スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

蛮神加工ルーレット ~次郎一派は語る~


こんにちは!こんばんは!おはざらす!


皆さんお久しぶりです、どうもイシュです!

実はPCがまたしてもトラブっていて、しばらく病院送りとなっておりました…w

そんな話はもう聞き飽きましたね!さぁ、今日のお話はこちらです!



◆ 蛮神加工ルーレット


4蛮神加工ルーレット333


こちらの企画は、SS加工でも活躍されている次郎さん(ツイッターアカウントへ)主催により行われたイベントです。

パッチ3.0までに追加された蛮神(アレキサンダー含む)を、名だたる加工師の方々がそれぞれ1体ずつ担当し、すべての蛮神を勢ぞろいさせてみようというものです。

1人1人がそれぞれ蛮神へのイメージを膨らませ、個性あふれるアイディアで昇華されたそれはそれはそれは素晴らしく、壮観であり…と、僕が説明するより実際に見ていただいたほうが伝わりますよね…w

蛮神加工ルーレットに今回参加されたのは総勢15名。

その中でも、今回は次郎一派としても有名な、次郎さん、アグリさん、さえさん、更にルル=クロネ総長、木霊さんのSSをお借りしてご紹介させていただきたいと思います!

後半には次郎さん達へのインタビューもありますのでお楽しみに!



※ 当ブログに掲載されている画像は、製作者の方が魂を込めて製作されたものです。無断での転載を固くお断りいたします。

※ また、当ブログに掲載している画像は都合上小さいサイズへと変換させていただいております。原寸サイズをご覧になりたい場合は、画像下のリンクへとお進みください。



◆ 次郎さんより、アレキサンダー

アレキサンダー

【原寸サイズはこちら】

アレキサンダーが始めてプレイヤーの目の前に姿を現したシーンを捉えた1枚です。

ただでさえ大迫力だったこのシーンが次郎さんの手にかかり、機械が生み出す独特の光沢や重厚感が増し、更にその合間からもれる赤い閃光は、それがただの機械ではなく、「生きている」ということを実感させます。

そこには、これから冒険者に襲い掛かるであろう脅威、恐怖、困難、そして男心をくすぐる機械(アレキサンダー)の持つかっこよさ、その全てを一枚に凝縮した、そんなSSなのではないでしょうか!

見ているだけで、当時のドキドキ感が何倍にも膨らんで思い出されますね!



◆ アグリさんより、イフリート

イフリート2

【原寸サイズはこちら】

一目見た瞬間に僕が感じたものは、言葉にできないほどの「脅威」でした。

イフリートの持つ強大な力、それが具現化した姿、そしてそれが今この瞬間にも冒険者、自分たちに向かって放たれようとしている。

何度も何度も倒したことのある蛮神のはずなのに、この姿を目の当たりしたらそこにあるのは、その神々しさとは裏腹に「絶望」でした。

冒険者が始めて討伐する蛮神イフリート、その当時の恐怖を、鮮明に思い出させる、そんな一枚なのではと思います!



◆ さえさんより、シヴァ

シヴァ

【原寸サイズはこちら】

まず目を奪われたのは、様々な表情を見せる「青」の表現力でした。

氷の持つ冷たさ、鋭さを表現する明るく透き通った青、儚さも併せ持つシヴァ独自の青、力強さも伝わってくる装備の青。

そして背景を彩る幾重にも重ねられた様々な青は、まるでイゼルの持つ過去や使命、複雑な気持ちの内面までもを表現しているかのように思えます。

シヴァという蛮神が持つ魅力、内に秘める感情までもを余すことなく詰め込んだ、そんな一枚なのではと思います!



◆ ルル=クロネ総長より ガルーダ

ガルーダ2

【原寸サイズはこちら】

ダイナミックな構図に、ルル=クロネ総長のこだわりが強く感じられる作品です。

注目すべきはその「風」の表現と、その構図が成せる「威圧感」でしょうか。

ガルーダの巻き起こす風が、今にもこちら側にも吹き上がり、そして天上へと向かって渦を巻き駆け上がっていく…そんなイメージを受けます。

そしてこちらを見下しその表情からは、「虫けらめ」という言葉と共に、当時の絶望を鮮明に思い出させます…。

個人的には、その羽を彩る色彩にも、すごく衝撃を受けた一枚でした。



◆ 木霊さんより、タイタン

タイタン2

【実寸サイズはこちら】

この大迫力なSSでありながら、そこから受けるのは他の蛮神の「恐怖」や「威圧感」ではなく、すさまじいほどの「神々しさ」でした。

タイタンの持つコボルトを思う気持ち、そして冒険者へと対峙したときの芯の通ったその精神…そんな優しさや信念がにじみでているからでしょうか。

そこには、恐怖や力による支配ではなく、思わず崇めたくなってしまう「信仰」という言葉が合うように思えます。

冒険者にとっては倒すべき対象である蛮神。

しかしそれは、召喚した者達にとって紛れもない「神」なのだと、僕たちに気づかせるに余りある一枚だと感じました。





参加された15名の方全てをご紹介することはできませんでしたが、どの蛮神も見とれてしまうものばかりです…!

