴリ別記事一覧


↑全記事一覧はこちら!


↑全号一覧!毎週土曜日発行!


↑全授業一覧はこちら!


↑新米冒険者さん支援活動




『サスタシャ支援』
サスタシャ支援 ~新米冒険者さん応援企画~

私たちはエオルゼアへと降り立った新米冒険者さん達を支援しています!

1人で不安な方、仲間のほしい方、もっともっとエオルゼアを楽しみたい方!

そんな方との出会いを心待ちにしております!

どうぞ私、Isyu Lailai にお気軽にお声をお掛けください!

ffxiv_20150109_1602052

~関連記事~
サスタシャでの出会い
カッパーベル支援
スポンサーサイト
[ 2015/05/28 22:15 ] FF14 | TB(-) | CM(6)

すごいクオリティ!!

まさにFF14のテーマパークですね!
スタッフさんもネタ満載で、これはテンション上がりそう!!
そしてご飯が…じゅるり。
青い麺は出汁をリヴァイアサンからとってるんですね、きっとw
[ 2015/05/29 01:08 ] [ 編集 ]

はじめまして!

エオカフェの新メニューの紹介、すごく楽しく読ませて頂きました!
私も数か月前に行ってみたんですがメニューがいちいち面白くて
ついつい食べきれない分量をオーダーしちゃいますよね( ´ー`)
実は数日前からブログを開始したので、大変恐縮ですがリンクをさせてくださいませ
(勢いで言っちゃった!言っちゃった!!!)
[ 2015/05/29 09:22 ] [ 編集 ]

Re: すごいクオリティ!!

Nevicaさんこんにちは!

スタッフさんにどのワールドでプレイしてますかって聞きたかったんですけど、勇気が出なくて聞けませんでしたw
食べ物のクオリティはすごかったですよ!
裏の厨房ではリヴァイアサンが煮込まれて…いや、もしかしたら青いプリン族かもしれませんよ!
…そんなのイヤだなw
[ 2015/05/29 17:51 ] [ 編集 ]

Re: はじめまして!

しろさん初めまして!コメントありがとうございます!

記事読んでいただきありがとうございます!
ほんと、全部たのみたいくらいでしたねw
ポーションは他の方が頼んでいたのを横目で見ていただけなので、今度は是非自分で頼んでみたいです!

ブログ拝見しました、『本人が楽しめるかどうかが最終的な結果』その通りだと思います!
好き勝手に自分のやりたいようにやっている当ブログでよければ、是非ともリンクお願いします!
こちらからも貼らせていただきますね、今後共よろしくお願いしますー!
[ 2015/05/29 17:55 ] [ 編集 ]

20日に自分もFCメンバー5人で行って、最初のドリンク合わせたら35品頼んでましたw(キッチリスベテトウバツシマシタw)

次行ったら石版もらえるんでまた行ってきますw

あそこはいいとこだ!!
[ 2015/05/31 12:10 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

らんなさんこんばんは!

お返事遅れて大変申し訳ないです…!
石版に届くんですか?!
あれポイント見た瞬間に全員が心おられてましたよww
羨ましいなー…ゲットできたら是非見せてくださいねー!
[ 2015/06/02 00:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。