スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レインボーミスリーディング

こんにちは!こんばんは!おはざらす!


前回の記事の中で、こんなやり取りが出てきたのを覚えてますでしょうか?

バン : なぁみんなレヴナンツトールってなんて読んでた?

ぷーやん : あぁあれ、レヴナントツール…。

イシュ : あるあるwなんでそう読んじゃうんだろうねw

シスカ : モードゥナの発音とかどうです?

モコ : モー↑ドゥナかな。

ジジ : モドゥーナ…。

全員 : それはないよ。

そうです、エオルゼアは

誤読で溢れているのです。

誤読っておもしろいんですよ。

クスっとくる誤読からその人の人間性まで垣間見れるものまであったり。

レヴナンツトールをはじめとし、十人十色の誤読で世界は彩られているのです。

言うなればそれは

レインボーミスリーディング!!

ということで、みなさんに聞いてみたんですよ。

誤読

タグ返信してくれた方のツイートをにやにやしながら眺めてたんですが、中にはなんでこうなんだよ?!ってのもあったりで楽しませていただきましたw

それでは、募集に乗ってくれた方のレインボーミスリーディングをご覧ください!



1文字ミス系


1文字を読み間違えたパターンです。似たような文字、濁点や小文字などで発生する場合が多いですね。
あるいは1文字抜けてしまった、足してしまったパターンなど。

ffxiv_20150910_204522.jpg

○サンクレッド
×サンクレット

暁メンバーであるにも関わらず、雑な扱いを受けがちなサンクレッドさんは名前をしっかり覚えてもらえない場合もあるようです。
この他にも「サクレッド」などのパターンも。

○ドリユモン
×ドリュモン

小文字だと勘違いしてしまったパターンで、「ツ」「ヤユヨ」で特に発生しやすくなっています。
発音してみるとまったくの別物になってしまうため、リアルでの会話中で間違ってしまうと非常に恥ずかしいので注意。
似たような間違いに、○「チュニック」×「チェニック」なども…。

○リムサロミンサ
×リムサロミリンサ

同じような語句が繰り返されたため、いらない言葉が紛れ込んでしまったパターン。
実際に口に出してしまった場合はちょっと嚙んだだけだからとごまかしましょう。

○ブラックブラッシュ
×ブラックブッシュ

同じような韻を踏むため適当に覚えがちなワードです。
ブラブラと覚えましょう。(適当



シャッフル系


単語中の文字の位置が入れ替わってしまうパターンです。普段聞きなれないような独自の単語に発生する場合が多く、一度覚えてしまうと中々ミスに気づきにくいという厄介誤読です。

ffxiv_20150910_205523.jpg

○ウルダハ
×ウルハダ

シャッフルミス系の基本。特に誤読する理由はないのですが、最初に間違って読んでしまった場合、長く引きずることとなります。

○ハウケタ
×ハウタケ


○アジス・ラー
×アジラ・スー

聞きなれない単語に発生した典型。そもそも普段口にしたことのある単語ではないので、間違っていても気づきにくい場合が多くなります。
この他にも、「サスタシャ」「タムタラ」といったIDの名称を間違うパターンも多数。

○ボナコン
×ボコナン

モンスターの名前もその例外ではなく、比較的短い単語でも容易に発生するので注意が必要です。

ffxiv_20150910_205326.jpg

○ブレフロ
×ブレブロ
×ブロフレ

正式名称はブレイフロクスですが、正式名の覚えにくさゆえに略語の正解が曖昧になってしまったパターンです。
ブレイフロクスのほうも間違われることが多く、ブレイブロクスブレイブクロスといったパターンも。
略語のほうは頭文字以外全部間違っているパターンも珍しくありません…w

○ハーストミル
×ハーストルミ

○アフトカースル
×アフトカスール
×アフトカサスール

○インファントリー
×イファントリー
×インファトリー

単語自体が長くなってきたことにより単純に覚えずらくなってきたパターン。最後まで気を抜かないことが大切です。

○占星術師
×星占術師

そもそも「せんせい」という聞きなれない単語に加え、意味的には「星占い」と同一のため間違えてしまう場合があります。

○スカンポの安息所
×スカポンの安息所

「スカポン」という語感がなんとも言えない癒しを与えてくれますw
もういっそのこと「スカポンタン」にしてしまいたくなる。



別単語カットイン系


似たような別の単語に置き換えて覚えてしまったパターンの誤読です。
長めの単語によく発生し、誤読ではあるのものの独特の語感の良さを持つものも…。

ffxiv_20150910_212657.jpg

○アーリマン
×アーマリン

伝統的なFFモンスターですが、「マリン」という単語に置き換えられてしまう誤読が若干発生する模様。
「アーマリン」と言うと、なにか宝石の名前のような気がしてくるから不思議です。