参加された皆様の作品は以下のリンクよりご覧いただくことが可能ですので、是非是非全てのSSにご観覧ください!

蛮神加工ルーレット Part 1
蛮族加工ルーレット Part 2




◆ 次郎一派インタビュー


そしてこの度、主催である次郎さんの元へ、この企画を終えてみて何を感じたかというお話を聞かせていただきましたので、その様子もご紹介してみたいと思います。

アポなしで突然訪れたにもかかわらず、次郎一派の皆さんは暖かく迎えてくださ…

ffxiv_20160229_011246.jpg

さえさんは荒ぶっておられました。

何やら撮影の真っ只中だったご様子でしたw

その後モシャーヌへと撮影(?)に旅立ってしまわれたので、まずは次郎さん、アグにお話を聞かせていただきました。


ffxiv_20160229_002758.jpg


イシュ : では、さっそくご質問を。

次郎 : アグがボケます( ¯•ω•¯ )

アグ : 次郎さん噛み付くクセあるから、気をつけてねw

しょっぱなから次郎一派名物の掛け合いが繰り広げられます。


(次郎さんへの質問)


イシュ : 次郎さん自身、この企画を終えてみて感じたことや、何か考えがかわったことなどはありましたか?

アグ : いきなり難しい質問きたw

次郎 : うーん、やっぱ人を巻き込むのってパワーがいるじゃないですか、だからすげぇ大変だなぁって思ったと同時に、巻き込むってのも大事な事だなって思ったんですよね。

次郎 : 個人プレーでできることって割と知れてるじゃない、好きなものを好きなようにアウトプットするだけなので。だけどある程度の人が揃ってなにかやると、俺の想像の範疇を超えてきて。

次郎 : 参加した人も見る人も感動してくれたので、誰かとなにかやるのって、ええなぁと思いました( ¯•ω•¯ )

アグ難しいこと考えて、最後逃げたな?w

次郎 : なんでや!

イシュ : なるほど、足し算ではなく、掛け算なのですね。

次郎 : そだねー。



(アグさんへの質問)



イシュ : それでは、アグさんにも質問を飛ばしてみます。

次郎 : アグはダジャレで返します( ¯•ω•¯ )

アグ : チャチャいれないの。

次郎 : ( ¯•ω•¯ )

イシュ : アグさんは次郎一派の一員ということで、主催の次郎さんに近い位置で企画の動向を見守っておられたと思いますが…。

次郎 : 一員wwwwww夜中に声でたwwww

アグ : 次郎一派は、次郎さんが一人で言ってるだけで、うちは面白いから乗っかってるだけですw

イシュ : そうなんですねw周りから見たらどうみても一員ですよ、アグさん。

次郎 : ( ¯•ω•¯ )人( ¯•ω•¯ )

イシュ漫才コンビ的な。

アグ : やかましいヽ( ・∀・)ノ┌┛Σ(ノ`Д´)ノ



(質問に戻る)



イシュ : アグさんは、この企画に参加してみたことで、次郎さんに対する気持ちに変化はありましたか?

次郎席をはずしたほうがいいかなwwwwww


(ちょっと質問が意味深な聞き方になってしまいましたが、アグさんは質問の意図をしっかり汲み取ってくれましたw)


アグ : 変化はないですwというより、こういう企画を立てて引っ張る人は、うちみたいなソロ気質な人ではダメで、次郎さんみたいな、次郎一派って自分で言っちゃうタイプじゃないと無理かなと。

