スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヒマワリ新メンバー発表!

こんにちわ!こんばんわ!おはようございます!


最近、街にいると目の前で立ち止まられたり、時にはテルをしてくださったり、私に会いにまできてくださる方がおられます。


ffxiv_20150112_151857.jpg

『おお、ほんとにいたんですね!』

とか…

ffxiv_20150118_011404.jpg

『ブログ見てます!私も支援活動を応援したいです』

とか…

ffxiv_20150113_235632.jpg

『ラシュさんだ!!!』

とか…僕はラシュだったようですw

もう正直言ってですね…

かなり嬉しいですww

実際に読んでくださっている方と直接お話できるのはもちろん、支援を応援したい、自分にもできることはないかと言ってもらえることが非常に嬉しいです。

自分がイフ鯖で支援を始めたことにより、それを見てくれている方にも同じような気持ちが広がっていく、これほど嬉しいことはありません。

こういう風に声をかけてもらえるのはブログを始めてよかったとも思えますし、とても励みになりますね!

これからも頑張っていこう!




今日は以前サスタシャ支援ならぬ、カッパーベル支援で知り合った 『ジジ』 ちゃんについての追記です!

ffxiv_20150113_220419.jpg

参考⇒ジジちゃんとのカッパーベル支援

カッパーベルでの支援を終えた後、しばらくの雑談を楽しむジジちゃんとメンバー達。

それを聞きつけ、呼んでないのにバンちゃんも来る。

ジジちゃん 『どうやったらえもーしょなるにうごけますか?』

ジジちゃんの言い回しはたまに独特だw

ffxiv_20150113_234618.jpg

SSを撮りあったり、和やかな時間がしばらく進む。

そして、僕はこう声をかけた。

僕 『ジジさん、良かったら、うちのFCに来ませんか?』

ジジちゃん 『いいんですか?!?!』

ばんちゃん 『変態がいてもいいですか?』

ジジちゃん 『変態も嫌いじゃありません!』

僕 『決まりですねw』

変態は嫌っとこうよジジちゃん…w

サスタシャ支援を通じていろんな方との出会いを経験させていただきました。

自分から近づいておいてこういうのもあれですが、大事にしたいと思うのは 『距離感』 です。

最初は何もかも始めて、わからないことだらけの世界。

ffxiv_20150107_002838.jpg

でも、きっかけさえつかめれば、この世界はどんどん楽しく、広がっていく。

そのきっかけをつかめたのなら、そこからは深入りするところではない。

いろいろな人との出会いがあって、いろいろなつながりができて、その人だけの世界ができあがっていく。

FCというものは、この世界で家族になる存在だと僕は思っています。

だからこそ、そのFCへの道は自分で決めてもらいたいと。

これまでは、新米さん達をいきなりFCに誘うということはしてきませんでした。

でも、少し思ったんです。

これから先、ジジちゃんが何を見て何におどろいて、どんな冒険をしていくのか見てみたい。

これは僕のただのわがままです。

ジジちゃん 『ありがとうございます!!ジジと申します、これからよろしくお願い致しますです!』

でも、本当に嬉しそうに喜んでくれるジジちゃんを見ていたら、これで良かったのかなと思えましたw

FCのリーダーとして、誰かを誘うということはとても責任のある行為だと僕は思います。

その人がこの世界で生きて行くうえで、FCという家族はとても大事な存在です。

ジジちゃんにとって、このFCが大切な家族になるように。

ちょっとよくわからなくなってきましたが、要約すると、これからも頑張っていかないとな、ですw




さて、ついにFC 『Himawari』 の新メンバーとして迎え入れられたジジちゃん。

FCの醍醐味の一つに 『ハウジング』 があります。

ハウジングとは、FC全体で所有する家のことで、メンバー全員で共有できるアジトのような物です。

FCに加入することで、僕たちFCの所有する家、『Himawar no tane』 にテレポで飛ぶことができるようになります。

僕のブログ名はこれが由来ですねw

ffxiv_20150114_000752.jpg

僕 『これが僕らヒマワリの家であり、ジジちゃんが冒険を終えて帰ってくる家です!』

ジジちゃん 『感涙です…帰ってきていいんですね?』

みんな 『もちろんw』

ffxiv_20150107_001112.jpg

僕 『あれがうんこ姉さんです…』

れっちん 『100万のうんこのたとえを出す詩人です』

さすがうんこ姉さん、ブレない。

というか例えがもう僕にもよくわからない。

ジジちゃんに悪影響がでないか心配だ。

ffxiv_20150114_001339.jpg

そして家の中へと足を踏み入れるジジちゃん。

ジジちゃん 『感動です、歩き回っていいですか?』

ジジちゃんにはそこにあるもの全てが新鮮に見えたんだろうねw

ロビーや会議室、地下の教室、いろいろ見て回ってはビックリするジジちゃんが微笑ましかったw

ffxiv_20150114_001745.jpg

いろんなことが初めてのジジちゃんとの話はいつまでたっても終わらない。

僕 『今日はこの辺にしておきましょうw』

ジジちゃん 『ふつつかものですが、改めましてこれからよろしくお願いしいたします。』

そう言ってこの日のジジちゃんは冒険を終えた。

ジジちゃんはとても真面目で素直だ。

うちのバンちゃんも見習ってくれないかな…。


ということで、私たちのヒマワリの一員に 『ジジちゃん』 加わりました!

実は更に1名、ヒマワリ新メンバーがいるのですがそれは後日紹介しましょうw

ジジちゃんを主役にしたあるコーナーの計画も進行中です…!

これからのジジちゃんの活躍にご期待ください!


つづけ。





私たちFC『Himawari』について

少しFCへの加入についてのお話を付け加えておきます。

私たちFC 『Himawari』 は、新米冒険者さんを応援しています。

それに伴い、支援LS 『wakaba』 の配布も行っております。

支援LS 『wakaba』ではいつでも受け入れをしておりますが、FC 『Himawari』 では初対面の方の受け入れは行っておりません。

私たちも一人一人がみなさんと同じ一般プレイヤーです、いきなり家族になろう、というのはなかなか難しいですよね。

ただ、僕はFC 『Himawari』 を愛してくれる方であれば、できる限りそれに答えたいと思っています。

ですから、もしFCに興味がありましたら、一度遊びましょうw

お互いがどのような人か理解し、それでもうちのFCに来たい!というのであれば、僕らはあなたを歓迎します!

気になることがありましたら、どうぞお気軽に声をかけてくださいねw




『サスタシャ支援』
サスタシャ支援 ~新米冒険者さん応援企画~

私たちはエオルゼアへと降り立った新米冒険者さん達を支援しています!

1人で不安な方、仲間のほしい方、もっともっとエオルゼアを楽しみたい方!

そんな方との出会いを心待ちにしております!

どうぞ私、Isyu Lailai にお気軽にお声をお掛けください!

ffxiv_20150109_1602052

~関連記事~
サスタシャでの出会い
カッパーベル支援
スポンサーサイト
[ 2015/01/18 17:19 ] FF14 | TB(-) | CM(3)

久々の新メンバーに、俺は今猛烈に感動している!!
[ 2015/01/19 01:45 ] [ 編集 ]

ジジさんに装備を作って渡すのが楽しいです
[ 2015/01/19 03:39 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ほんと嬉しいね!僕もつーくーるー!
[ 2015/01/19 20:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。