○ベントブランチ
×ベストブランチ

よほどその場所が気に入ったのでしょうか、ここは自分にとって最高の場所だ、そんな思いが伝わってくる誤読です。
似た単語 : 「ベストプレイス」

○ブルトガング
×ブルガトング

シャッフル系ミスが混合しているパターンで、最終的に「トング」という単語を作り出してしまった例です。
トングで戦うのかと、不思議に思わなかったのでしょうか…。

ffxiv_20150910_213014.jpg

○ガッリミムス
×ガッツリスミス

ダブルカットインにより原型をとどめておらず、もはや完全に別の何かに昇華してしまったパターン。
スミスという新しい登場キャラ、そして何に「ガッツリ」なのか、そこには新たな物語が生まれさえします。

○キャンプ・オーバールック
×キャンプ・オールバック

キャンプ・オールバックとは一体どんな場所なのかと想像を掻き立てられる誤読。
誤読というよりむしろ、こう読んだら面白いんじゃないかという冒険者の遊び心が伺えます。
おそらく、間違えてること自体にはなんとなく気づいているのだけども、自分はこれでいいんだという清々しささえ感じる名作です。

○バスカロンドラザーズ
×バスカロンブラザース
×バスカロンドブラザーズ

酒場という雰囲気がそうさせるのか、「ドラザーズ」「ブラザーズ」と誤読する場合が非常に多く見られます。
酒を飲み交わしたもんはみな兄弟
ちなみに「ドラザーズ」の意味は「選ぶ権利」 「選択の自由」。



どうしてそうなった系


ffxiv_20150910_214144.jpg

○エスティニアン
×エステニャン

もうこれは正しく読もうという気がありません。
自分はこう呼びたいという欲求しかありません。
誤読とは別の何かです。



そもそもどう読むんだ系


主に漢字のアイテムにて発生し、多くの難読語にて独特の読み方で呼ばれている場合があります。

○ほうどく
×はちどく

鉢毒の正式は「ほうどく」であるが、「はちどく」でも間違いではないとされています。
似たようなものに斧術の「ふじゅつ」「おのじゅつ」。

○あく
×はいじる

灰汁は聞いてみればあぁ~となりますが、初見で読めなかった場合多くの人が「はいじる」と読むことになります。

○プロック
×ピーロック

proc (アクションを行うと一定確率で対応するアクションが光るアレ)。
英短縮表記の場合も独自の誤読がされている場合があります。
読み方が複数ある物の場合は、その読み方をお互い照らし合わせてみるのも面白いですねw
例 : 「lol」 「afk」 「orz」 「STRなどの各ステータス」



ffxiv_20150910_220143.jpg

いかがだったでしょうか?

あ~この誤読自分もやってたわ…なんてのが結構あったんじゃないでしょうかw

バスカロンドラザーズなんて、そもそも「ラザーズ」じゃなくて「ドラザーズ」で1単語だったことも今回調べて初めて知りましたね…w

個人的にベストオブミスリードに選びたいのは

キャンプ・オールバック

ですねw

皆さんハッシュタグでのご参加ありがとうございました!!

まだまだこんな誤読してたよ~っていうのがあれば、是非是非教えてくださいね!

ん?

僕の記事でもよくやってるじゃないかって?

あぁ、それはただのタイプミスってやつですね。




つづけ!

スポンサーサイト
[ 2015/09/10 22:04 ] FF14 | TB(-) | CM(3)

procはプロックであってますよ
[ 2015/09/11 09:16 ] [ 編集 ]

ぷろっくであってない?
○、×の書き間違えだよね(。>д<)
[ 2015/09/11 10:08 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

すてさんこんにちは!

くっ…人知れずこっそり直すはずだったのに気づいてしまうとは…。
生きては返しませんよ、奴を呼べ!!
[ 2015/09/11 12:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。