スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヒマワリの絵描き歌 ①



こんにちは!こんばんは!おはざらす!


だんだんと暑くなってきましたね…。

夏が少しずつ近づいてくるこの感じ…。

すっごく嫌いですw

暑いのって苦手なんですよねー…一番好きなのは秋ですw

でもあれですね、夏が近づいてくるとみよよさんのホットコーヒー事件を思い出して少しホッコリします。

さて、今日の本題に入りましょう!

今日のお題はこちら。

エオルゼアアサシンズ完成500

SS加工です。

以前、次郎さん主催の蛮神加工ルーレットを取材させていただきましたね。

そしてその次にはめてゐさん主催の風景SSルーレットへも参加させていただきました。

この経験を経てSS加工の魅力に当てられた僕は一気にその世界へとハマっていくことになります…w

とはいっても、SS加工に関してはまったくのド素人。

風景SSルーレットに参加させて頂いたのが初の加工ですね…。

そこからは、みよよさんの「書けば書いただけうまくなるよ」っていう言葉を信じ手探りでいろんな加工法を試してみました。

加工手順500

で、ですよ。

加工方法に関してはグーグル先生に聞いたらだいたい教えてくれます。

でも、加工師のみなさんがどんな過程で加工してるかっていうのは意外とないんですよね…w

なので、自分の加工手順を晒してみたら、需要はあるのかなと思い立ったわけですが、そこはまだ加工を始めて間もない素人のやること…。

そんなの誰が見るんだよ。

とも思いましたが、ブログってそもそもそういう超個人的な発信をするものでしたw

逆にこれからSS加工を始めてみたいっていう方にとっては、すぐにこれくらいの加工はできるようになるんだっていう風にも見れると思うので、参考になれば幸いです!

それでは、新シリーズ(?)ヒマワリの絵描き歌。

第一回参ります!