イシュ : なるほど、仲が悪いとは言いつつも、しっかりとその引っ張る力は認めているのですね。

アグ : (注目したいのは)企画の募集~中間発表~最終プレゼンまで、しっかり次郎さんがまとめた点です。

次郎 : 最終発表する時は手が震えたよ(爆

アグ : あれだけ力の入った加工作品でも単品でSNS上にばらまくのでは、企画のパワーがあってもしりずぼみで終わってしまう。

アグ : 各参加者の作品にロゴを入れたり、バラバラな作品を企画の中である程度の統一性を測る。そういう細かい部分まで気を配っていたのは流石だと思うのですよ。

アグ : 性格は悪いけど。



次郎 : 最終的な反響を得るために、執念をかけてやってました(爆

イシュ : たしかに、1つ1つの作品は個性的でありながら、違和感なく1つの企画としてすんなり入ってきました。

次郎 : 下ごしらえが良かったよね、一人じゃ撮影できないものを、メンツ組んで撮影に行ったりとか。

アグ : その辺は、メンバー同士がある程度顔見知りだったのは良かったのかもね。

次郎 : だよねぇ、いいメンツだったよなw

次郎 : 俺とアグとさえたま(次郎一派)がとっとと完成させたのも良かったよね。「あ、こういう感じで作ればいいんだ」ってみんなが着いてきてくれたので。

アグ : 突出した人がいると、その人に引っ張られて全体のクオリティが上がる。というか参加者自体が、自分がここまでできるっていうレベルを高めに設定するから、必然的に全体のレベルが上がる好例でした。

イシュ : そのあたりも、次郎一派の企画を引っ張っていく力と言えそうですねw

イシュ : 良いメンツだったとのお話がありましたが、参加された皆さんが仲が良さそうなのはもちろん、皆さんがお互いに高めあうような関係がすごくうらやましくもありました。

次郎 : お互いライバル意識みたいなのはちょっとずつあって、「アイツよりいいものゼッテーつくる」みたいなのがあるわけですよ、バチバチとwww

イシュ : 次郎さんからはヒシヒシと伝わってきますねw



(ここでさえさんがモシャーヌより帰宅)



ffxiv_20160229_004557.jpg


次郎 : アグと俺交換しよう、俺が真ん中( ¯•ω•¯ )

イシュ : このままもいいですよ?二人が微妙に次郎さんと距離感があって…。

次郎 : 俺だけ避けられてるじゃねーかw

さえ : いいじゃんこれでw



(さえさんへの質問、内容はアグさんと同様)



さえ : 次郎さんに対してですか…ただただお疲れ様としか…!(でも言いだしっぺだしまぁいいか的な

次郎 : ( ¯•ω•¯ )

イシュ : 普段と変わらずといったところでしょうかw

さえ : じろちゃんは上手だなとは思います、魅せる、ということについては特に。

次郎もっとほめて( ¯•ω•¯ )v

さえ : どうやって客を寄せるかということについてはピカイチかと。

次郎アグ : 客寄せwww

イシュ : より多くの人を巻き込んで企画を楽しんでもらおうという点ですね。

さえ : ですです。いつもは「俺!!!おれだ!!」みたいになってますけど。

次郎 : そういうのバラしちゃだめwww

さえ : 実際は計画的ですし、くまなくみんなのことを考えているのではないかと。

次郎 : 巻き込んだ責任はあったと思うので、やれるだけやったろうかなぁってね。みんな丁寧に対応してくれたので、ありがとうございました( ¯•ω•¯ )



イシュ : また、このような企画をやってみたいとは思いますか?

次郎 : 良い題材があれば!案は色々あって。NPCとかジョブや種族をランダムで指定とかね。

イシュ : おお、まだまだ次郎さんの企画には期待させていただきましょう!

イシュ : それでは最後に、次郎さんのアップのSSをいただきます。最高の決め顔でお願いしますね!

ffxiv_20160229_010539.jpg

次郎一派の皆さん、貴重なお時間、お話をありがとうございました!




1つのジャンルに対して多くの人たちが協力し、1つの作品を作り上げていくことの可能性、素晴らしさを改めて実感させられます。

企画当初、次郎さんは「蛮神の加工をひとり一つやったら面白いんじゃない?」と軽く考えて企画していたと言います。

しかし、その企画は多くの人へと楽しさを感動を伝えるものとなりました。

FF14の楽しみ方はプレイヤーの数だけあり、SS加工もまた、楽しみ方の1つです。

それぞれのジャンルのプレイヤーがそれぞれ得意分野で作品を作り上げ、他ジャンルで楽しむFF14プレイヤーにも刺激を与え、よりFF14を盛り上げていくことに繋がっていく。

僕なんかが言うのもあれですが、これは本当に素晴らしいことだと思います。

そして自分も、そういった活躍の少しでも手助けをできれば、自分でも何かを作り出せれば、そんなことを思いました。

蛮神加工ルーレットに参加された皆さん。

感動をありがとうございました!



蛮神加工ルーレット Part 1(リンク)
蛮族加工ルーレット Part 2(リンク)

蛮神加工ルーレットタイトル2
スポンサーサイト
[ 2016/02/27 14:23 ] FF14 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。