スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

3周年!14時間生放送レポート!(前半)


皆さんこんばんわ!こんにちは!おはざらす!

どうも僕です!!

FF14はあっという間に新生3周年を迎え、またまたやってまいりました!

d00e5db791cf811c3d6bc1dd93d0a5f342f30ddf.png

3周年記念!14時間生放送!!

去年は私、その会場からレポートをさせていただいたのですが、今年も幸運にもその場にお邪魔することができました!

それではさっそく現地の中の人へ中継をつないでみましょう!

中の人ってなんでしょうね?!

現場のイシュさーん!

CM-mI5xVEAAwklR.jpg

はいはーい!中の人でーす!

前回は会場までの道のりをみよよ氏に丸投げしてしまった僕も、もう慣れたもので、東京の人ごみもスイスイと掻き分けていきます!

事前のルート選択も完璧!

東京駅から中央線でスムーズに新宿に、そして

流れるようにタクシーへ。

非の打ち所のないルートで会場へと無事到着したのでありました!

0j_iRi7E.jpg

こちらが毎回集合場所となる、スクエニ本社が入るイーストサイドスクエア1階ロビーです。

徐々に集まってくる座談会参加者と思われる人影達。

中には去年顔を合わせたメンバーも見え、1年ぶりの再会を喜び合います。

しかしながら中には当然初めてここに訪れる方もたくさんいらっしゃり、その中のお一人に心中を訪ねてみました。

??? 「き、緊張シテイマス…!!」

文字通り、めちゃくちゃ緊張したお返事が返ってまいりました。

お声をかけたのは、初心者さんのためのFF14購入ガイドの筆者の”Min”さんでした。(こちらのサイトは改めてご紹介したいと思います)

そりゃそうですよね、あの生放送の舞台に来ているんですから…。

僕らも2回目ということで多少なり慣れてはいますが…。

そんな中微塵も緊張の感じられない某加工マイスターの方もおられましたが。

zSkNIjmV.jpg

今回のネームプレートは竜騎士!!

竜騎士21人のパーティで、いざ、コンテンツファインド。

極・14時間生放送討滅戦へ!

YARpyHYc.jpg

おぉ…おぉ…おぉぉ…。

うん、うん、去年と同じだ…!

と、いうことは…。

きっと我々の不意を突いて吉Pがいきなり登場するに違いない。

(去年はそれで寿命が縮まったからな…)

吉 「皆さんこんにちわー!」

ほらね!わかってたから!

G_1fx9C4.jpg

不意をつかれました。

それは予想してなかったよ…w

まったく、みんな目がパイッサ状態でした。

目がパイッサ。

これ、去年も言ってたんですけど…。

流行りませんでしたね。

_10dNJzI.jpg

さぁ、いよいよオープニングです。

吉Pが颯爽とセグウェイで登場して皆さんもビックリしたと思いますが、始まる前に入場の練習を繰り返してました。

吉 「これ途中で電池切れたら絶対こけるよなぁ…」

そう言いながら何度もスイースイー。

まぁこけたらこけたで

それはそれでおいしいとは思いますが。

oqcdBkfA.jpg

オープニングの途中で高井さんがこんなことをおっしゃっていました。

高 「こういう場が、5年10年と続いて…」

FF14は新生3周年を迎えたと言えど、その物語はまだまだ始まったばかり。

これから先、もっともっと広がっていくこの世界を、開発とユーザーが一丸になって歩んで行きたい、そんな気持ちが伝わってきました。

それと同時に

高 「私の代わりがその頃には…」

ともおっしゃっておりましたがw


OWcZ4KQx.jpg

ほどなくして私達も控え場へと戻ってみると、そこにはお昼のお弁当がすでに用意されておりました!

なんとなんと、そのお弁当の中身は

エオカフェメニューの詰め合わせ…!!

青い漬物はイゼルさん家のシヴァ漬けですよ…!

kAYWtdrI.jpg

更にはプリンセスデーのランチョンマットまで!