※ 加工は仕方は素人我流ですのでツッコミどころ満載かもしれませんがご容赦くださいね…w





ヒマワリの絵描き歌 ①


【使用ツール】
Adobe Photoshop CC 2015

① 加工画像を用意する
元画像500

今回解説していくのはこちらの画像です。

エオルゼアアサシンズの記事で使った画像ですねw

闘気天候はそれだけでも絵になりますが、このSSでは少しコントラストが弱いですし、闘気特有のオーブのようなものもハッキリしません。

なので、闘気という雰囲気にテーマを置いて加工してみます。


② キャラをパス抜きする
キャラ切抜き500

【行った加工】
・ペンツール(パス抜き)
・境界線の調整


とにもかくにも、まずはキャラのパス抜きをしてみましょう。

背景をぼかしたりする場合は必ず必要な工程になります。

更に、キャラの部分だけを加工したい場合ってありますよね、影をつけたりコントラストを変えたり目や髪を加工したり。

そんな時にもキャラだけを切り抜いてあると何かと便利、というより切り抜いてないと非常に加工しにくいです。

なので、どんな加工をするにしても、別々に加工したい部位はそれぞれ切り抜いて分離させておくのが必須です。

パス抜きは基本的には僕はポチポチ細かく点を打ってますが、髪の毛などの打ち切れない部分には境界線の調整という機能を使っています。

境界線の調整機能は、僕が説明するよりそのまま検索してもらったほうがわかりやすい解説が出てくると思うのでそちらを参考にしてくださいw


③ 明るさ、コントラストを調整する
背景コントラスト500

【行った加工】
・明るさの調整
・コントラストの調整
・覆い焼き


キャラの切り抜きが終わったら、あらかじめコピーしておいたもう1枚の元画像を、背景としていじっていきます。

上の画像では明るさ、コントラストの調整、一部だけ覆い焼きを入れています。

明るさ、コントラストをいじってみるだけでもガラリと雰囲気がかわりますね。

奥行きのあるSSならぼかしを入れたら更に雰囲気がでますが、今回はいろいろ試した結果、ぼかしはなしにしました。


④ 背景とキャラを合成する
合成した画像500

【行った加工】
(キャラ画像に)
・明るさの調整
・コントラストの調整
・覆い焼き


はい、切り抜いておいたキャラ部分を重ねてみました。

元々が同じ画像ですが、背景は明るさやコントラストをいじってあるので少し違和感がありますね。

そういった場合はキャラのほうもいじって違和感がなくなるように調整していきましょう。

初めてSS加工をしてみる場合は、まずはここまでを目標に、コントラストやぼかし方などをいろいろ触ってみるといいと思います。

さて、もう少しテーマに沿った加工を進めてみます。


⑤ テーマに合わせてあれこれ
霧追加500

【行った加工】
・ブラシツール
・ぼかし


闘気と言えば幻想的な霧とオーブが特徴なので、その特徴をより強調してみます。

背景にはうっすらと霧をいれ、オーブは少し大げさに入れてみました。

オーブはベタ塗りの円のレイヤーをコピーして何枚か重ねて、数枚にぼかしを入れてぼんやり光っているような雰囲気にしてみました。

このやり方が合ってるかのかどうかは知りませんが、僕は光を入れる時には気に入ってよく使うやり方ですw


⑥ 光の微調整
キャラ光500

【行った加工】
・ブラシツール(キャラ画像にクリッピング)

次に、キャラがオーブに囲まれているような雰囲気を出すために、オーブの光をキャラに写りこませてみます。

やり方は、キャラだけを切り抜いておいた画像のふちを、光が当たってるであろう雰囲気を想像しながらちょっとずつ塗っただけですw

背景とキャラを合成してみたときに、違和感があったり、キャラだけが浮いて見えてしまう時は、その場の光源をイメージしてキャラに光を当ててやると馴染むような気がします。

光彩(内側)という便利な手法もあるのですが、それはまた検索をお願いしますw


⑦ 文字を入れる
文字いれ500

【行った加工】
・文字ツール(除算)

画像が完成したら、最後に文字等を入れます。

文字の入れ方でSSの印象がまったく変わってくるので、いろんな文字を試してみてください。

上の画像みたいに透明な文字みたいな感じは、濃い灰色+除算にするとなります。

どんな構図にも無難にマッチするのでお気に入りですw

あ、FF14のSS加工をする場合は、かならず著作権表記を掲載するのを忘れずにです。


⑧ 完成
エオルゼアアサシンズ完成500
【原寸画像】

はい完成どーん!

すごいざっくりですが、加工の流れをご紹介してみました。

いかがでしたでしょうか?

素人考えの加工ですが、参考になる方がおられればうれしく思いますw

以下の画像はこれまでに加工したものですが、どの画像もだいたいやってることは一緒です。

忍者3明るめjpg500
【原寸画像】

バンちゃん完成jpeg500
【原寸画像】

アンディ内光彩あり500
【原寸画像】

シアン&イオ最終500
【原寸画像】

ジジ(アニメ)500
【原寸画像】

さて、この絵描き歌シリーズ…果たして続いていくのかどうかw

この画像のこの部分って何で書いてるの?加工のこの部分もっと詳しく書いてほしいんだけど?

なんてご要望があれば、またできる限り書いてみたいと思います!

それでは、今回はこの辺で!

つづけ!(久々だなコレ)


加工記事リンク
1. ヒマワリの絵描き歌①
2. ヒマワリの絵描き歌②
3. ヒマワリの絵描き歌③
4.加工SS一覧 ~ヒマワリの落書き帳~
スポンサーサイト
[ 2016/05/06 11:47 ] ヒマワリの絵描き歌 | TB(-) | CM(2)

おおお!きたきた!!なるほどなるほど・・・φ(. .)メモメモ
後ろの霧の感じが好きですな!その技、盗みてぇ~
[ 2016/05/06 20:34 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ロトさんこんばーん!

後ろの霧ですか…これはね、実はとんでもなく簡単なのよ…w
フォトショにはブラシというダウンロードできるスタンプのようなものがあるんだけど、霧もその1つ!
適当なサイズにしてポンと書いて、後は透明度とかで調整すればできあがりよーw
サンダー加工のサンダーの部分もブラシ+⑤で書いた光のぼかし方の組み合わせだね!
[ 2016/05/06 21:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。