これは実はすごく嬉しかった…!w

お昼を食べつつ、その時間で座談会参加者達が交流し始めます。

初めて顔を合わせる方もいたものの、そこはFF14を愛する者同士。

すぐさま意気投合し和やかなムードとFF14話に花が咲きます。

お互いに聞きたいことが山ほどあり、その話題は終始尽きることがありません。

内容まで書き始めるとちょっと本文が逸れすぎてしまいそうなので、それはまた別の機会に。

ただ、唐突に自分のフォトブックを眺めつつ、ウーン…と唸り出した次郎さんが

次 「これ良いよなぁ?」

って言ってくるのが、やっぱりさすがだなと思いました。

DNs-Yoyz.jpg

実はこの時お昼と話に夢中になりすぎてとある問題が発生します。

参加者が一番生放送を把握できない問題。

参加者同士での交流もそうですが、各々がそれぞれの目的で生放送会場を所狭しと駆け回ります。

開発スタッフへと直接インタビューをする方もちらほらとおられましたね。

更にメイン放送とサブ放送(高井チャレンジ)は数メートルしか離れていない位置で行われているため、少し離れてしまうともうね。

何が何だかわかりませんw

サブ放送はご存知の通り、ところどころで叫び声が上がっていますしねw

なので実は、参加者は当日の半分以上生放送の内容を把握できてないといっても過言ではなく、後日タイムシフトのチェックから入るのがお決まりになっていますw

AGwWlj55.jpg

サブ放送の裏では祖堅さんがリテイナー姿でスタンバイ。

登場した瞬間会場では笑いを堪える方が多数おられましたw

前廣さんは終始とても楽しそうでしたw

KJVxqUFo.jpg

さて、私達がここに集まった大きな目的、そうです。

吉Pとの座談会。

今回は15時からと、前回より早めの時間からの開始となっていました。

…っと、その前に、実はもう1つ貴重な体験をさせていただきます。

FF14開発ブース、ウォークスルー。

※ ここは写真等一切禁止のため資料はありません、ご想像におまかせします!

吉 「ここがUIチームのデスクで…あれが皆川さんです」

皆川さんはこの日も生放送の合間に忙しそうにお仕事をしておられましたw

各チームのデスクのご紹介しながらフロアを巡っていきます。

途中のホワイトボードにはプログラミングの専門用語のようなものがびっしり…。

ギミックのような図解も見られましたが

残念ながらまったく解読はできませんでした…w

途中のカウンターの上には、プレイヤーの皆さんより送られたプレゼントが所狭しと飾られています。

なにやらスクエニでは今年から特別な賞が作られたらしいのですが、その初めての受賞にFF14が選ばれたようで。(おめでとうございます!)

そのトロフィーは、皆さんからのプレゼントの後ろに置かれていましたw

開発のユーザーへ対する愛が感じられますねw

フロアをどんどん移動して、コミュニティチームエリアへ。

モルボル氏のデスクは窓際の特等席。

吉P 「なかなかこのフロアの窓を背負って仕事できる男はいないですよ」

モルボル氏の隠された権力があらわになった瞬間でした。

そんな話を聞きながら、ふと目を横にやると、そこには積まれた大量のダンボール。

そこ書いてあったもの。

特大ミシディアウサギ 20体。

こ、この1箱の中に20体?!てことはここだけで数百…ヒエエエエエ…w

皆さんの寄せ書きが残された通称お肉ボードも、最新版が飾られておりました。(過去の物も大切に保存されています)

その中に、なぜかホワイトボードに書かれたものが1枚だけ…。

実は一度お肉ボードを忘れてしまった時があったらしく、その時に会場にあったホワイトボードを

買い取ったそうですw

(油性マジックで書いたので消えないそうです)

そして吉Pのお部屋にも潜入。

いつ壊れてもいいようにと、ロジクールのG17のが2つもストックされていました。

あと、ゲームオブスローンズのDVDがちらっと見えました。(好きなのかな?)


さてさて、そんな貴重な体験を終え、私達は座談会会場へとたどり着きます。

少し長くなりましたので、今回は一旦この辺りで休憩としましょう。

次回は、座談会にて僕がした質問とその様子。

更にはその後の生放送の裏で聞けたお話しや僕が感じたことなど、後半戦のお話をしたいと思います!

それでは、後編へ続け!
スポンサーサイト
[ 2016/08/29 22:16 ] 14時間生放送 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。